コモモと空と母ちゃんと、おまけのブッチー&チワ

ダックスのコモモとゴールデンの空、母ちゃんの生活にある日突然参入したセッターのブッチーとチワワのチワの毎日のこと

ラブちゃん・・・・・

2020年11月22日 12時13分02秒 | 日記
この記事は以前にかいたものですが、ラブちゃんのママさんのご承諾をいただいたので投稿します。

今日は雲が多く、風もない日です。 家の中にいても、窓を開けてちょうどいい気温ですよ。
昨日、空君のお姉さん、北海道の真ん中に住んでいる黄色ちゃんことラブちゃんのママさんからお手紙が届きました。
今月の始めに、華ちゃんのママさんからラブちゃんの訃報を聞いて(ママさんから10月30日午後2時だったと伺いました)すぐにお悔やみのお花を贈ったものの 、悲しみの中にいるだろうママさんになんと声を掛けたらいいのかわからなくて、お手紙すら同封しなかった母ちゃんです。
お手紙には未だラブちゃんがいなくなったことを受け入れられないママさんの悲しい寂しい気持ちが溢れていました。

ここからは回顧録になります。

黄色ちゃんことラブちゃんは、 9匹生まれた兄弟姉妹の中で一番過酷な運命を背負って生まれてきたんじゃないかと思うくらい苦労をした子でした。
生まれてまだ離乳食に慣れていないときに、親元のラリーパパさんたちの制止も聞かず みるきぃちゃんから離され新しい家に連れていかれました。
ゴルパピーは縫いぐるみのようにフワフワで、とても愛らしいのですが、そんな時期もあっという間 すぐに大きくなり、悪戯も破壊力も半端ない!
ラブちゃんの飼い主さんにはそんなことは想定外だったんでしょうか?
しばらくすると、ラブちゃんの飼育放棄
どういう経緯かわからないですが、ペットオークションに出されていたそうです。
そこで、北海道のラブちゃんのママさんの目に留まり、はるばる飛行機に乗って北の大地の真ん中へ貰われていきました。
ラブちゃんのお里がラリーパパさんのところだと知ったラブママさんからの知らせで、ラリーパパさんたちとの繋がりができ
そのご縁で母ちゃんもラブママさんと 交流させていただいていました。
広大な北海道の地で、広いプライベートドッグランをほかの家族のワンちゃんたちと楽しそうに走るラブちゃんを見て 、本当に良かった!と思っていました。
でも、早いうちに親から離されたせいなのか?ゴールデンが本来持っている体質なのか?
ラブちゃんは耳の中のイボ(腫瘍)やら体全体に肉腫ができたり、亡くなるまでの10年間は病気との戦いだったそうです。
母ちゃんが北の大地に遠征に行ったとき、仲良くしていただいているブロ友さんはもちろんですが、一番会いたかったのはラブちゃんでした。
でも、その時はもうママさんともお誕生日の時のプレゼント交換のみのつながりだったので 、突然の訪問は迷惑かも?と諦め、次回の遠征では絶対に会いに行こうと決めていました。

それもかなわぬ夢になってしまいました。

若いころから病気と闘い、それでもママさんたちの突然の悲しみの時には心を癒して支えになっていたラブちゃん
いっぱいいっぱい可愛がってもらってよかったね。

もうラリーパパさんには会えたんだろうね。 こちらでは甘えられなかった分、たくさん甘えてね。

ラブちゃん、またいつか会おうね。
ラブちゃんのご冥福をお祈りいたします。

ママさんのお手紙の最後にこんな言葉が書かれていました。 「ラブの姉妹、兄弟たちがラブの分も元気でいてくれるように祈っています」

今ではもう華ちゃんしか様子がわかる子はいなくなってしまいましたけど
華ちゃんも空君もラブちゃんの分までこれからも元気で過ごしていこうね。






今日はとても長い文章になってしまいました。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブッチの病院に行ってきました

2020年11月21日 21時04分54秒 | 日記
昨日までの暖かさはどこへ?今日はお天気も良く例年通りの気温だそうですが、母ちゃんの体はこの急激な気温の変化について行くのがやっと、と言う感じです。
以前の通院から3週間ばかり経つので、ブッチのお腹がずいぶん腫れてきました。
今日は主治医の先生の当番日なので、朝御飯をみんなに食べさせてから病院へ向かいました。土曜日だから混んでいて9時に受付をして、お迎えは12時。待っている時間にニトリでお買い物。
その前に空君のトイレ散歩









婆ちゃんがいる時に買い換えたかったけど、なかなか踏ん切りが付かなかった座敷のカーテンを買って来ました。
今年の一周忌はコロナが心配で、家族だけでしたからカーテンが多少くたびれていても大丈夫だったけど、来年は(出きるかどうかわからないけど)三回忌があるからね。
ゴミ箱やら小物を整理する箱やら買って指定の時間に病院に着いたけど、どんどん患蓄さんが来たみたいで駐車場も満車、小一時間待ってやっと帰ってきました。
今日は心嚢水500ml、腹水3,000ml抜いたそうです。パンパンに腫れていたお腹がペタんこになって軽くなったね。
診察の結果を父ちゃんに聞いたら、先生のお話では腹水が問題なだけだね、と言う事だったようですよ。
帰りに母ちゃんと父ちゃんは遅いお昼。病院の近くのうどんやさんで食べました。

