analog player & Vacuum valve amplifier (Electron Tube Amp)

こちらに載せてる回路図は不完全です使用することはお勧めしません当ブログを真似して事故等が起きても当方責任は負いかねます。

こ、コンデンサーが・・・

2019-09-25 00:05:08 | パワーアンプ

パワーアンプのRchからカチカチ、という音がする件、コンデンサーが破裂・発火した。

焦った。アンプは電源入れっぱなしにして出かけられないな、そう思った。

カチカチ音する時に、真空管に耳を近づけたが違う。トランス類も触れたがこれも違う。電源スイッチ(サーキットブレーカー)の端子に半田ごての熱を当てすぎたから端子が動いた。多分固定するプラスチックが熔けた。この所為かと思ったが、音がしたとき触ってみたが反応なし。

あーなんだろ。アンプをひっくり返したり、横にしたとき音が小さくなる。横で2時間ほど鳴らしたが大丈夫だった。電圧を測り、コンデンサーの極性を確認したが問題無い。

もう一度鳴らそう。

カチカチ音が増えてきた。と、パンッと破裂音がした。入力トランスの下から煙が出てきた。と、トランスか?

段々煙が増えてきたのでひっくり返した。

RIFAのコンデンサーの中身が燃えていた。キャップは外れていた。

写真写真、と思ったが、隣のアンプが燃えてしまう。水掛けて消火。

極性逆で過電流、燃えるってなんだ?ネットで調べたら、電極の短絡、過電圧、というのが有った。コンデンサー潰した(機械的に、外力で潰れて電極タッチ?)かな?と思ったが、耐圧が400Vだったのを思い出した。この位置では420Vほど掛かってしまう。

ここはUNICONの500V47μFに変更する。

このアンプはちょっと電圧が高い。音質が良くても、やはりまずいな。ドロップ抵抗を取り付けよう。整流管を5U4Gにするという手も有るが、これは奥の手。手持ちの5U4GBで何とかしたい。全体に電圧が下がったが、もう少し下げたいところだ。だがこれ以上下げるには120Ω位になると思うのだが、そのような抵抗は今は無い。まあ、このままいく。プレート電圧は423Vから410Vになったのだ。

一緒にコンデンサ破裂・発火により、アンプ内部が汚れてしまったので初段のチョークと入力トランス、入力端子を外して内部を掃除した。

合わせてLchの初段カソード抵抗を2Wから5Wに交換し、ドロップ抵抗を51kΩから68kΩに交換。アンプを横にしてハンダ盛り直し

これでアンプ完成。

 

初段のカソード抵抗を2Wから5Wの物へ。ドロップ抵抗を取り付け電解コンデンサーをRIFAのものからUNICONの物へ。

これで一応パワーアンプは完成。


コメント   この記事についてブログを書く
« 鳴らしてみた。 | トップ | 鳴らしてみた。2 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

パワーアンプ」カテゴリの最新記事