そらち旅日記 Vol.2

北海道空知総合振興局の職員が集めた旬の情報を、そらちの風に乗せてお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

月形町でガーデニング体験 

2012年05月10日 | 日記
お天気に恵まれた連休前半、月形町にある「コテージガーデン」にやって来ました。
ここは、北海道フラワーマスター空知連絡協議会の会長でもある
梅木あゆみさんが経営する生産直売型の園芸店、
このブログでも以前ご紹介しましたね。






こちらでは、初心者向け、経験者向け、上級者向けと、
さまざまなガーデニング講座を開催しています。
毎年庭造りにチャレンジしたいと思いつつ気持ちだけで終わっていましたが、
今年こそはと、ビギナーズ講座「春の花の壁型ハンギングバスケット」に挑戦してみることに。
講師はオーナーの梅木さん、初心者でも簡単に植え込みができる
「スリットバスケット」という鉢を使って苗を植えていきます。




コテージガーデンでは今年パンジーとビオラにとても力を入れていて、
冬の間からせっせと花苗作りを進めてきたそうです。
八重咲きパンジーやウサギのような花のバニー型、花びらがフリフリしたフリル型など、
品種の数はなんと500品種、敷地内にも苗がこんなにたくさん並んでいます。




今日の講座でも、そのパンジー・ビオラの中からお好みの4つの苗を使います。
その他、葉っぱ系のグループから3つ、その他のお花のグループから3つ、
全部で10の苗を選んでいきます。
梅木さんお薦めのセントーレアブルーカーペットも入れてみました。

  


同じ種類や高さのものが並ばないように、苗の配列を考えてくださいねとのこと。
成長したときの様子がイメージ出来ないのだけれど、こんな感じかな~




さて、いよいよ植えていきます。
先ず鉢のスリット部分に付属のスポンジを張り付けて、
表面に土をこすりつけておきます。こうするとべたべたしなくて扱いやすいそうです。




培養土を3センチほど入れて、一段目は2つの苗を植え込みます。
根っこの部分に手を添えるようにして、するするっとスリットの間に入れてやります。






さらに土を足して2段目は3つ、3段目は2つ、
トップには3つの苗を植えて、土を足し、水苔を載せて出来上がり!








思っていたよりもずっと簡単にできました。
でも根のほぐし方とか土の落とし方、花苗の向きなど、
微妙なところでこれでいいのかしらと迷ってしまいますから、
講師の先生に気軽に聞けてちょっとしたコツを教えていただけるのはとっても有り難い。

さあ、うちに持って帰って飾ってみましたよ。
まだ寂しげな庭も一気に華やいだ雰囲気になりました♪




壁と鉢の間に垂木を挟んで、バスケットがちょっと上を向くようにしてやると、
全体に日が当たっていいそうです。
数日たつとこんもりと茂ってくるとのこと、とても楽しみです。
この他、コテージガーデンお薦めのトマトシスターズの苗も購入、
庭の畑で育ててみることにしました。




コテージガーデンでは、この後も様々なガーデニング講座が予定されています。
お花・お庭に興味のある方、是非お出かけくださいね。


コテージガーデン
月形町北農場1
TEL 0126-37-2185
http://www.cgarden-hokkaido.co.jp/


※「そらち旅日記」を読んだ感想をこちらまでお寄せください。
  E-mail:sorachi.chisei1@pref.hokkaido.lg.jp

この記事についてブログを書く
« 空知の宝ものを守り育くむ ... | トップ | 「たまねぎ」で蕎麦打ち »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事