株式会社インテック左右田 長野市、畳・内装屋の色々ブログ

長野で畳・内装工事業をさせてもらってます。創業65年、3代目・・・世間では財を食い潰すと言われてますがどうなる事やら。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

京都迎賓館を観覧して来ました

2015年08月03日 | 日記
久し振りのblog更新です^^;

先日、なかなか見る事の出来ない、京都の迎賓館を観覧させていただく機会を頂戴したので猛烈な暑さの中、京都へと足を伸ばしました。


国が考える、海外に向けての日本のおもてなし建築とはどんなものなのか?和室は有るのか?日本の伝統的な建築文化は使われているのか?色んな事を考えながら入館しました。




さすが、迎賓館!
入るなり、圧倒されました。
しばし写真をお楽しみ下さい(^^)








そして職業柄、1番見たかった和室です。




この迎賓館用に畳表の原料であるい草を栽培し、中継で織り上げた畳表。
この迎賓館用に麻生地に色染めし、裁断した畳へり。
そんな材料を使い、一流の腕と経験を持つ畳職人が1枚1枚厳しい目で『畳』と言う品に作り上げた物。
写真をよ~く見ると畳の真ん中にラインが見えると思います。
それが中継表といって、い草一本一本の色の良い真ん中の部分だけを使い、先と根の部分は使わない。
とても贅沢で希少価値のある物です。
畳は日に焼けると黄色くなりますが、良い表になればなる程、均一な黄金色に焼け、重厚感と気品が出ます。
さて、この写真の焼け方・・・皆さんはどー見ますかね?
私は個人的に…綺麗な部類には入るが・・・残念…ってな感じでした。



和室以外は当然、フローリングや絨毯ですが必ず、障子・襖といった日本独自の建築様式が使われており、国が考えるおもてなし様式を嬉しく思いました。
今色々とあまり良くない事で話題の、2020年開催東京オリンピック。
畳プロジェクトチームとして、どんな提案が出来るか、どんなおもてなしの空間を演出出来るか。
迎賓館とまでは当然いきませんが、外国の方が日本を感じる事の出来るヒントにはなったのかな?

日本の伝統的な建築様式、捨てたもんじゃないですよ~(^^)!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加