そらち旅日記 Vol.2

北海道空知総合振興局の職員が集めた旬の情報を、そらちの風に乗せてお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ミュンヘンクリスマス市と白いソーセージ

2012年11月29日 | 空知の食
札幌大通公園で26日から恒例のミュンヘンクリスマス市が始まりました。
クリスマスの雰囲気を盛り上げる雑貨や工芸品が
かわいらしいブースに所狭しと並べられています。




中でも気になるのが飲食コーナー、本場ドイツのお料理がずらりと並んでいますよ。




ソーセージやじゃがいものお料理が多いですね。
ドリンクには、温めたワインに、ハチミツ、レモンの皮、
シナモンなどの香辛料を入れたホットワインも。
寒い季節ならではホットワイン、以前このブログでも作り方を紹介
したことがありましたね。




ミュンヘン名物といわれるヴァイスヴルスト(白いソーセージ)が気になります。
そう言えば、きたキッチン「そらちフェア」
新十津川町 ヴルストよしだの「白いソーセージ」を買いましたよ。
「温めて皮を取り除きマスタードをつけて食べてくださいね」とのことでしたが、
"皮を取り除く"のが面倒でまだ食べていませんでした。
早速、試してみよう!

おっと、その前にきたキッチンに寄り道です。
この日の試食販売は岩見沢市 市川燻製屋本舗。




年末に備え牡蠣とタマネギの燻製を買いました。
燻製というと味が濃くて香りが強いものを想像してしまいますが、
こちらの商品はどれもマイルド。
最初に素材の味がして後から燻製の風味が感じられます。




さて白いソーセージです。
沸騰させて火を止めたお湯に5分くらい入れておきます。
ゆでるのではなく温めるという感じ。
これはお湯から出した状態です。




いよいよ皮を取り除く作業です。
ソーセージの端の方の皮をつまんでフォークで押さえながら縦方向に引くと
簡単に剥けてしまいました。
切れ目を入れなくても自然に破れてちっとも面倒ではありませんでした。
とっても柔らかくて食べやすくドイツ気分満点です。もちろんビールをお供に。




「そらちフェア」もいよいよラスト一週間となりました。
27日からは「そらち肉三昧特集」が始まっています。
南幌町 燻製工房ハンドヴェルクや深川市 食創造さんだかんの
ソーセージやベーコンも注目です。
その他、道の駅「ライスランドふかがわ」からは、
黒米どぶろく「紫穂の雫」やりんごのぷちぷちわいんも。
皆さん、是非お立ち寄りください!


この記事についてブログを書く
« 後半戦突入! ~ きたキッ... | トップ | お家で空知肉三昧 ~ 夕張... »
最近の画像もっと見る

空知の食」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事