とんびの視点

まとはづれなことばかり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本で違和感を持ったこと

2018年09月25日 | 雑文
先日、たまたま知りあったドイツ人の研究者と話しをした。
日本で違和感を持ったことは何かあるかと聞いてみた。
テレビでの事件報道に違和感があると彼女は言った。
違和感は2つあるそうだ。

1つは、容疑者段階で実名報道をすることだ。
名前だけでない。容疑者の家族とか生い立ちとか、そう言ったものも多く伝えられる。
無自覚にせよ、それらの情報は犯罪と結びつくようになっていることもある。
容疑者は裁判で有罪判決を受けるまでは、たんなる容疑者である。
日本では容疑者が捕まった段階で、ほぼ犯人として報道される。
そのことに違和感を持つ人たちが世界にはいることを、私たちは知っておいた方がよい。
自らの自然な姿は自然に受け入れられるはずだと思っていると、思わぬ痛い目を見ることもあるからだ。

もう1つは、犯罪現場の詳細なレポートだ。
レポーターが事件現場まで行き、どこでどんな風に犯罪が行われたのか、どのくらいの血が流れたのか。
そういう報道に違和感を持ったそうだ。
たしかに日本の報道では、事件を再現させるような報道が多い。
それによって視聴者は何が起こったのかを知ることになる。

こういう報道を繰り返し見ていることで、視聴者は事件を理解するためのフレームを無自覚に手に入れてしまうかも知れない。
どんな(悪い)人間が、どんな悪いことを行ったのか、それを理解することが事件を理解することだ、と。

ふと思った。あらゆる事件報道が、その事件が発生した社会的な背景のみに焦点を当て、解説したらどうなるだろう、と。
人々は、事件が起こるたびに、その社会的な背景を考えるようになるかも知れない。
そして、事件を再発させないために、社会を改善することに意識を向けるようになるかも知れない。

犯した罪は本人が償わねばならない。それは仕方のないことだ。
そしてその手続は、司法と行政がやってくれる。
だとすれば、市井の人々がやるべきは、社会的な背景を考えることだろう。
社会的な背景とは、私たちの生活している社会そのもののことなのだ。
私たちの社会は、なぜそんな犯罪を生み出してしまうのか、と。
結局のところ、それは社会を構成している自分について考えることにもなる。
コメント

学習塾のシャープペンシル

2018年09月14日 | 雑文
子ども中学校の門の近くで、ときどき学習塾のスタッフがシャープペンシルを配っている。コンビニで100円で買えるようなシャープだ。デザインもひどいし、安っぽい感じだが、作りはしっかりしていて、実用に十分に耐えるものだ。そのシャープには塾の名前が印刷されている。ある種の広告だ。

中学生ならシャープペンシルを使うから、シャープを配ろうと思いついたのだろう。筆箱に入れて愛用するとは思わない。それでも机の上に置いてあれば、ときどきは使うかも知れない。場合によっては、塾の名前に気が留まるかも知れない。この前の試験、よくなかったな、塾でも行こうか。そんな風に思うかもしれない。

あるいは、中学生はそんな塾の名前の入ったシャープはダサいと言って、家に帰ったと同時に台所のテーブルに放り出してしまうかも知れない。狡猾な塾のスタッフはそれを狙っているのかも知れない。子どもがシャープをテーブルに放置する。母親か父親がそれを見つける。シャープには塾の名前。子どもの成績が心配になる。前回の定期テストもミスが多かった。担任は、もう少し頑張れば、もっと成績が伸びるはずだと言う。でもどうすればよいかわからない。ちょっと塾に相談してみようか。そんなことを狙っているのかも知れない。

しかし現実はちょっと違うようだ。わが家のテーブルの上に塾の名前が入っているシャープが4本も5本もある。次男にどうして何本もあるのかと尋ねる。塾の人が配っていた。みんなシャープをもらうと芯だけ抜いて、植え込みとかに捨ててしまう。何かいやな感じがするので、自分が引き取ってきたのだという。

