そらち旅日記 Vol.2

北海道空知総合振興局の職員が集めた旬の情報を、そらちの風に乗せてお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

妹背牛町でカーリング!

2012年03月07日 | 日記
妹背牛町といえば、かつては強豪妹背牛高校女子バレー部で有名でしたが、
今やすっかりカーリングの町。
町内の女子高生のチーム「ウィンターフレンド」が、
先日「全国高校カーリング選手権」で優勝、連覇を達成したのは記憶に新しいところです。
というのも、妹背牛町にはこんなに立派なカーリングホールがあるからなんです。
このホールは、町内のカーリング熱の高まりとともに平成15年にオープンして以来、
町の内外を問わずたくさんのカーリング愛好者に利用されています。




内部は4シートあって、公式試合も目白押し。
試合のない時は、1シートを1時間当たり千円(町内の方は500円)で使用することができます。
う~む、町内のチームは気軽にすぐ練習できるし使用料は安いし、やっぱり強くなるはず。

  


カーリングは全くの初心者ですが、まずはやってみることにしましょう。
といっても道具は何もないので、券売機でカーリング用具の使用券(100円)を買って、
シューズ、ブラシなどの用具を貸してもらいます。
安全のための防具も必要に応じて使えますよ。

  


最初にまずストーンを投げます。4人で1チーム、1ゲームで1人2回投げますから、
色違いで8個ずつ合計16個のストーンが必要です。カーリング発祥の地スコットランド産の
花崗岩でできているストーンの重さは1個約20キログラム。




氷上にある黒い突起(ハック)に片足を乗せて身体ごとストーンを押し出すような感じ。
2~3回練習しただけなのに、え~もう本番? だっ大丈夫かなぁ。




まずは一番手(リード)が、氷の上を滑りながらストーンを離しますよ。
目標の円(ハウス)をオーバーしてしまったり、届かなかったりで、力加減が難しい…。




投げた後は、残りのメンバー2人(セカンド、サード)が
ブラシで必死にスウィープ、スウィープ…。
場合によっては投げ手も参加してスウィープ、スウィープ。
掃くと氷が溶けてツルツルになりストーンがよく進みます。
これで進み具合を調節するんですね。
前方にいる主将(スキップ)の指示は「イエス」が「掃く」、
「ウォー」が「止める」、あれぇ、どっちだったっけ?




このスウィープがけっこうな運動量です。掃くというよりは、
氷の上を力一杯磨く感じ、汗だくになります。
「カーリング」と「ボーリング」はしょせん一字違い、
たいした運動量ではあるまいとタカをくくってきたのは大間違いでした。
時には氷の上でも半袖でプレイするのだそうです、お見それしました。

さて、このくらいのストーンの数だと何とか試合展開が読めますが…。




でも、こうなったらもうダメ、いったいどうなるんだ~。
最終的に円(ハウス)の中心に一番近いところにストーンがあったチームの勝ちですが、
相手の一投でコン、コン、コーンとストーンがはじかれて、
一瞬にして優劣が逆転してしまうのも面白いところ。
この感覚はまさにビリヤード、「氷上のビリヤード」と言われているのも納得です。




え~と、ああなったらこうなって…、まさに頭脳プレー。
ですからカーリングは「氷上のチェス」とも言われているんですね。
でも、頭脳に加えて正確に投げる技術と氷を磨いたりする体力もないとねぇ。
それより何より4人のチームワークも大切、とっても勉強になりました。

結局4ゲームやって、もう充分。カーリングは初体験でしたが、あ~面白かったぁ!
今まで何となくテレビで観ていただけでしたが、
これからはもっともっと面白く観戦することができそうです。
「妹背牛町カーリングホール」では初心者向けのカーリング教室も実施されていて、
いろんなコースがあります。皆さんも気軽にカーリング体験してみませんか?
テレビ観戦が何倍も楽しくなること必至ですよ。

ところで、カーリングの町 妹背牛町にあるお菓子屋さんは、
ネーミングもユニークな和菓子やスフレなどの洋菓子がたくさんで有名な「大黒屋」さん。




お店の中には、ふんわり春色のお菓子がいっぱい。
お店の方の明るいエプロンも目に鮮やかですね。




これは、何とカーリングのストーン形をしたシフォンケーキ。




フワッフワのシフォンの中には、軽い生クリームとイチゴ。
ストーンの取っ手は、固く焼いたメレンゲのようでもあり、
昔のフローレット(って知ってます?)のようでもあり。
この取っ手が沈んでしまうくらい、ケーキは軽くって柔らかです。
とってもおいしい♪




「妹背牛町カーリングホール」でカーリングができるのは11月から3月いっぱい
(夏期間は多彩な遊具のある「みんなの遊び場」として利用できます)ですが、
カーリングを楽しんだ後は、ストーン形のシフォンケーキでゲームの余韻に浸る
というのはいかがでしょうか。
またホールのすぐそばには、源泉掛け流しの「妹背牛温泉ぺぺル」もあります。
一汗かいた後には是非ご利用くださいね。


妹背牛町カーリングホール
妹背牛町字妹背牛5181番地2 妹背牛町遊水公園うらら内
TEL 0164-32-9511
冬期間(11~3月)10:00~21:00/12月30日~1月6日休
夏期間(5~9月) 10:00~17:00/月休
http://www.town.moseushi.hokkaido.jp/hotnews/hotnews_view.html?id=101

大黒屋菓子舗
妹背牛町1区3町内
TEL 0164-32-2021
8:00~20:00/火休

妹背牛温泉ぺぺル
妹背牛町字妹背牛5208-1
TEL 0164-32-4141
10:00~22:00
http://www.town.moseushi.hokkaido.jp/hotnews/hotnews_view.html?id=73
この記事についてブログを書く
« 空知で過ごす特別な1日 その... | トップ | お食事処で味わう「生パスタ... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事