これは母ちゃんの天とじうどん。
さて帰ろうかね。

今のブッチ
夢の中💤🎠💤




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ブッチのことやらもろもろの事

2020年11月17日 21時48分08秒 | 日記

以前の更新からずいぶんご無沙汰してしまいました。

ブッチですが、放射線治療も手術も選択せず2、3週間に一度腹水を抜きに行っています。抜いて数日は体力も落ちるみたいですが、食欲もあるのですぐにまた何時ものように元気に過ごしています。

今はもう夢の中
この後約二時間おきにトイレに行くので、母ちゃんを起こします。
お布団を綺麗に敷いてあげても毎日こんな風にぐちゃぐちゃにしてくれます。

今日は朝は冷えたのですが、日中は暑い☀️😵💦くらいでした。
先週の金曜日の夜から父ちゃんが目眩がして吐き気もする、と言っていたのですが、しばらくすると治まるみたいなので
日曜日の新嘗祭もなんとか終わることが出来ました。
無事終わってほっとしたのか?
昨日の朝は目眩かひどくて起き上がれない、と言うので病院にも行けず(多分メニエール病だろうと言うことで)様子見で一日寝ていて貰いました。
今朝は少し治まったようなので、朝イチで診察の順番とりに行き診察して貰いました。
いくつか検査した結果、耳石が三半規管のなかで動いたせいでの目眩と言う診断で暫く飲み薬を飲むことに。
目眩の原因がわかって安心したのか?今日はずいぶん落ち着いて食欲も出たみたいなので一安心です。
そんなこんなで朝の散歩も出来なかった空君と、午後早目のお散歩に出掛けました。

りき君にご挨拶して
小さい川の堤防へ



お友達の匂いが気になるね☺️



中学校の側に来たら紅葉が綺麗だったので一緒にパチリ❗
隣の公園で給水タイム



上手く飲めなくて頭が濡れちゃったね😁



若い時には階段を上って滑り落ちてきた滑り台も、もう登らなくなっちゃったね。
帰り道、
母ちゃんのお友達の家の前で久しぶりに会ったお友達との会話が弾んでしまい待つ時間が長かったので、
退屈して寝ていた空くんでした。


ホトトギスの花
近くによりすぎてボケボケだね😃
今はもうこんな風に💤🎠💤



お休みなさい





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三択(ブッチの事)

2020年08月14日 18時14分00秒 | 日記
毎日暑い😵日が続いている我が地方です。
朝の散歩は何とか川の堤防を歩いていますが、夕方は地面が熱くて空君の足にも母ちゃんも我慢ができないので、ほぼ毎日お山に来ています。
チワちゃんも付いては来るのですが、エアコンが効いた部屋よりも暑いせいか?直ぐにクレートに入ってしまいますよ😅
これからは長い文章になります。
ブッチは心タンポナーデと診断されてからは余程涼しい日以外は殆ど家でお留守番して貰っています。
先週末、3週間経ったので腹水を抜いてもらいに病院に連れて行きました。
処置に時間がかかるので、という事でブッチを病院に預けて、夕方5時過ぎに母ちゃんは孫ちゃんのチアの発表会(観客は身内だけ)があったので父ちゃんがお迎えに行きました。その時に主治医の先生から病状についての詳しい説明とこれからの治療についてお話がありました。
心臓の血管に腫瘍があり、そのせいで腹水、心嚢水が溜まると言う事です。腫瘍は急激に広がる物では無いそうですが。
今後の治療法としては、まず手術をする。その場合でも全摘は出来ないから放射線治療が必要との事。2つ目の選択肢は放射線治療を週に何回か受けに行く。
この二つは県内では出来る病院が無いので、獣医科がある隣の県の大学病院に行くことになりますし、どちらの場合も腹水が溜まるので抜いてもらいに行かなければなりません。
3つ目の選択肢は今と同じ、2週間毎に腹水を抜くことです。
ブッチの身体的及び精神的負担を考えると、手術して何日か入院することは無理かな?
放射線治療の副作用も耐えられるかどうか?
悩んでいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卒業おめでとう❣️

2020年03月19日 23時57分00秒 | 日記
今日は姉ちゃんの下の子の小学校の卒業式でした。
朝のお散歩は卒業の報告がてら、空君とお墓参りに行って来ました。




小学校に通学していた間はイベントの度に雨になって、いつも残念な思いをしていた子達ですが、卒業式の朝はとても良いお天気で、暖かくコロナ休校で在校生も来賓も出席しなくて寂しい式を天が祝ってくれているようでした。
短い時間の式でしたが、先生方のおかげで子供達には思い出深い式だったようです。

今思えばあっという間の六年間でした。
一年生の時、通学団での登校になかなか慣れなくて、空君の散歩がてら学校までついて行ったのが始まりのパトロールももう6年続いています。
途中何度も辞めようと思ったけど😅

今の低学年の子達が空君との毎朝の触れ合いを楽しみにしていてくれるので、この子が卒業した後も空君が歩いて皆んなについて行けられるうちは続けて行こうと思っています。

4月からは新しい学校生活が始まるけど、頑張りすぎずに貴女らしく毎日を過ごして行ってくださいね。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加