私のさがしてるもの・・・「私」

私を捜している中で「不思議なタイミング」で出会ったことばや音楽を共有できたらいいなぁ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

HEAVEN やっぱりすごい・・

2011-04-17 14:25:55 | 中村 敦

昨晩はみーちゃんをあいちゃんに預けて
久しぶりのライブ参戦

それも「HEAVEN」

はじめは家族に遠慮していくかどうか悩んでいたんだけど、日が近づくにつれて 出かけることに協力してもらえそうだったので、友達の協力をもらってなんとか参戦してきました

いやぁ・・・
感動したぁぁぁ

あっちゃん・つかちゃんのライブも久しぶりだったけど
HEAVENでのライブなんて、いつ以来だろう・・
むかーし、解散というか休止状態になってしばらくしてから
下北沢のちぃさなライブハウスで、終電ギリギリまで観てたのが最後

活動自体1991~1995だから、10年以上は経ってるよね
下北沢CLUB QUEのライブハウスには、入りきれないほどの人・人・人…

曲はすべてHEAVENの曲
こんだけ時間が経っているのに、歌詞が口をついて出てくる
みんなそうなんだよね、きっと。
20年経っていても HEAVENの曲はいつでもそばにいて
寂しかったり、悲しかったり、うれしかったり・・
いろんな場面でそばにいて助けてくれた

あっちゃんは「HEAVENの曲はまたやってみてほんとにいい曲だと改めて思った」
「いっぱい、いっぱい、いっぱい大事なものを感じていってね」
「HEAVENはすっごい早いスピードで世界を走ってる感じ。すっごい早いんだけど、気が付いたら元の場所にいる、みたいな」

「綺麗」
♪そんなことより ねぇ 瞳がきれいだよ

「風来」
♪笑えることの尊さを 知る人はなんというだろう

「花咲くころは遠く過ぎても」
♪死んだら楽になれるのだろうか 一人の日暮れに何度も思った

「人間刑務所」
♪僕は人間刑務所の中にいる 僕らに対する刑罰はしがらみを背負うこと

「あいだの駅で降りて」
♪そりゃいいことばかりはないだろう きっとお前のことだから 回り道わざと探しながらなんだかんだと やってるんだろう

「WONDERFUL LIFE」
♪デッドボールもあるけど ホームランだって打てるさ

「SECOND LINE」
♪おーい誰か!生きてるやつはいないか!!

「終わるまではじまり」※塚ちゃんの着替えタイムに急遽あっちゃんが唄い出す
♪だけどそれは雲が雨を降らすように そんなに不思議なことじゃない  

もうねぇ 涙こぼれちゃうよ

ラストは「ひと夏の居候」曲がかかって客電もついて終りだったんだけど
大合唱で 帰る人はなし
あっちゃんも塚ちゃんも何度も出てきてくれて みんなで歌う

最後塚ちゃんは曲が終わり、客電のついた会場を見渡し
顔をくしゃくしゃにして泣いていた
それを見てたら、こっちまで号泣

やっぱりいいなぁ~
HEAVENの曲は容赦なく心を揺さぶってくる
言葉はあまりに核心を突いてくるから 決して優しくはない
けれど、自分の心の中には必ずあって、そこがうずいてくる
それがたまらなく心地いい

機会があったら バンド形態でのHEAVENも観たい
塚ちゃんの自由さと
あっちゃんのパワフルさを
バックアップしてくれたら・・

昨晩は二人のライブに行けて ほんとに嬉しかった
これからも各自持ち場で奮闘の日々が続いても
大丈夫
ちゃんとそれを判ってくれる人が 必ずいるから


♪たまに思い出すよ それはほんとに些細な時
 部屋の明かりを点けた時 まるでついさっきのことみたいに
「あいだの駅で降りて」

コメント (3)