そらち旅日記 Vol.2

北海道空知総合振興局の職員が集めた旬の情報を、そらちの風に乗せてお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

歩くと見える!!そらちの魅力 ~ そらちフットパスルートガイド

2011年12月27日 | 日記
このブログの中でも過去に何度か登場している「フットパス」ですが、
「フットパス」ってなに?と思っている人もいることでしょう。
フットパスとは、「森林や田園地帯、古い街並みなど、地域に昔からある
ありのままの風景を楽しみながら歩くことができる小径(こみち)」のこと。
発祥の地イギリスではフットパスが国土を網の目のように縫い、
国民は積極的に歩くことを楽しんでいるそうです。
日本においても、最近の健康志向、ウォーキングブームもあって、
少しずつ広がりを見せているようです。






空知管内では、赤平市(コミュニティガイドクラブTAN tan)、
滝川市(江部乙丘陵地のファンクラブ)
南幌町(NPO法人 ふらっと南幌)
などが積極的に取り組んでいて、
定期的にフットパスの集いなどが行われていますよ。

さて、そんなフットパスを空知管内の活性化に繋げていこうと、
総合振興局では管内全24市町のフットパスルートを紹介する
「そらちフットパスルートガイド」を作成しました。

 

A3版を6つ折りにしたコンパクトなサイズで、市町毎のフットパスルートのマップに、
目印になるようなポイントも写真付きで紹介していますので、個人で歩くときにも安心です。
ルート上や周辺の見どころ、食の情報などもたっぷり掲載しています。

   


こちらは、24市町のルートマップをまとめた一冊にまとめた冊子、
メデイアや観光関係者などに配付してPR用に活用していく予定です。




フットパスの魅力は“のんびり”自分のペースで自由に歩きながら
“ゆっくり”周りの景色を楽しめるところ。
ルートも自分の好み・体力に合わせて自由に設定していいんです。
美しい自然や田園風景は季節ごとに違う表情を見せてくれますし、
それぞれ地域ごとの歴史や文化にも触れることができます。
また、食の宝庫・空知では、そのときどきの旬の農産物に出会えることも大きな魅力です。

このルートガイドを使って本格的にフットパスを楽しめるのは雪が溶けてからですが、
地域によっては、冬ならではの「かんじきフットパス」なども予定されているので、
是非チャレンジしてみてください。
 
そらちフットパスルートガイドは、こちらのHPからご覧になれます。
また、市町毎のルートガイドはそれぞれの市役所または町役場にもお配りしています。
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/ts/tss/footpathmap.htm


空知総合振興局地域政策課
TEL 0126-20-0030
この記事についてブログを書く
« ひょうたん? カボチャ? ~... | トップ | 年越しはお蕎麦 ~ 手打ち... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事