新品のシャープをそんな風に捨ててしまうのはもったいない。捨てるくらいなら、もらわなければよい。いや、芯だけ抜いているのだから、ただ捨てているのではない。与えられた状況で、最大限の利益を引き出しているのかも知れない。自分に必要なものを選び出し、それだけを手に入れる。シャープそのものを断ってしまえば、芯を手に入れることは出来ない。このチャンスで最大限の利益を手にするには、シャープをもらい、必要な芯だけを抜き出し、無駄な本体は捨てる。それも瞬時に行う。素早い判断で、利益を確保する。なんだか、出来るビジネスマンのようだ。

でもねぇ。何かシャープが可哀想なんだよな。シャープペンシルとして生まれてきた。高貴な血筋でもなく、見目麗しくもない。機能もシンプルで1つのことしか出来ないが、愚直にそれだけはやり続けられる。宮沢賢治の物語に出てきそうなタイプだ。そんなシャープが、体に他人の名前を印刷をされて送り出される。文字を書くという本来の機能を1度も発揮することなく、捨てられる。芯だけ抜かれて。人間なら、戦争中の無意味な自爆攻撃を強要された兵隊みたいなものだ。印のついた飛行機に乗せられ、爆撃による攻撃という本来の機能を発揮することなく、命だけ抜かれる。シャープがシャープとして、人が人として存在できない世界は、やはりよろしくない。

いずれにせよ、わが家には塾の名前の入ったシャープが何本もある。案外しっかり作ってあるので簡単には壊れそうもない。芯を入れれば何年も使える。おまけに、芯を抜かれたシャープには芯を入れなくてはいけない。それにシャープは1度に何本も使わない。なんだか一生分のシャープが手に入ったようだ。(個人的に気に入っているシャープがあるのに。)これ以上は引き取ってくるなと言いたいが、無下に捨てられるのを放っておけとも言えない。義を見てせざるは勇なきなり、とだいぶ前に野田聖子さんが言ってたっけ。せめてボールペンにしてください。塾に電話してみようか。いろいろ考える。

こんなことをぐずぐず考えてる自分は、もらったシャープから芯を抜き取りさっと捨てる中学生よりも、判断力が劣っているのか。そういえば、出来るビジネスマンというのは自分とは対局の存在だった。彼らが効率良く「芯」を抜き取っているそばで、「捨て去られた何か」を僕が引き取って行こうとしているのかも知れない。ちなみにわが家では、子どもを塾には通わせていないし、今後も通わせることはない。
コメント

難民条約について

2018年08月27日 | 雑文
「難民条約」という条約がある。正式には「難民の地位に関する条約」という。
第2次世界大戦後、急増した難民に対処するために作られた条約だ。
難民に対して不法入国や不法滞在の罪を問うてはいけないこと、その難民を迫害する国に送り返してはならないことなどが定められている。
日本は1981年に加入した。

しかし、どうやら日本はあまり難民を受け入れていないようだ。
日本の2016年の申請者に対する難民認定率は0.3%だ。
多い国と比べるのはなんだが、カナダは67%、アメリカは62%、ドイツは41%だ。
ケタ違いの数字だ。考えられる理由は2つだ。
1つは、日本とその他の国では難民の認定基準が異なっている。
もう1つは、なぜか日本にだけ偽装難民がやってきている。

条約の主旨に照らしても、難民の認定基準が受入国によって異なることは考えにくい。
難民認定基準が受入国によって異なれば、難民の地位が不安定になるからだ。
しかし日本にだけ偽装難民がやたらとやって来るというのも考えがたい。
偽装難民であれば、認定率の高い国を選ぶはずだからだ。
認定率が0.3%の国にわざわざ偽装してまで難民として申請する人(やブローカー)はいないだろう。
だとすれば、日本は難民条約に加入していながら、独自の基準で運用を行っていることが推論される。
技能実習生制度もそうだが、観光客でないような外国人に対して日本はかなり冷淡な扱いをする。

