analog player & Vacuum valve amplifier (Electron Tube Amp)

こちらに載せてる回路図は不完全です使用することはお勧めしません当ブログを真似して事故等が起きても当方責任は負いかねます。

LCRフォノイコ 調整30 目標は内部抵抗5kΩ

2019-02-28 00:00:58 | LCRフォノイコ

二段目12AU7の調整をした。

前回電圧と電流を変えて内部抵抗を計算したら、カソード抵抗を下げないと無理ということになった。

カソード抵抗を上げると真空管の内部抵抗が上がっていく。


そうなると一般的な12AU7の動作例とは離れていく。

果たしてそれが良いことなのか不安になる。

ネットでしつこく探したら出てきた。

カソード抵抗200Ω。OPTを抱かせる小出力のパワーアンプとして。


これで安心した。

カソード抵抗を470Ωから300Ωに交換する。

 

電圧測定をし、計算すると内部抵抗はRLそれぞれ10.3kΩ、10.6kΩとなった。パラなので半分になるからそれぞれ5kΩちょっとになり、良いところだ。

電圧も設計に近付いた。


音出し。最初交換前と全く違わないと思ったが、精神衛生的に良いと思ってた。よく聴くと高音域の解像度が上がった感じ。少し物足りないと思ってたので良かった。

インピーダンスのミスマッチのような感じも全くない。

多分これで調整は終わりになると思う。


しかし、真空管の動作点、今回はそれを合わせたことになるが、パワーといい良く鳴っている。

多分合わせなくても音は出る。でもこの調整が自作の醍醐味なんだ。

今まで読んできた雑誌・本には載ってなかった。なんでだろう?

故上杉氏はEL34PPのアンプに6.6kΩのOPTを載せていた。

こいつはこれに合せた真空管にはきつい動作になるが、そうではなく、8Ωの端子に6Ωのスピーカーを繋ぐ前提なのかもしれない。


コメント   この記事についてブログを書く
« LCRフォノイコ 調整29... | トップ | フォノイコの微調整の必要性 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

LCRフォノイコ」カテゴリの最新記事