株式会社インテック左右田 長野市、畳・内装屋の色々ブログ

長野で畳・内装工事業をさせてもらってます。創業65年、3代目・・・世間では財を食い潰すと言われてますがどうなる事やら。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ちょっと疑問に感じたボヤキ

2014年03月26日 | 日記
最初に・・・今回は写真等はありません。ごめんなさい。

畳屋として欠かす事が出来ない機械メーカーに関して、今後末長くお付き合いさせて頂きたい、していかなければならないメーカーは何処なんだ?
と改めて考えさせられる事があったので文章のみのブログになりました。

今後お客様に対してのより良い品の提供、嘘のない品の確立、発展、畳屋としての技術・知識の向上を考え、たとえ自社の利益にならなくても共に考え、行動をし二枚舌、八方美人でなく、裏表ない機械メーカー。

『自分さえ儲ければ他は、業界は、関係ない』畳作るのに技術なんて関係ない、機械さえ買えば畳に関して何も知らないパートで十分なんだ。
営業をかける所には全て『地域1番になって頂きたい』と言って周り、畳屋同士で潰し合え、機械売れさえすればこっちのもんだ。
とする機械メーカー。

機械に扱われる仕事と機械を扱いこなす仕事の違いは多大な違いだと思う。
技術と知識なくして、まともな畳は作れない。
しっかりとした技術と知識があってこそ始めて機械を扱えて、抑える所は抑える『畳』が完成し、お客様に失礼でない物を納める事が出来、その対価としてお代を頂戴出来ると思います。

私は『畳屋』として今後も生活させて頂くつもりですので、利他の心、仁義礼智信の精神を感じる機械メーカーとお付き合いさせて頂きたいし、それが私達畳屋がお客様に提供出来る最大の気持ちとサービスだと感じた今日この頃でした。

つまらなくてごめんなさい…
ただ、お客様の畳をお預かりし、きちんと仕事をさせて頂く側として、お伝えしたかった内輪の事でした。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加