私のさがしてるもの・・・「私」

私を捜している中で「不思議なタイミング」で出会ったことばや音楽を共有できたらいいなぁ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

25週目(7か月目)

2009-03-06 18:48:02 | さがしもの
…あら?
こんなに久しぶりだったかしら?(笑

早いもので25週目です。
もともとそんなに細くはなかったウエストは84センチに!!
赤ちゃんの身長は33センチにもなりました。

まぁでも、コート着たりすると全然目立たなくって
このおなかに、そんなに大きなひとが入ってるのだろうかと
思ったりするのですが・・・

この頃では胸のすぐ下からぽっこりが始まり、
ちょっと食べ過ぎると、口からもどってきそうになります。
まだ動くのもそんなに支障ないですが、
赤ちゃん(みーちゃん←なんとなく・・(笑)はぐるぐる・ぽこんと
よく動いています。

そうそう、女の子みたいなんですよ
隠してなければ
検診も2週に一度に戻り、忙しくなってきました。

その中で先日の母子教室での産院の先生の話・・
「出産の痛みの中でも、それがずっと続き続けることはありません。たとえば(ランナーズハイ)というものがありますが、人間のカラダは本当によくできているんです。途中で必ずお休みがあって、脳から痛みを和らげる分泌物が出るようになっています。自分のカラダを十分に感じて、ぜひその感覚を体験してほしいと思います。それはとてもすてきな境地だと思うのです。自分は男の人ですから、もちろん出産の経験はありませんが、それを感じることのできる女の人は、本当に素晴らしいと思います。今のうちから自分のカラダの感覚を十分感じ、体験していってほしいと思います。僕や助産士たちは、お手伝いをすることしかできません。カラダの不思議を出産を通していっぱい感じてほしいと思います。


寡黙な感じの先生なんだよ。見た感じ。。
でも、その先生の言葉に感動してしまった。
あんまり笑ったりしないから、行った時には必ず笑わせるのが
また別の楽しみだったりもするんだけど(笑


あとダンナ(Aちゃん)の同僚の方から、本をお借りしました。

「お産本 Oh!Sun born! ~女を磨く最高の方法~」
 からだクリエイトきらくかん 奥谷 まゆみ 著

八王子で整体をしていらっしゃるみたいで、近く新宿にもできるそうです。
http://www.kirakukann.ecnet.jp

もちろん妊娠・出産は初めてな私だから、ちょっと本で調べたりすることもあるんだけど、この本を読んだらなんだかほっとするというか、安心するんだよね。
すでに3回以上読みまくってる。

たとえば…(抜粋)

☆安産の最大のポイントは「赤ちゃんが楽しい10か月」
赤ちゃんはとっても不完全。だから、いつも自分の生命をつないでくれるママに気持ちを向けていてほしいんだ。気持ちを向けてもらえると安心なの。いつも気持ちを向けて、話しかけをしてもらってる赤ちゃんは、とっても楽しそう。逆に気持ちを向けてもらえずに、要求を聞いてもらえないで不安な10か月を過ごした赤ちゃんは、生まれてからもどこか不安で、いつもママを求めてる。
産後のラクチン育児のためにも、妊娠中の赤ちゃんとのコミュニケーション、大切にしてね

☆やりたいことをやり、やりたくないことはしない
「気持ちがいい」という感覚は「こうすると元気になりますよ」という体からのシグナルなんだ。やりたいことをやって、やりたくないことをしない。食べたい物をたべて、食べたくないものを食べない。自分の感覚が正しい、自分の感覚がすべての基本。

他にも、出産後のケアのことや、やわらかな骨盤の話、母乳育児の話、産前産後に役立つケア…おもしろい話がいっぱいです。

何といってもね『お産の主役は誰かな?ママのように見えるけど、ママじゃないんだよ。ましてや産婦人科の先生でも、助産師さんでもない。お産の主役は産まれてくる赤ちゃんなんだ。楽しい育児につながるいいお産をしたいなら、「主役は赤ちゃん」だってことを忘れないでほしい。どうもママが主役だと勘違いしている人が多いみたいだぞ。出産スタイルにこだわったり、産院を選ぶのも、赤ちゃんより自分のためになってないかもう一度見直してほしい。お産は「産む」ことじゃない。「産もう」としてもうまくいかない。だってお産は赤ちゃんが「産まれる」ことなんだもの』


ほんと、自分のからだが自然と変わっていくさまは不思議な体験です。
不思議な体験、させてもらってるって言ったほうが、合ってる感じがします。
前よりもずっと、自分のカラダに感謝してるし、大好き
もちろんこれからも、そう思って大事にしたいと思うんだ。

読んでくれたみんなにも、伝わるといいな
コメント   トラックバック (1)