難民と認定されれば、永住許可への道が開かれ、日本国民と同様の手当などを受けられるようになる。もちろん日本での労働も可能だ。
認定されない場合は、そのまま入国者収容所に入れられるか、法務大臣から「在留特別許可」が下りるかだ。
在留許可は3〜6ヵ月おきに更新が必要で、特別な許可を得ないかぎり、いかなる労働も認められない。
その他に「仮放免」という不安定な状態もある。
ほんらい収容されているはずの入国者収容所から一時的に身柄の拘束を解かれた状態だ。
当然、労働はできない。また、何の違法行為をしなくても突然、収容されることがある。

難民とは、さまざまな理由で母国から逃げるようにして来た人たちだ。金銭的な余裕はないだろう。
(偽装難民も同じだ。偽装難民は仕事を求めて来ているはずだからだ。)
すでに日本で生活している同国人で、後から来た同国人をサポートできるほどの金銭的余裕のある人はそれほど多くはあるまい。
日本国からの公的な援助がなければ生活できるはずもない。
ほとんどの人は労働せざるを得ない。しかしそれは違法である。

違法なことをしなければ生活できない状態に「仮放免」する。あるいは「在留特別許可」を出す。
(違法なことをしていなくても、仮放免の人はいつでも収容できるのだが。)
少なくとも難民申請をして日本にいる多くの人たちの地位がそんな状況だ。
「難民の地位に関する条約」という名前から想像されるものとはだいぶ異なるのではないか。

1000人のうち3人しか難民認定しない。
言い方を換えれば、難民申請をした人の997人は難民ではないと認めたことになる。
難民でないなら、それは不法入国者や不法滞在者になるはずだ。
であれば、来た国に強制送還すれば良い。そのほうがすっきりしている。
しかしそれはできないのだろう。難民条約では、難民を迫害する国に送り返してはならないと決まっているからだ。

難民申請者の中には偽装をしている人もいるだろう。
しかしカナダやアメリカやドイツを基準にすれば、認定率が0.3%というはあまりにかけ離れている。
カナダやアメリカやドイツの認定機関があまりにも間抜けで、日本のそれはあまりにも優秀とでも言うのか。
おそらく、何らかの理由で難民を認定したくないのだろう。
その理由のひとつは簡単に推論できる。多くの難民を認定したときに生じる状況を避けたいのだ。
すなわち、永住権を持った外国人が日本社会にたくさん存在することだ。

もしそうであれば、この社会は、本当に助けを必要としている人たちを多く見捨てていることになる。
外国人だから見捨てるというなら、日本人であるという理由だけで、外国からそのように扱われること私たちは受け入れねばならない。
外国人だから見捨てるという社会は、いずれ同じように日本人も(たとえば、生産性がないという理由で)見捨てる社会を作るだろう。

そんな社会でも見捨てられないように頑張るのか、そんな社会を作らないように頑張るのか。
この社会で生きている人は、そんな選択を迫られている気がする。
コメント

足りない頭で、頑張れ自分。

2018年05月05日 | 雑文
ゴールデンウィークの後半3日目。今日は夕方、相方と土手をランニング。ランニングのつもりが土手をゆっくりと歩く。個人的には、土手を歩くのはとても贅沢なことだ。土手をランニングするたびに、ゆっくりと散歩している人、ベンチに座って本を読んでいる人、家族で遊んでいる人、そういう人たちを見てうらやましくなる。自分にとって土手は走る場所だからだ。でもゴールデンウィークだ。少しはゆっくりとしてもよいだろう。そう思いながら、土手をゆっくりと歩いた。

夕方の土手の雰囲気はとても心地よい。太陽の光が柔らかく、濃い色になる。少しだけ冷たい粒子を含んだ風がやさしく吹く。長く伸びた自分の影がどこまでもついてくる。緩んて少し疲れた笑顔の家族が自転車で家に帰る。汗を流しながら黙々と走る人の顔が少しオレンジ色に見える。川面は穏やかにキラキラと輝き、たっぷりと水気を含んだ緑が風に揺れる。何というのか、これでいいじゃないか、と思う。こんな感じでいいじゃないか、と。

