そつたく-啐啄同時

日記です。お知らせしたいことなど。

2月16日(土)診療時間変更のお知らせ

2019-02-14 14:23:58 | 休診のお知らせ
平成31年2月16日(土)は、

14時より足立区医師会館にて足立医学会が開催されます。


院長は座長として、副院長は演題発表および座長として参加いたします。

たいへん申し訳ありませんが、診療は12時に終了させていただきます。

受付人数多数の場合は、他院を紹介させていただく場合もあります。

申し訳ありませんがご理解いただきたくよろしくお願いいたします。

本日、江北休日診療の当番です

2018-12-23 06:16:22 | 休日診療
平成30年12月23日(日)

本日、江北休日診療の担当を木村康子副院長が行います。

受付時間: 10:00~11:30、13:00~15:30。

電話番号: 03-3896-4010

住所: 足立区西新井本町2丁目30−40

(ドイトの北側、保健センター隣)

詳しくはコチラ(足立区のHP)へ。



いつも外来で使っている鼓膜を見る道具(硬性内視鏡)を持っていきます。

中耳炎など耳が心配な方は診察できます。

耳垢がある場合は、耳垢を取る治療は休日診療所では行えないのでお許し下さい。







年末年始の休診のお知らせ

2018-12-22 23:58:34 | 休診のお知らせ
平成30年12月29日(土)~平成31年1月4日(金)

年末年始のため休診とさせていただきます。

よろしくお願いいたします。


来年は年号が変わりますね。

「平成」から何という年号に変わるのですか?と外来で聞かれるのですが…

まだ発表されていませんね。

とりあえず、2019年の4月末までは「平成」です。


あ、年号ではなく元号と言うのですね。

新しい元号が何になるか楽しみです。





藤原武男先生の講演会と、虐待防止のための事業計画の投票のお願い

2018-12-05 13:51:52 | 講演会・学会など
平成30年12月4日(火)20時より、

足立区医師会館で学術講演会がありました。

タイトルは、

「足立区における子どもの貧困と虐待 ~見逃していませんか?こんなサイン~」

講師は、

東京医科歯科大学 国際健康推進医学分野

藤原武男教授です。

大変勉強になる素晴らしい講演会でした。



先日の歌川たいじ氏原作の映画「母さんはどんなに僕を嫌いでも」のチラシを私が配っていたら、

「その映画はよく知っています。試写会にも行きましたよ。」とおっしゃっていました。


藤原先生の御講演では、歌川さんと同じことをおっしゃっている部分がありました。



虐待の芽を早くに発見するだけで終わりなのではなく、

子育ての相談をするなど適切に介入すべきであるのに、

そのための人員、資金が日本では全く足りていない。

子育てに困っている親御さんがいても、具体的に指導するための色々なものが足りない。

虐待された子供は、大人になった時に自分の子供に虐待する可能性がある。

子供時代だけでなく、高齢者となった時にも虐待されたことが影響する。

虐待の連鎖を止めなければならない。


藤原先生の言葉通りではないので、誤解があるといけないのでここではあまり書きませんが、

色々と深いお話でした。

その藤原先生から、投票のお願いをされました。

大学研究者による事業提案
8.けんこう子育て・とうきょう事業(東京都における出産・育児支援および虐待予防事業)
「あなたの赤ちゃん」に合った子育てスキルを提供することで育児ストレスを減らし親子の満足感を高める事業。

上記のタイトルで、東京都の事業計画に応募していらっしゃいます。

都民の投票で決まる事業だそうです。

知りませんでした!

投票の締切が本日です!

もっと早くに教えて欲しかったです!

都民の皆様、投票をよろしくお願いいたします!

投票のページはコチラです。

東京都財務局のホームページ
https://secure.mediatv.ne.jp/index.html


以下、投票の仕方です。

1.右側の青い「大学研究者による事業提案」の下の、青い「投票に進む」をクリック。

2. の左の四角にチェック(クリック)。

3.下の方の、赤い「投票の登録に進む」をクリック。

4.氏名、年齢、住所を入力。

5.「投票する」をクリック。

これで終了です。

住所を入力するときに、すべて全角で入力しなければならないので、ご注意ください。


以下、その事業計画の一部抜粋です。皆様よろしくお願いします!












足立区医師会小児科医会のブログにも講演会の記事を書きました。コチラです。

映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」トークショー

2018-12-02 22:22:22 | 日記
平成30年12月2日(日)、

シネスイッチ銀座で映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」を鑑賞しました。

観るのは2回目です。

本当は劇場に観に行ったのは3回目です。

(一回目は満席で入れませんでした)


今回は映画終了後に原作者の歌川たいじさんのトークショーもあるので、

ファンが集まったこともあるのか、

映画の途中、あちこちからすすり泣きが聞こえていました。

両隣の席の方が泣いてくれたおかげで、私も思い切り泣くことができました。



映画終了後のトークショーで、

原作者の歌川さんが感動的なスピーチをされました。

それを聞いて、席を立てなくなるくらいに号泣してしまいました。



このスピーチについては後日また書きたいと思います。


まだ上映しています。

どうぞご覧になってください。

劇場情報はコチラです。