そらち旅日記 Vol.2

北海道空知総合振興局の職員が集めた旬の情報を、そらちの風に乗せてお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「大地の星」を食べ比べ ~ ふる里ふれあい店 講習会・試食交流会

2013年03月01日 | 空知の食
岩見沢市北村の直売所「ふる里ふれあい店」が毎年この時期に開催している、
「ふる里ふれあい店 講習会・試食交流会」
今年も代表の小西泰子さんからご案内をいただきました。




午前中は、直播のお米「大地の星」のピラフや
地場産野菜のサラダなどのお料理講習会、
出来上がったお料理でランチを楽しみ、
午後は、食に関する情報発信を続ける
ライターのおおまちかおりさんの講演という内容です。
料理講習会は失礼して、お昼のランチからちゃっかり参加させていただきました。

この試食交流会では、毎年、綺麗に盛りつけられたサラダがとっても印象的ですが、
今年も、ピンク色の紅芯大根、パープルカリフラワー、黄色いフルーツほおづきなど、
まるでお花畑みたいです。一足早く春を感じることができますね。




さて、今回の主役は「大地の星」を使ったお米料理3種、
お野菜は中田農場さんの「ドライベジ(乾燥野菜)」を使っているので、
とても手軽に作れるそうです。




左側はリゾット、トマトと玉ねぎのドライベジが使われています
唐辛子が入ってちょっとピリ辛、大人のリゾットに仕上がっています。
真ん中はパエリア、サフランの黄色が取っても綺麗、
トマトのドライベジを炊き込み、ソテーしたパプリカをトッピング、
レモンを搾るとさっぱりと本格的な味わい。
右側がピラフ、お米2合に対してドライベジミックス
(玉ねぎ、人参、ピーマン、トマト)一袋をそのまま加えます。
この日はベーコンとシメジも一緒に投入、
バターの風味が豊かでとっても美味しい~~

 


このほか、地域の方々が持ち寄ってくれたお漬け物。



  


こちらは7種類のお野菜のお団子入りデザート。
濃いピンクは「紅くるり大根」、白は「紅都青長大根」、
濃い黄色は「カボチャ」、緑は「春菊」、薄い黄色とピンク、紫はジャガイモで、
それぞれ「インカのめざめ」、「ノーザンルビー」、「シャドークイーン」だそうです。
なんてカワイイ!!
早く食べたいとワクワクしていたのに、
なんと気づいたときには品切れ!大ショックでした。




今回は目玉のお料理がもう一つありました。
岩見沢産の小麦キタノカオリを使った「塩ゆで落花生のパン」。
キタノカオリはハード系のパンにぴったりと最近注目の小麦です。
こんがり焼き上がったパンは外側がばりっと香ばしく、中はふわっふわのもっちもち、
小麦の風味と適度に塩味の効いた落花生がなんとも言えない味わいです。
これって今すぐにでも売り出せるんじゃないですか~

  


美味しいランチのあとは、おおまちかおりさんの講演です。
おおまちさんは世界中を旅しながら、農業生産現場の訪問レポートや
スローフードについて発信していて、自らを旅書人(tabi-kaku-hito)と呼んでいます。
昨年10月にイタリア・トリノ市で開催された「スローフード世界大会」に
参加したときの様子を、たくさんの写真と共に紹介してくれました。
「このような試食交流会こそスローフードそのもの」というおおまちさん、
PCトラブルで時間が足りなってしまったのがとても残念でした。
是非ゆっくりとお話を伺いたいものです。




さて、先ほど紹介した中田農場さんの「ドライベジ」を使うと
ほとんど包丁いらずまな板いらずで簡単にお料理ができてしまうみたい。
レシピもいただいたことだし、自宅でも是非チャレンジしてみようと思います。



この記事についてブログを書く
« 野菜のおいしさが凝縮 ~ ... | トップ | アツアツ「卵かけご飯」の幸... »
最近の画像もっと見る

空知の食」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事