INSIDE SORAMAME

私の頭の中のキオクを綴っていくつもりです・・

たかすますますま

2006年05月15日 |    ┣ 近い遺産
1月29日に取り上げた「高須磨町」のバス停は、国道3号から脇に入ったところにあるものだった。
写真は国道3号上にある「高須磨町」バス停の現在の様子。
小さな字でびっしりと行先が書いてあるが、内容は次の通りである。

21
雁ノ巣レクレシーションセンター 久保 
国民休暇村 国民宿舎 勝馬 和白(営)
養護学校

22
こもの 青柳四ツ角 立花口

23
城浜団地 香椎花園 みどりヶ丘団地
高美台 下原 西鉄三苫駅

24
八田団地経由土井(営)

26
赤間営業所

29
三苫駅経由和白(営) 和白(営)
城浜団地 高美台
雁ノ巣レクレーションセンター

これらはほとんど実態を反映しておらず、おそらく15年以上前の情報であり、なぜか更新されずに放置されたままである。
当時は、城浜団地方面も、みどりが丘方面もすべて23番であったが、現在はそれぞれ22番、27番に分割されている。
23番以外にも、1番、62番など、行先がたくさんある路線は、近年分割される傾向にある
当時走っていた22番は廃止され、現在はローカル線の2番となり風前の灯状態である。
また、26番の赤間営業所行きは、当時10分に一本の頻度で走っていたが、現在は朝4本のみである(深夜バスを含めると計5本)。

この頃からみると3号線経由の路線は減ってしまったようにも見えるが、一方で、当時はまだ「飾り」程度にしか走っていなかった都市高速経由の路線が現在は全盛を極めているので、東部地区全体でみると必ずしも「衰退」とは言えない。

コメント   この記事についてブログを書く
« 高架の効果 | トップ | きょうもがっぽり基樹です »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

  ┣ 近い遺産」カテゴリの最新記事