analog player & Vacuum valve amplifier (Electron Tube Amp)

こちらに載せてる回路図は不完全です使用することはお勧めしません当ブログを真似して事故等が起きても当方責任は負いかねます。

MfD-3.1 調整2 入力抵抗2

2019-10-11 00:01:12 | パワーアンプ

 

これを見て、なるほどと思った。

ならばパワーをいじってみよう。

入力からトランス一次側に直列に入れている600Ωの抵抗を、入力からアース側に落とした。これで入力インピーダンスが600Ωに成るはずだ。

調整はこれでおわりなので元の位置に戻した。なら音出ししてみよう。

特に変わった感じは無い。ただ、広がりが無くなった感じがしないでもない。

まあ、トランスを入れることの欠点が出たのではないかな。


 




途中、右スピーカーの音が大きくなった。

今までは音が小さく、音像が左に寄ってた。アンプの接続を左右入れ替えて誤魔化しておこうと思ったが、良かった良かった。

ただ、右スピーカーから「ザザー」っと雑音が出る時がある。音は出てない。電源を切ったら無くなったので、多分パワーだ。先日電解コンデンサーが逝った(パンク・発火)ので、なんか電解コンデンサーの気もするが、真空管かもしれない。最近音出しが怖い。いつスピーカーが飛ぶか、なんて落ち着いて聴けない。


コメント   この記事についてブログを書く
« トランスアンプのまとめ | トップ | CfD-7.1 調整5 出力... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

パワーアンプ」カテゴリの最新記事