analog player & Vacuum valve amplifier (Electron Tube Amp)

こちらに載せてる回路図は不完全です使用することはお勧めしません当ブログを真似して事故等が起きても当方責任は負いかねます。

AR-4Xをちゃんと鳴らした。

2019-04-04 00:05:04 | スピーカー

ARを鳴らしている。

これがまた素晴らしい。音離れはDS-3000以上だ。

声が少しなんかかぶってる感じだ惜しい。

バックの音が位相ずれっぽいが、部屋に充満するように出てる。これは気持ちいい。

つい数日前も鳴らしたが、あの時より一段上がった。

横置きにしてるだけでは無いはずだ。

くしくも同年代のスピーカー、山水のSP-50も有るのだが、比べるとやはりこちらの方が上だ。

これはアコ-スティックサスペンションのおかげだけではないようだ。

紙コーンの軽いウーファー、同じく紙コーンのツイーター。

高音はそんなに伸びてないが、雰囲気を作ってる感じ。

低音は不思議と「ズン」がくる。

何回か言ってるが、私はこの「ズン」が無いと認めない。音としてソースに入っているのに再現できないのは欠陥と思う。まあ、極めた人はこの音(例えば中音)のために何か(例えば低音)を犠牲にする、らしいが、私はまだその域には行ってない。

なので古いスピーカーは、「いいなぁ」と思うことはあるが、所有したいとは思わない。

いや、タノンイのメモリーだけは買おうと思った。高感度でもあれなら「ズン」が出るんじゃないか、と期待してた、時が有った。

しかしこのAR-4Xは違う。違う部屋合で思いっきり鳴らしたい、と思うものがある。そのうち・・・

値段は当時の初任給から大まかにだすと、DS-3000と同じくらい。SP-50はもう少し下がる。


コメント   この記事についてブログを書く
« ハードオフ下館店 | トップ | キャビネットの反射対策 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

スピーカー」カテゴリの最新記事