コモモと空と母ちゃんと、おまけのブッチー&チワ

ダックスのコモモとゴールデンの空、母ちゃんの生活にある日突然参入したセッターのブッチーとチワワのチワの毎日のこと

空君へ

2022年01月18日 12時16分22秒 | 日記
もう貴方の姿を見られなくなって一週間経ちますね。
母ちゃん、貴方が側にいる時には貴方が居なくなったら悲しくて悲しくて生きていられない、と思っていました。
でも、今日も元気でいるよ。

ここからは亡くなった時の回想です。

貴方の呼吸が止まり、どんなに呼んでも眼を開けてくれなくなった時涙もでなかった。
ただ淡々と家族に知らせ、シーツやお布団を直し呆然としていました。
みんなが集まって初めて涙が溢れてきました。
小学生の孫ちゃん二人は空君が亡くなる前にベッドの移動を手伝ってくれたよね。
それから一時間もしない内にお別れのときが来るとは思わなかったよね。
二人とも泣きじゃくっていました。
小さい時は毎日お散歩について来たけど、最近は忙しくてそれ程構わなかった高校生の孫ちゃんも眼を真っ赤に泣き腫らしていました。
小さい時ずーっと空君とお出掛けしていたJ君、表には出さなかったけど寂しそうでしたよ。
最後の荘川で一緒に散歩してくれたMちゃん、ありがとうね。寂しいね。
次の朝、小学生の孫ちゃんふたりは学校を休んで空くんの側に居てくれました。
夕方のお葬儀には刈谷から佳保里さんが参列してくれました。
小さくなっておうちに帰ってきた空君。
たくさんのお友だちから供養のお花がいっぱい届きました。


この一週間、貴方の姿を見なくても母ちゃんあまり寂しさを感じなかった。
いつも隣に貴方を感じてる。
きっと今までみたいに母ちゃんのすぐ側で何処にでも付いてきてるんだよね。
今日は初七日。
円福寺のご住職のお話で、もうなんでも食べられるからね。
小さい頃に大好きだけどアレルギーで食べられなかった鶏肉料理を作ってあげるね。






コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

まだ夢の中の出来事みたいで

2022年01月14日 12時15分37秒 | 日記
今朝はお庭にうっすらと雪が残っていました。夜の内に降ったのかなぁ?と思っていたら、また少し降って後は厚い雲におおわれた日です。
昨日の午後五時半に金ちゃん達の時にもお世話になった岩津の円福寺さんで葬儀、火葬をして貰いました。
もう少し家に置いてあげたかったのですが、みんなの都合もあり、出きるだけ遅い時間のお別れに決めました。
斎場には刈谷から佳保里さんがスミレちゃんと空君とのお別れに来てくださいました。
ありがとうございました。

集骨まで予定時間よりも火葬に時間がかかりました。
内臓の腫瘍が大きかったからだそうです。
アポクリン腺腫瘍は高貴薬で成長を押さえていたから、きっと肺の腫瘍がそんなに大きくなっていたんだね。
だから、最後の数日間、呼吸も苦しくて嘔吐を繰り返していたんだね。
母ちゃんは汚れたシーツを取り替えることと、空君を暖かいタオルで拭くことくらいしか出来なかったね。
そんなに辛かったのに、トイレは自分でお庭まで出てしてくれたね。
最後の日、お散歩から帰ってカートから下ろしたらヨロヨロと歩いて、何時もの場所でシッコしたよね。
介助してくれた姉ちゃんが「歩くのもやっとなのに、ちゃんと庭でシッコするんだね。お利口さんだ」とビックリしてたよ。
本当にお利口さんだったね。
最後の日のお散歩でお会いしたお隣の奥さんにも「この子は本当に優しい良い子だね」って誉めて貰えたよね。
集骨が終わって家に帰ったのは八時過ぎていました。
空君の大きな体がこんな小さな壺の中に収まってしまってます。
母ちゃんの部屋が広く、寒々としています。
七日の精進払いが終わるとみんなが帰り、辺りはシーンとしています。
この子はまだ状況が把握できていないのか?
朝、家のあちこちを空君の姿を探して歩き回っています、



