株式会社インテック左右田 長野市、畳・内装屋の色々ブログ

長野で畳・内装工事業をさせてもらってます。創業65年、3代目・・・世間では財を食い潰すと言われてますがどうなる事やら。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

久し振りのブログ

2014年10月20日 | 日記
いつもは、何処かへ研修に行ったりした時にブログUPしてますが、この所バタバタと本業の畳屋さんをしてまして、日々現場へと足を運んでます。
なのでたまには施工させて頂いた現場写真などをご紹介させて頂きます。
最近、お寺さんの施工が多いのでそちらを❗️



こちらは、本堂です。
脇陣は紋縁という、畳縁を付けてます。
紋縁とは、名前の通り「紋」が織り込まれている縁です。
畳と畳の合わさり目全ての「紋」をシッカリと合わせる為の割付けをし、1枚1枚確認しながら作ります。
今ではこの製作をシッカリ出来る畳屋さんが少なくなりましたし、そこをシッカリとチェック出来る施主様も少なくなりました…



続いて庫裡(くり)です。
庫裡とは従来、本堂の横にある住居部分の事ですが、色々な催事や檀家さんが集ったりする時には広間も必要となります。



こちはら、新築でなく、表替え工事をさせて頂いたお寺さんです。
年月が経過し、畳にもすき間が出て来たり、凸凹になった状態だったのが、綺麗に補修をし、ビシッと仕上がった畳を見て、施主様が見違えた、まるで新品の様だね!と喜んで頂けた時は、本当に嬉しい~(^^)!って感じる瞬間です。



ちょっと変わった畳表です。
仏間とかにはそぐわないかもしれませんが、茶の間やお客さん部屋、子供部屋とかだと目新しくてオシャレ感がありますね!

と、今後は弊社の施工例も取り入れたブログにして行こうと思っておりますので、宜しくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加