そらち旅日記 Vol.2

北海道空知総合振興局の職員が集めた旬の情報を、そらちの風に乗せてお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

野菜のおいしさが凝縮 ~ 美唄「つむぎ屋」さんの干し野菜

2013年02月27日 | 空知の食
空知管内は野菜の一大産地、それはもうたくさんの安全でおいしい野菜が穫れるのです。
単一の種類が大量に生産されるというのももちろん強みではありますが、
一方で、珍しい野菜や同じ野菜でもいろんな品種がそろっているというのは
とっても魅力的ですよね。
でも今は冬場、いつもそんなに変わった野菜を入手できる訳ではありません。
そんな時に見つけたのがこれ! おなじみ美唄の「アンテナショップPiPa」
入り口に掲示されていた「本日のオススメ」、その中にあった「干し野菜」です。






最近は、保存性が良いうえに野菜の旨味が凝縮しておいしくなる
という「干し野菜」が、ちょっとしたブームになっています。
テレビや雑誌などでもよく取り上げられていますよね。
そこに着目したのが、美唄市内の農家の主婦の皆さんで作る「つむぎ屋」です。
昨年の春に発足、自分たちで育てた様々な野菜を活用した
「干し野菜」の製造、販売を開始しました。
いろんな野菜を乾燥して、使いやすい少量ずつのパックにしてありますよ。
価格はどれも200~300円。
大根、じゃがいも、ゴボウなどの定番野菜から、
コリンキーやズッキーニなどの最近の野菜まで、品揃えは豊富です。

  


今回は、8種類の大根が入った「干しだいこん」、
7種類のじゃがいものミックス「干しじゃがいも」、
それに「干しミニトマト」と黄色が鮮やかな
「干しコリンキー」の4種類をいただきました。
とってもカラフルできれいな色合い♪
こうして並べてみるとまるでお花畑のようですね。




「干しだいこん」のパックには、「白大根」、「黒大根」、
「味いちばん紫」、「赤大根もみじ」、「カザフ辛味大根」、
「紅くるり」、「紅心大根」「紅総太り」の8種類が入っていますが、
こんな大根ってご存じでしたか?
白・赤・紫・緑のパステルカラーが春らしいですね。




軽く水戻しして使いますが、大根の種類ごとに戻る時間が
ビミョーに違うのも面白いところ。
きれいな色を活かしてこのままサラダや漬物、
あえ物などにしても良いですし、甘酢漬けやピクルスにも最適。
酢に漬けると赤い色素が出てきて、全体がこんなに鮮やか色になりました。
干すことによって野菜の旨味がギュッと凝縮されているようで、
さらに歯ごたえも良くておいし~。




7種の「干しじゃがいも」は、白いおいものベースに、
黄色い「インカのめざめ」や紫色の「シャドークイーン」、
赤い「ノーザンルビー」なども入って美しい。
濃い鮮やかな色合いで、何だか果汁入りのゼリーみたいにも見えますね。
でもしっかり乾燥されていてカッチカチ。




これは塩茹でしてから干してあるので、
スープなどには戻さないでこのまま使えるそうですが、
やはりしっかり水戻ししてからの方が早く煮えると思います。
キャベツなどともにコンソメで煮込んでみると、
何ともカラフルでおいしいポトフになりました。
干すことによってやや粘りのようなものが出るせいか、煮くずれもしにくいようです。
「干しじゃがいも」、今後はより使いやすいように
単品のじゃがいもでパックにしていく予定だそうです。




コリンキーは生でも食べられるカボチャの仲間、
サクサクした食感が特徴のお野菜です。
薄切りになった「干しコリンキー」を、お水でよく戻してから炒め物に。
下味を付けた豚肉やブロッコリー(固めに茹でたもの)、
菜の花などとともにサッと炒めてから中華スープを加え、
水溶き片栗粉でトロミをつけたら出来上がりです。

  


コリンキーは生のものと遜色ない味わい、残りはお味噌汁に入れました。




この「干しミニトマト」は、かなりしっかりと乾燥されています。
お水でよく戻してから、ニンニクや赤トウガラシ、
お塩を加えたオリーブオイルに漬け込んでマリネにしてみました。
軽く焼いてからニンニクの切り口をこすりつけて香りを移したバケットに、
クリームチーズなどと一緒に乗せて黒コショウを挽けば、
簡単「ブルスケッタ」の出来上がり。ワインのお供にいかがでしょう。

  


商品の棚の下に、野菜の種類を書いた紙が貼ってありましたが、
これに記載されていないものも随分と並んでいます。
メニュー表の記載も間に合わないくらい、どんどん品数が増えているのだそうです。
やっぱり主婦の皆さんはエネルギッシュだなぁ。




「つむぎ屋」さんの「干し野菜」は、
JAコープ美唄本店でも購入することができますよ。
新鮮な地物の野菜たちが出回るのはもう少し先のこと。
春を待ちわびるこんな季節には特に、
手軽に使えておいしい「干し野菜」が便利ですね。

この記事についてブログを書く
« 冬の夜を彩るわずか3時間の... | トップ | 「大地の星」を食べ比べ ~... »
最近の画像もっと見る

空知の食」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事