昨日からたくさんのお花が届きました。

皆様、ありがとうございました。
空君、お花に囲まれて嬉しいね。
庭に出たら父ちゃんが梅の枝に挿した蜜柑を食べにメジロが来ていました。
もう春が近いね。



春になったら、空君と桜を見に行きたかったなぁ。
なんか文章が前後して支離滅裂になってしまいました。ごめんなさいね。







コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

空君を荘川に連れていきたかったから 2

2022年01月11日 15時26分47秒 | 日記
日中たくさん歩いて雪もたくさん食べたからか?
晩御飯を全然食べなかった空君。
ヨーグルトはなんとか少し食べただけで寝てしまいました。
その後、胃液に血が混じったような色のものを嘔吐。
三回吐いたら楽になったようで、そのまま寝てしまいました。
明け方、トイレに行きたいアピール。
荘川では空君を散歩に連れていってくれる父ちゃんが支度して連れていってくれたけど、シッコしただけで戻ってきた。
朝の散歩は行けないかな?と思うほどぐったりしていたので急いで後片付け&掃除をして帰ることにしました。
車に乗せようと外に出たら、またまた小走りで逃げたした。











ハウスの横の坂道を上って降りてを数回繰り返し、やっと車の近くまで帰ってきてもなかなか車に乗ってくれませんでした。
今度はいつ来られるのかなぁ?とでも考えているみたいに、回りの景色を見回していました。
その後小一時間
父ちゃんの支度ができるのを待って金ちゃんハウスⅡを後にしました。
途中、人間&空君のトイレ休憩を何回かとりながら家に帰ってきました。
家に帰ったら、みんなが待っていてくれましたよ。
直ぐにお家に入りたくないみたいだったから、日当たりの良い場所にマットを敷いてその上に寝かせたら、気持ち良さそうに寝てました。
その時間はどれくらいかな?
日が落ちかけて気温が低くなってきたので、マットのままお部屋の中へ。
その後は





トイレ以外はこんな風に寝てばかりの空君でした。
8月にも9月の診察時にも「肺にも転移してるから昨日まで大丈夫だと思っても突然倒れると言うことがありますからね。」と言われていた空君。
病名を診断されてから約半年の間、心配しながら暮らしていたけど、これまではそんなことなかったからまだ大丈夫❗と思っていた。
でも、行きたかった荘川に行って、雪遊びもして満足しちゃったのかなぁ?
今日も夜中の2時半から何度も血の混じったものを吐いてぐったりしています。
口元と顔を暖かい濡れタオルで拭いてあげると気持ち良さそうにしています。
お水を飲まないから心配で、なんとか飲ませようとすると横を向いてしまいます。
飲めばまた吐き気がするからかなぁ。
明日にはもう少し元気になってくれるかなぁ。


コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

空君を荘川に連れていきたかったから

2022年01月11日 09時55分37秒 | 日記
久し振りの投稿です。
新しい年が明けた後、暫くなかった食欲も回復し、先週からは止めていた高貴薬も飲み始めました。
前には朝の散歩も途中で歩かなくなったのですが、数日前までは距離は短いものの一度も立ち止まらずに行ってこられるようになりました。
この調子なら無理をしなければ大好きな荘川に行って沢山の雪を見せてあげられるだろう。と土曜日から孫ちゃん達が行っている荘川に出掛けました。
金ちゃんハウスⅡに着いたのは午前9時
車からおろすと、まだリードも着けてないのにトコトコ小走りで駆けていってしまう空君を一緒に行った孫ちゃんが追いかけてリードを着け、何時もの散歩コースの橋まで連れていってくれました。
引き返してきた時に大好きな孫ちゃん達が遊んでいるのを発見❗
急いで坂を上っていきました。
これまでの空君にこんな元気があるのが不思議なくらい。
嬉しそうに小走りしていました

