前回は、現実が複数化していると書いた。それは1つの現実に対して多様な解釈が存在しているのではない。単一の解釈しか許さない現実が複数存在していることだ。なぜそのようなことが起っているか。それは、言葉によって現実を1つにつなぎ止めることを放棄しているからだ(と思う)と書いた。このことをもう少し考えてみる。

現実が複数化すること自体は珍しくないだろう。冷戦時代、おそらく資本主義陣営と共産主義陣営の現実は異なっていた。また異なる国家は、基本的に異なる現実に存在してるだろう。(だから国家間では、起ったことに対しての解釈の違いではなく、出来事の事実性そのものに対しての対立がおこる。)その意味では、現実の複数化はそれほど珍しいものではない。

では、なぜ日本社会で現実が複数化していることを危機に感じるのか。それは日本社会という1つの領域内で現実の複数化が起っているからだ。資本主義陣営と共産主義陣営、異なる領域国民国家のあいだには、空間的に明確な線引きが存在した。自分たちとは異なる現実が存在するかもしれないが、それは自分たちの領域の外に存在するので、基本的には現実が複数化することがなかった。つまり1つの領域は1つの現実につなぎ止められていた。もちろんそれは言葉によってだ。イデオロギーやナショナルアイデンティティーの言葉だ。

冷戦が終ったことでイデオロギーの言葉が現実を1つにつなぎ止めることは出来なくなった。また世界がグローバル化したことでネーションの言葉も以前のようには機能しなくなった。経済のグローバル化により国内格差が生じたことで、国民経済という言葉はリアリティーを失った。その反動のようにナショナリズムの言葉が強まっているが、これなどは社会の分断につながり、現実の複数化を引き起こしている。

このようにイデオロギーやナショナルなどの現実を1つにつなぎ止める言葉が機能しなくなった。誰もが自分の現実を言葉で語るだけだ。その言葉は自分の現実だけを唯一の存在とし、他者の言葉に現実を認めない。財務官僚のセクハラ疑惑のように。他者の言葉があまりに面倒くさい時は、その場を収める程度の対応はする。でも自分の現実を語る言葉は否定しない。

言葉のやり取りを通して、出来事の整合性を確保する。それが言葉を通して現実を1つにつなぎ止めることだ。しかしいま行われているのは、言葉の整合性の破壊だ。場当たり的な言葉で、その場を乗り切る。言葉と向き合うことで、自分の現実と相手の現実を1つにつなぎ止めるのではなく、相手の言葉をバカにすることで、相手の現実をバカにし、自分の現実、自分の言葉しか見ない。そのことを数の力を背景に強行する。

僕が発足当時から安倍政権に批判的だったのは、彼が言葉に対する謙虚さを欠いていたからだ。このままじゃ、言葉が機能しない社会になると思った。論理的整合性が説得力を持たず、長期的な計画や思考が簡単に反古にされる、場当たり的なパワーゲームの世界だ。それはここ数年の日本社会で現実に起っていることだ。

とにかく国会で言葉が機能しなくなった。脱原発依存と言いながら原発をベースロード電源に据えた。自分が何で起訴されたかわからないまま裁判される特定秘密保護法。これまで違憲とされた集団的自衛権を可能にした安保法。中間報告という異様な手続で通過させた共謀罪。そして裁量労働制のデータ改ざん。誰かが止めないとこのまま憲法改正とまで進む。(おそらく財政的にもかなりまずいことになる。)日本社会は底抜け感満載だ。

「あとは国民の判断」と安倍首相は言った。でも、人々は平気そうだ。僕の周りには日本社会の現状を危惧している人はほとんど見かけない。そのことに不安を感じる。映画監督の相田さんは現状に「とても危険だ。ここで止めないと本当に日本は底が抜ける」と言っていた。僕もそう思う。それは杞憂であって欲しいが、たぶん無理だろう。

どんな状況になっても人は生きていける。そして、日本人はあらゆる出来事を天災のように受け止める傾向がある。何が起っても「そうなっている」から「しかたない」と自分の現実として受け入れるのかもしれない。(それを自己責任というようだ。)

一人ひとりが自己責任でそうなっている現実を受け入れる。しかたない現実が人の数だけ複数化する。複数化した現実の間では、言葉がうまく届かない。届かない気がするから、無数の孤絶した現実は何を口にすべきかわからなくなる。私たちは何を言葉にしよう。

