続編炒飯ブログ(楚練)/「豊後風土記」考ete(日本の歴史書などの読解) ※完、メールテンプレや読書案内など。

2018.9月末に丸三年間継続していた旧ブログ(公安メールのテンプレ配布など)を終了・削除済み(その保管庫+αです)。

(補足・宗教問題その2)悪魔払い、他(※1/16に後半追記)/公安メール2019(朝鮮カルトへのお祓い・悪魔祓い)

2019年01月14日 | 公安メール(テンプレ)関係の記事
前記事に後半を追記したものの、さらにもう少し別件を追記。ブログ末尾(?)のオマケ、新春企画記事の後編になります(笑)。/(追記1/16)イスラム関係のこと。一部のイスラム過激派と反国家・反社会マルクス左翼とのつながりを示すニュース記事についての報告………/(追記1/18)このブログでの表示件数がおかしい云々の話を書いたことがあったが、勘違いの可能性が濃厚(単に別のページを開いていた?)。ただそれでもどうして10件設定なのに5件見出しのページがGoogleに転がっているのかとか、謎(?)がなくもない(過去の検索データがGoogleのデータに残っていただけなのか……)。まあそれはそれ、この記事のカテゴリを「公安メール関係」に変更しておいたので、こちらからメールテンプレの記事目次を呼び出せます(適当にご活用ください)。どのみちあとは、自分ごときはプロ(政府や自衛隊・警察・公安・官庁など)と本営の余命PTや各種のメジャーなまとめサイトさんたちに任せて傍観する段階だと思われます(笑)。 . . . 本文を読む
コメント

(補足・宗教問題)安易な改宗の是非、そして辺獄の逸話を考える(※1/14後半追記)/公安メール2019(世界の宗教改革?)

2019年01月12日 | 公安メール(テンプレ)関係の記事
※最後の仕上げ(?)に「未来への縁起担ぎ」の正月記念テンプレート(公安メール「ローマ教皇庁による統一教会への国際司法裁判所への提訴を援護されたし」)も付録(笑)/(追記1/14)「辺獄」について(余談の追加考察)他 . . . 本文を読む
コメント

(補足?)反日左翼(&在日コリアン)利権シンジケートがKGBやシュタージ(共産国家の秘密警察)の真似事をしているようだ。

2019年01月05日 | 続編炒飯ブログ
そろそろ、事と次第の成行きによっては(護国派による反日利権シンジケートへの)白色テロによる報復も、現実的な考えに入れるべきなのだろうか? 記事の最後の部分に、そのことも考えに含めた若干の留意点のメモを付した。 ………………………………/(お知らせ)当ブログオリジナル(自作品、独自イベント)のコピペ用のメールテンプレートの記事を「公安メール(テンプレ)関係の記事」カテゴリーとして分類しなおしました(目次ページは https://blog.goo.ne.jp/soren-newblog/c/3d9f535ffbff849dcb90a77d52d15c0d )。下に流れた記事もカテゴリーから簡単に呼び出せますので、気の向いた方(特に未参加の方)は送ってみてください(笑)。なお、当ブログは基本的には活動終了です(これはあくまでも補足のための記事ですので、その点は宜しくご了承ください)。………………………………/(1/11追記)そういえば日本国内のキリスト教会(特にカトリック)のに、今の極左・朝鮮汚染の惨状のことについて知らせてきました。「日本のキリスト教世界も日弁連・弁護士会同様に潜伏工作員による浸透工作を受けている節があるから、早急にローマの教皇庁に通報して対処されたし」と書き添えておいたので、おそらくまともな信徒の方が対応してくれるでしょう。ちなみに二次大戦時にローマ教皇が「人間として良心のない共産主義と戦っているのだから」と日本・日本人や天皇陛下を弁護・擁護してくれたのも有名な話のようですし、あの親日家アメリカ人の「テキサス親父」もカトリックの方だったはず(そのうちバチカン13課のアンデルセン神父とかが、異端邪教のコリア・ウリスト教徒どもに天誅でもしてくれるかもw ……まあ、それは漫画のネタですがね……)。/(1/11追記の補足)もっとも自分は別にキリスト教徒ではないです。我々日本人は素直に伝統の神仏を拝んで、あとは一緒にクリスマスや讃美歌を楽しむくらいにしておきましょう。キリストや聖母マリアを拝んだり神父さんの「祝福」受けるのも有益ではあるでしょうが、洗礼・秘蹟を(先祖伝来信者でない日本人が内容・価値を理解せず)恰好だけ真似しても無駄(気取りやファッションでの改宗は本物のキリスト教徒たちに失礼……まあザビエル以来のキリシタンの檀家は別かもだがw)。 . . . 本文を読む
コメント

(補足)頑なに耳を塞いで、無責任と外患援助に明け暮れる母校(法政)へ

2019年01月05日 | 続編炒飯ブログ
後は事態の成り行きを結末まで傍観(もしくは放擲)するつもりだが、大晦日の時の記事の件に関係して、一件ほど補足の記事を出しておく。……………………/(追記1/6)こういう裏切りと無責任三昧の跋扈、保身と日和見に徹した職業知識層が大量に主流を占めて壟断した(国と社会に害をなして顧みなかった)ことによって、今後にもはや真面目に(特に文系の学問学科を)学ぼうとする者(特に次世代を担う青少年!)はいなくなるだろうよ。仕舞には誰にも相手にされなくなるのが関の山、これまで騙されてコケにされ続けた日本人の公衆(良識や愛国心のない「大衆」ではなく!)と、これまでの(害国左翼と在日コリアンが主導した密かな)「日本版の文化大革命」で抑圧・弾圧・左遷や排除(場合によっては社会的・物理的な抹殺)された被害者たちから復讐されて袋叩きになるのが関の山だろう。 . . . 本文を読む
コメント