そして何時ものように雪の中に顔を突っ込んで(笑)
顔中雪だらけ
こんなに楽しそうな空君は久し振りに見ました。
やっぱり連れてきて良かったなぁ
あまり長い時間遊ぶと疲れちゃうから、と思って帰ろうか?って言っても中々動かない。
本当にこんな事がしたかったんだろうなぁ🎵
楽しんでる空君を見て、嬉しくなった母ちゃんでした。
帰ってきてからも暫くはお家に入らず、ハウスの回りを探索していた空君です(笑)
母ちゃんと空君がお家に入ろうと階段まで来たら、ドドド・・・ドシーン
と大きな音が⁉️
振り向くと直ぐ後ろに雪の塊が山のように積まれていました。
気温が高いのと薪ストーブで暖められた雪が屋根から落ちたみたいです。
もう少し遅かったら・・・と思うとゾッとしました。
暫くして帰ってきた孫ちゃん達が落ちた雪をかき分けて、また歩ける道を作ってくれました。
ありがとう😉👍️🎶
皆が帰ってきたので、母ちゃんと父ちゃんは空君を連れて高山へ食料の買い出しに行きました。
お茶と水、アルコール飲料を数本買ってハウスに帰ったら先に来ていた孫ちゃん達が帰るのを待っていてくれました。
孫ちゃん達が帰った後、少し早いけどハウスを出て湧き水(三谷天然湧き水)をトイレ用にポリタンク3本と洗面や洗い水用にペットボトル三本調達(実は行く前に管理事務所から水のポンプが故障して配給が出来ないと連絡があったんです。)
それでもどうしても荘川に空君を連れて来たかったから、不自由を承知で出掛けました。
桜華の湯でお肌つるつるスベスベになって晩御飯も食べてからハウスに帰りました。
お家に入る前に空君とチワちゃんのトイレをして、と思ったらまたまた空君暴走(笑)
毎年そり遊びをするお家の前の坂道を上ってゆっくり下ってきました。
それで満足したのかな?
素直にお家に入ってくれました。
もちろんチワちゃんはトイレを済ませたらさっさと自分のハウスで連れていってくれるのを待ってましたよ。
その後はハウスの中でみんなまったりと過ごしました☺️
次の朝の様子はまたね👋😃

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021 リンゴ狩りの旅 追記 

2021年11月16日 20時15分28秒 | 日記
今年も長野県、山梨県へりんご狩りに無事に行ってこられました。

今まで言葉にすると負けてしまいそうで書くことが出来ませんでしたが、こんな風に元気に出掛けられたので、記録として残しておこうとおもいます。

7月に荘川に行った後、後ろ足の踏ん張りがきかなくて、立ち上がるのに補助が必要になってしまったのでかかりつけ医に行きました。
診断の結果「足の問題ではなく内臓から来ているのかもしれないから、もっと最新の診断ができる病院に行った方がいい」とのこと。
そのままブッチがかかっていた病院へ行きました。
詳しい検査の結果、下された病名は「肛門嚢アポクリン腺癌」でした。
早期だったら手術や抗癌剤投与で治療可能なのですが、空君の場合肺にも転移の可能性があり、ステージ4で余命一ヶ月だと言われました。
目の前が真っ暗になり、なにも考えられなかった母ちゃんです。
何でもっと早く気づかなかったのか?
もう手だてはないのか?と沈んでいる母ちゃんに主治医の先生が「ひょっとしたら効くかもしれないから、少し高価になりますが、肺の方に効くかどうかはわかりませんが、がん細胞にスポットに効く高貴薬(分子標的薬)を使ってみますか?」と言われました。
考える間もなく「お願いします」と答えた母ちゃんです。
その日から週に三回おにぎりの中に薬を潜ませて
何とか飲ませています。
最初の一週間で1cmくらい小さくなり、薬が効いてくれてるみたいです。
あれから3ヶ月、一時は食欲がなくなったり下痢をしたりしたけど今は食欲も以前に戻り、寝た後も手助けしなくてもなんとか自力で立ち上がれるようになっています。
8月にはりんご狩りも行けないかもしれない、と思っていたのに。





こんなに元気に行ってこられて良かった🎵
最近抵抗力が落ちてきてるせいか?お腹や口周りのかいかいが辛そうだけど、週に何度か薬用シャンプーで綺麗にしようね。


この笑顔をいつまでも見ていたいよ。

これからも一日一日を大事に病気とうまく付き合って過ごしていきたいと思います。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする