株式会社インテック左右田 長野市、畳・内装屋の色々ブログ

長野で畳・内装工事業をさせてもらってます。創業65年、3代目・・・世間では財を食い潰すと言われてますがどうなる事やら。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

い草収穫❗️良いい草が取れましたよ~(^^)

2014年07月14日 | 日記
弊社使用の畳表を作って頂いている農家さんにい草の収穫、お手伝いにお邪魔させて頂きました!
い草は160cm~170cm程に背丈が伸びるので、倒れない様、網掛けと言って網目にい草を通し支えをしてあげます。
長く成長するに従って、その網を少しづつ上に上げて行き、真っ直ぐ真っ直ぐ育つ様、支えてあげるんですよ(^^)

この網上げの作業がキツイ❗️
私の背丈程に育ったい草の中をかき分け、数歩進んでは、網を揺さぶり上げる。
い草が持つ水分と、背丈程に育っている為、風が通らなく、スチームサウナ状態・・・
水分補給は欠かせません。

収穫の際は、まず網を取ります。
すると、今まで網で支えられていたい草が横にパターンと寝ます。


ハーベスターと言う収穫用農機で刈取り開始です。



刈り取ったい草は、小分けに纏められ、トラックに積み込みます。


その後、作業場に場所を移して『泥染め』と言う行程に入ります。
泥染めとは、い草の焼けや色、質を綺麗に保つ為になされる行程です。
染めとは言いますが決して色を着色してる訳ではありませんのでご安心下さい(^^)


環境が良いので、カニが申し訳なさそ~に歩いてます(^^)


一晩水分を落としたら、乾燥行程に入ります。
その日の湿度や気温によって乾燥時間・温度等、様々な調整をします。
プロの経験と技術なんですね~❗️

一昼夜かけて、水分を飛ばし、乾燥させたら、余計な湿気、焼けが来ない様、ビニールに入れしばし、い草を休ませてあげるんですよ。
何と、この作業は朝方3時より行われます。



こんな順序でい草の収穫期には朝方3時~夜7時頃まで約一ヶ月間、毎日、休みなく続きます。
自然が相手の仕事ですので、その日の作業はその日の内にしてしまわないと、全てのタイミングが狂い、良いい草、良い畳表が出来なくなってしまいます。

私は、ほんの2日程、体験させてもらう場を用意して頂き、優しく教わりながらの作業にも関わらず、体内時計が狂い、バテバテでした(・・;)

このい草を畳表として使い、畳と言う品に仕上げ、お客様にお届けさせて頂く者として、い草作り、畳表作りを自分の目で見て、感じて、少~しだけキツイ体験して愛着持って畳を送り出し、お客様に安心して気に入って頂けたら最高ですね(^^)❗️

今、畳業界は過去の良くないツケが回って来ております。
中国産畳表を国産と偽った偽装、ブランドラベルの偽装、いい加減な畳を作る店の増大・フランチャイズ化、関係ない標準規格の過大PR宣伝、根拠の無い価格表示、挙げるときりがない程に沢山あります。
畳って知られている様で実は知られていないんですよね。
メーカーと素人畳屋が組んで、素人同然の者が機械使って『畳っぽい物』なら作れてしまう。
後は、過剰なサービス、キャッシュバック等の特典と、お仕事下さいの泣き落としでその場限りの気を引く。
こんな一昔前の業界気質が技術・品質の低下、粗悪品畳の広がりを招いています。
そんな無責任な流れを断ち切ろうと、全国の沢山の真っ当な畳屋が畳としてお客様の家に納めさせて頂くのだから、い草・畳表の事も勉強し、きちんと知ったうえで、畳屋として提供でき、商いをさせて頂きたいと、動く様になりつつあります。
そんな行動を力強く支えて下さっているのが、い草・畳表産地の農家さん達です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加