徒然なるまま 写遊記

私楽 諸行歓常 諸行感謝 のんびり気ままに散策・・「埼玉・高麗川のほとり」(浮雲・浮浪雲)

枯淡の山門 ・埼玉・龍穏寺

2018-06-07 | 埼玉
6月6日から関東は梅雨入り。

雨降る季節を少し戻し5月26日の

埼玉県越生(おごせ)の緑の囲まれた
「古い山門」風景を紹介。

東京池袋から東上線約1時間の越生駅から
バスで20分。
さらに渓流に沿って、山道を30分程歩いた
処にある「龍穏寺」。

春から夏になる 山の緑に囲まれた
龍穏寺の幽玄的な「山門」に 時折 一人
癒されに来ています。

山門の前の入口の 赤い門


武蔵の国の 木立の中の龍穏寺の山門

平安時代に創建されたとされる龍穏寺


様々の角度から撮影したくなる枯淡の山門




内庭から振り返り見た 味わい深い山門


門の内側にある 歴史を感じる彫刻

門の天井近くの彫刻は、こちらに迫ってくる
魅力ある作品だが、高い所にあるため 
じっくり見られず残念。


ちなみに龍穏寺は江戸城築城にゆかりの
太田道灌(子)と道真(父)の墓所がある寺


由緒ある経蔵(きょうぞう)






龍穏寺の前の渓流の 小さな砂場で
手作り弁当 のんびり一人昼食。




なお当ブログ2017.1.6「秩父の麓の~」
越生七福神巡りと合わせご高覧くだされば
幸いです。

「徒然なる~」ブログに お立ち寄りに
感謝致します。
『散歩』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 阪神VS西武(埼玉所沢・西武... | トップ | 北鎌倉・明月院 紫陽花 開... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

埼玉」カテゴリの最新記事