(補足)新年の結語に換えて/護国政権や余命PTの深意、罪科の所在と戦犯についてete

2019年01月03日 | 続編炒飯ブログ
謹賀新年。蛇足的なメモ書きです(初出は1/2、記事をまとめて加筆したので一番上に出るように掲載日時を1/3に修正しました)。そういえば余命はせんたくの記事に「白銀の足軽」名義で挨拶をしてきた。それから『凸っちゃおっかなー』ブログ(反日工作員のテルミ・サトー)にも「死刑おめでとう」と(初の書き込みになるが)わざわざ祝辞を述べてきたのだが(笑)。同じ日に公開した、そのテルミ・サトーへの回答の記事(罪科の所在と戦犯)の重要な部分も(1/3に)こちらにまとめ、その他に前半部分に少しだけ加筆しました。……ちなみにたまに余命系では老舗の『大和心への回帰』にコメント(別名)を投稿していたりもします(プレーンで穏健な「Web護国有志の寄り合い所の一つ」としてはあちらの方がより適任であると思うので、「愛国左派の個別主義者」である自分などもちょくちょくあちらの記事を拝読して顔を出している)。 . . . 本文を読む
コメント (2)

(補足記事)防衛省・警察庁宛の共通メール「武力掃討」(五分割テンプレ)他/(12/29)農水省eteによる国​際提訴推奨のメールテンプレ

2018年12月13日 | 公安メール(テンプレ)関係の記事
補足の追加記事、防衛省・警察庁宛てのメールテンプレ(過去の公安メールと同様に自己判断・独自制作のもの)になります・当方は基本的には活動終了で、ここは削除した旧ブログ『納豆炒飯~』の一部資料の保管庫です。/……………………一連の活動の事実上の終了にあたり、年末年始に記事を若干整理しました。(12/30の追加の一言として)あの(反日マスコミからヒステリックに)「狂犬」と揶揄・罵倒されたマティス氏(その実は「善意の思慮からの中庸」だった)があえて2ヶ月スケジュールを早めて退任・引継ぎすることに「時節を悟るべき」なのではないかと私(楚練)などは思っています。……………………話変わって読書案内。話題に紹介した『風土記』は岩波文庫の「戦前の古語のみ」だけでなく、角川ソフィアの上下巻の完全版(同文庫の『古事記』の訳者)が出ており、出雲・常陸のみ本も講談社学術文庫から。また『古事記』『古語拾遺』や「欽定」の『古今和歌集』ete、あと中国史の研究本では『中国近世史』(内藤湖南・岩波)と『中国の神話』『孔子伝』(白川静・中公文庫)とかもお勧め(内藤湖南の『日本文化史研究』も講談社学術文庫で出ていますが、そのうちの多くの論文はWebの「青空文庫」でも旧字体ながら読めます)。 . . . 本文を読む
コメント

近頃に保守愛国からまで袋叩きにされている『余命三年時事日記』、けれどもその真相について自分は思う(※追記11/7)

2018年11月06日 | 続編炒飯ブログ
どうやらテキサス親父(元アメリカ海軍大将で親日家の論客)が「余命は極左による工作ブログ」などとTwitterでのたまったらしい。 (参照)https://twitter.com/TexasDaddyJapa1/status/1059314090517004288 そして明らかに反日工作員である「悪魔の提唱者」(『余命三年時事日記「考」』のアンチサイトを運営)が嬉々として応答している。 けれども . . . 本文を読む
コメント (2)

[独自イベント] ハロウィンメール2(警察へのアンケート編)/※推奨度☆☆☆☆☆

2018年11月01日 | 続編炒飯ブログ
※送信期間(メールテンプレの有効期間)はハロウィンからクリスマス頃を想定しています。/※こちらのメールテンプレは都道府県警などが複数が任意の送信先として想定されていますが、せいぜい参加者の任意で3~5通(3~5カ所の窓口にそれぞれ1・2通ずつですとか)も送れば十分かと思われます(あまり大量または継続的に陳情する場合には、こんな即席品でなく各自有志でもっと真面目に文面を自作した方が良いでしょう)。 . . . 本文を読む
コメント

質問と提案 / 余命PTにコメント投稿してみました

2018年11月01日 | 続編炒飯ブログ
前の記事でこんなコメントを貰っていた(↓) Unknown (羽賀)2018-10-31 17:02:24貴方も今からでも遅くないので懲戒請求しなさい これは懲戒請求参加者なのか、それとも私を釣り出すために反日工作員が突っついてきたのか。実は合流によるデメリットもなくはない。 ……なぜならばこれまでの「愛国左派の個別主義者」としての独自行動の意義や強みが薄れる上に、とっくにガタガタなので(自 . . . 本文を読む
コメント

2018.10.28(楚練の)個人的見解(何故に「終了」なのか)/在日への降伏勧告、自分の余命PT支持の理由(※10.29・31追記)

2018年10月28日 | 続編炒飯ブログ
※この一か月ほど静観しながら考えていたこと。/(記事後半は補足説明)「何故に自分は余命PTを一定以上信用・支持してきたのか」という理由 / ※10.29・31に追記しました。 . . . 本文を読む
コメント