analog player & Vacuum valve amplifier (Electron Tube Amp)

こちらに載せてる回路図は不完全です使用することはお勧めしません当ブログを真似して事故等が起きても当方責任は負いかねます。

キャビネットの反射対策

2019-04-05 00:02:25 | スピーカー

DS-3000の金属的な音を何とかしたい。

そういえば2S-3003はツイーターの周りに皮を張ってなかったか?

※画像はオーディオの足跡様より

大理石キャビネットに合皮を貼ったら余計な音が取れたんだし。

 

これをやってみよう。


まずはテストをしてみる。

管球王国誌に載ってる某ショップの方は、吸音にティッシュを使ってた。

これを簡易的に試してみる。

見た目はアレだが、なんと、効果はある。

反射音が減ると音圧が下がると思ったが大したことは無い。音量を上げればいいことだ。

それよりなにより、余計な音が取れて音の純度感が上がった。大理石に合皮を掛けた時と似てる。そして空間感。なんというか、小宇宙に惑星が並んでるようなすっきり感。これが出た。びっくり。これも他人が効けば微々たる変化だが、もう戻れない。気のせい?かもしれないが、多分変わってる。


大理石に掛けた合皮が未だ余ってるはずだ。時間はたっぷりある。

丁寧に仕上げたい。




重いので各ユニットを全部外す。


キャビネットを寝かせ、型紙で採寸する。これを裏表で使い、左右にする。

ウーファー部は反射無いだろうと思い、中途半端に被せた。

ユニットのメッキリングは飛び出ているのでそのまま残し、フレームは覆い隠すようにした。

型紙に合せてボールペンでマーキング、はさみで切っていく。


寸法が合うか、仮に載せてみた。

割と良い感じな裁断になったのだが、愛想が悪くなった?

これをやるとミッドバスのネジが外せなくなる。なので今のうちにエッジの軟化剤を塗っておいた。ストーブで温めながらやったのだが、40℃くらいで止めといた。磁石というのは熱で磁力が弱まる。

ついでにSWを基準として左右のスピーカーのバッフル面をツライチに位置を合せた。

それから試しにツイーターのネットワークでミッドハイを鳴らしてみた。これでも十分高域が出てて、ツイーターいらないんじゃない?と思うほど。


コメント   この記事についてブログを書く
« AR-4Xをちゃんと鳴らした。 | トップ | キャビネットの反射対策2 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

スピーカー」カテゴリの最新記事