analog player & Vacuum valve amplifier (Electron Tube Amp)

こちらに載せてる回路図は不完全です使用することはお勧めしません当ブログを真似して事故等が起きても当方責任は負いかねます。

フォノイコの微調整の必要性

2019-03-01 00:03:45 | LCRフォノイコ

思えば2017年の6月、MCカートリッジが良く鳴りだした。

トランジスタでBTLにした時だった。それまでもBTLにしたときは有ったが、なぜかその時からだった。

それまではMMは良いが、MCがイマイチ。そんなはずはないといろいろやってきた。

真空管パワーアンプのOPTを6Ωで使えるものに交換したら真空管でもMCが鳴りだした。逆にMMがしょぼくなった。MMとMCの鳴り方が逆転した。


MMで十分、という人もいる。

しかし私はMCの方が全然良い。

いま、なんとなくMCが鳴らなかった理由が分かった気がする。

LCRフォノイコの段間トランス。こいつを動かすのに前段の12AU7の動作例を合わせてやること。

きっちり合わせると、MMでもMCでも能力を発揮できる。

合わせる前はMMには合うが、MCにはちと外れてたのだと思う。

今は問題ない。両方とも良く鳴っている。

もう前には戻れない。


MCはEMINENTの2Ωとする。STAGE202が22dBなので12.6倍。インピーダンスは、巻き線比の二乗がインピーダンス比なので、12.6の二乗は159倍:これがインピーダンス比。よって、2×159=318Ω。合ってんのかな?

MMは47kΩとする。

フォノの入力抵抗が47kΩより少し高めならMMには良いが、MCには高すぎる。ロー出しハイ受けでは問題ない。

47kΩより少し下ならMCにはロー出しハイ受けが当てはまるが、MMには当てはまらない。


・・・・あれ?これだとMCの音質が悪くなる理由が無い。

この辺がLCRフォノイコのMM、MCの相性の理由だと思ったんだけどな。

外したわ。


パワーに続いてLCRフォノイコは一段落だ。当分弄ることは無いだろう。

ほんとは初段のE80Fや終段のECC99の動作点もやらなきゃいけないのだが今のところ音には満足だ。特に定格とか外れてるとも思えない。

安心して聴ける。

一般的には違うかもしれないが、上杉氏の設計CR型、NF型のフォノイコを製作しての感想だ。割と良いところに行っていると思う。

CR型は正しい音だと思うが元気・躍動感が無い。少し曇っている鳴り方。良く高級プリメインアンプでレコードを鳴らすとこんな感じになる。

NF型は豪華だが何か違う。聴いてるときは心地良いのだが、終わった印象が派手で位相ずれで誤魔化されてる、そんな感じ。

そこへ行くとLCRはまず全体のエネルギー量が違う。音量ではなく一音一音の実在感とでも言おうか。SNはCR型より良いしダイナミックレンジはNFより良い。

全体を二機種より凌駕してしまっている。

SEVENざま見ろだ。・・・言い過ぎた。

セブンを崇拝する人は自作できない人に多いと思う。勝手な思い込みなんだが。

こういう人にLCR型を聴かせてあげたい。それでも{SEVENが・・・」って言うんだろうな。

まあいい。

とにかくフォノイコは良いところまで来た。


コメント   この記事についてブログを書く
« LCRフォノイコ 調整30... | トップ | そろそろサブウーファー »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

LCRフォノイコ」カテゴリの最新記事