つなぎ止めるための言葉を口にすべきなのだ。複数の現実を1つにつなぎ止めるような言葉を。それがどんな言葉なのかはわからない。時代が大きく変わるというのは、それまでの言葉が現実をつなぎ止められなくなることなのだろう。現実をつなぎ止める新たな言葉が求められている。それが善い言葉であれば、きっと現実も善いものとなるだろう。考えるに値しそうだ。足りない頭で、頑張れ自分。
コメント

雑記、ラーメン一杯食べ放題、残したら昼休みは遊べません。

2018年05月04日 | 雑文
早いもので5月、そしてゴールデンウィーク。ゆっくり過ごそうと思ったが、なんだか忙しい。気付いたら、先週はブログを書けずに終っていた。気になる出来事は山のようにあるが、時間がとれない。とりあえず、なんでもよいから書く。

ラーメン一杯食べ放題。残したら昼休みは遊べません。
日本社会での自由と責任を考えると出てくる言葉。みんな、そんな日本社会を縦に横切れ。

さて、4月のランニング。たった60km。140kmが目標だったので80kmも少ない。3月の末日に次男のバレー部卒業生追い出し試合に保護者チームのメンバーとして参加し、ぴょんぴょん飛び跳ねて腰を痛めたのだ。だいぶ良くなったが、まだ痛む。今年の目標は1500km。5月の目標は150km。最初の山場だ。

ちょっと前、ビデオニュースのマル激トークオンデマンドで、映画監督の相田和弘さんの話を聞く。彼は大学卒業後、二十数年アメリカに在住しているが、日本に住んでいるかのように、日本の政治や社会の課題に関してツイッターなどで発言をしている。しかし以前はちがった。アメリカに渡ってからそれほど日本に関心がなかったという。ひとつには社会は時間とともに良くなっていくものだと、無邪気に思っていたから、とくに気にならなかったそうだ。(これは僕も同じだ。)
その思い込みが、東日本大震災で崩れる。震災や原発事故への対応などを通して、日本がかなりまずい状態だと気付いた。だから、震災以後、日本のことをきちんと観察して、自分なりにできることをしているのだという。そのことを彼は次のように言っていた。「一億分の一の責任を果たす」と。出来る範囲で、誰もが当事者として考え、行動せざるを得ないのだろう。

だいぶ前から、言葉が変なことになっていると思っていた。「自分的にはAはBでいいと思う」とか「俺の中ではAはBということになっている」などの奇妙な言い方を、ある時期からよく耳にするようになった。そのたびに「世界はお前の中ではなく外にあるんだ。外側の世界ではどうなんだ」と思ったし、実際に口に出したこともある。

これ、自分の見たい世界と、実際の世界のズレを埋めることを最初から放棄した姿勢だ。世界は世界、自分は自分。なんかきな臭さは感じていたのだ。「本人はセクハラを認めていないのに、財務省は処分する」「記憶の限りでは面会したことはないが、面会したことを認める方向で調整する」「自衛隊の日報で使われている〈戦闘〉という言葉は、一般的な意味での〈戦闘〉とは意味が異なる」などなど。

かなりまずい事態だ。言葉によって現実を1つにつなぎ止めることを放棄している。1つの現実にさまざまな解釈があるのは当然だ。しかしいま行われているのは、言葉を蔑ろにすることで、現実を複数化することだ。過去と現在の現実が複数化しているから、整合性がとれなくても構わない。立場を異にする人たちとは現実が異なっているので、相手の言葉が自分に届かず、矛盾を引き起こさない。

論理的な整合性とか、出来事の一貫性とか、そういうものが重要視されない社会になりつつある。「いま・ここ」という狭い時処での自己利益を追求することが当たり前になる。このあたり、真剣に考えねばならないと思う。でもその考えは、複数化された現実においては、届けねばならない相手には届かない。やれやれ、それが現状だとすれば、そこから考えるしかない。足りない頭でがんばれ自分。


コメント