福島被災動物レスキュー(NPO法人SORAアニマルシェルター)

東日本大震災等で行き場を失ってしまった動物達の保護活動をしています。
「世界一楽しいシェルターにしよう」を合言葉に…。

【SORAのきずな2019勉強会】 いのちの授業(小学生編)

2019年11月24日 | 活動報告

SORAのきずな2019 第18回勉強会 いのちの授業

・日時:2019年12月1日 14:00~16:00(受付13:30から~)

・場所:アオウゼ5階 大活動室3(〒960-8051 福島県 福島市曽根田町1-18 MAXふくしま)

・申込みフォームはこちら→: https://ux.nu/iWTBE

 

 震災からの原発事故直後、多くの動物たちは被災地に取り残されてしまいました。あの時もっと、こうだったら、あの時もっと、ああしていたら、たくさんの人と同様に動物たちも苦しい思いをしなくて済んだはず。

 たくさんの悲しい経験から学び、その経験を生かすことができて、震災前よりも人も動物も幸せになれたら、きっと空の上で見ている動物たちも笑顔で福島を応援してくれる。SORAアニマルシェルターでは、人と動物が平穏に共生できるまちづくりを図るために、殺処分ゼロを目指して多方面で活躍されている太田快作氏をお招きし、いのちの授業を開催いたします。

 

 

▪講師:太田 快作氏  ハナ動物病院(東京都) 院長

 犬・猫の殺処分ゼロを目指す獣医師で、「病気を診るのではなく、動物を診る」ことをモットーとしている。

 学生時代に飼い主に捨てられた犬や猫を保護し、新しい飼い主を探す「犬部」という非公認サークルを創設。その時の活動が小説・漫画として出版されている『犬部!』(片野ゆか著 ポプラ社)、『犬部!ボクらのしっぽ戦記』(少年サンデーコミックス)。
 開業医となった今も講演活動などを通して、「真に動物の命と向き合う獣医師になるためには、大学教育改革と獣医師の意識を変える必要がある」と訴えている。日々の診療の傍ら、年間1000頭以上の野良猫の不妊手術を行っている。

 

 

【2月】

2日:アニマルトークセッション @勉強会

29日:ふくしま被災どうぶつ支援第16回チャリティーコンサート@東京

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

こんにちは!!!!

 

先日、11月10日に【第17回 SORAのきずな勉強会】「いのちの授業」を開催いたしました。

NPO法人SORAアニマルシェルター代表理事 二階堂利枝の挨拶のあと、講師である片桐拓馬氏をお招きして、いのちの授業の始まりです!

 

スライドショーを交えながらのお勉強です✏

みんな真剣に聞いています👂 

 

 その後は、片桐拓馬氏とトリミングサロン&ホテルAnimalのスタッフさんの指導の元、本物のハサミや爪きり、ブラシやコームなどを使用してトリミング・グルーミングの実体験

 まずは片桐拓馬氏によるお手本

 さてさて、お待ちかねのトリミング体験~!!

プロの道具を使ってのトリミング体験は、みんな緊張したかな⁇

先生たちの聞きながら、お手入れの方法について学べました

 ワンちゃんの耳の中の掃除の仕方も詳しく教えていただきました!!

「かんし」という器具を使って、コットンを挟み、耳の中のお掃除を行うようです!

 

保護者の方もご一緒に😊❕

 

体験の後、グループに分かれてワークショップのワンダフルライフを行いました!

 

ワークショップに備えて、まずは知っている犬種をみんなで発表しました。

次から次へと、犬種の名前が出てきてびっくり👀

改めて考えてみると、沢山の犬種がいますね

 

 

 

6個のグループ(成長、しつけ・同行避難、使役犬(仕事をする犬)、犬、トリミング・ケア、保護犬とSORAアニマルシェルター)に分け、グループごとに場所を移動しながら様々な問題を解いてもらいます

1人1人くじ引きを引き、当たった番号の問題を解きます!

1枚目の画像は「使役犬」グループ!

使役犬とは働く犬で、例えば介助犬・盲導犬・聴導犬・警察犬・麻薬犬など。

それぞれ、どんな役割でどんなお仕事をしているのか?学んでもらいました

2枚目の画像は、「犬」グループ!

人間と犬が一緒に生活するようになったのはいつから?という難しい問題もありました😅

ちなみに日本人が犬と生活し始めたのは1万年以上前だそうです。

クロマニョン人の時代からのようです

 

1枚目の写真はトリミング・ケアのグループで

事前に見ていたスライドショーの中に答えが・・・・分かったかなぁ??

2枚目の画像はしつけ・同行避難のグループです

先日も台風19号の影響で、ペットとの同行避難について話題になりました。

これから大きくなった時に、大切な家族(ペット)を迎えた時の為にも、学んでもらいました!

しつけ・同行避難はとっても大事な事をみんな分かってくれていました。

 

 

次の「成長」のグループでは、保護者の方でも考え込んでしまう内容が・・・

例えば、お母さんのお腹の中に赤ちゃんは何ヶ月入っているの?お母さんのおっぱいは何個ある?何匹くらい産まれる?などです。

参加した気分で、考えてみてください😊

答えは・・・お腹にいる期間は2ヵ月、おっぱいは10個、1回の出産で約1~5匹(※犬種により異なる)です!

2枚目の画像は「保護犬とSORAアニマルシェルター」グループ!

このグループでは、SORAアニマルシェルターと保健所の違いについて、なぜ保護犬になったの?、全国の殺処分数は?という内容です。

全国の殺処分数(平成29年度)43.216匹(犬8.362匹 猫34.854匹)

この数字を聞いて、こんなにいるの?!とびっくりされた方もいらっしゃいました。

まだまだ殺処分されているいのちがあることを、とっても理解してくれました。

 参加して下さった皆様は、本当に動物が大好きな方ばかりでとっても嬉しかったです!

いのちの授業で学んだことを、これから活かして欲しいなと思います。

 参加してくださった皆様、本当にありがとうございました

 

 

 

2020年 2月2日 アニマルトークセッション

場所:コラッセふくしま

時間:14時00分~16時30分 (予定)

講師:杉本彩氏 (女優 公益財団法人動物環境・福祉協会Eva理事長)

   大和田新氏 (フリーアナウンサー)

第16回チャリティーコンサートふくしま被災どうぶつシェルター支援

場所:東京コンサーツ・ラボ (Tokyo Concerts Lab. 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18)
 
日時:2020年2月29日(土) 
時間:14時00分開演(13時30分開場)

☆SORAは被災動物を含む<犬18頭・猫23匹>を福島市で保護しているシェルターです☆

●SORA HP●
http://sora.ne.jp/index.html

●支援金、支援物資のご協力よろしくお願い致します●
☆募金先
http://sora.ne.jp/support.html

☆Amazon欲しい物リスト
http://amzn.to/uJzxHC

●SORA LIVEカメラ●
☆10:00-17:00 15秒毎に静止画が更新されます
http://www.sora-shelter.com/live.html


●Facebook●

☆福島県-SORA animal peace project (公式)
http://www.facebook.com/sorashelter

☆Sora Shelter (アカウント)
http://www.facebook.com/fukushima.sora


●Twitter●
http://bit.ly/K9K6gx

●ボランティアさんは随時募集中です●
http://sora.ne.jp/volunteer.html

☆SORAでのボランティア活動の一日☆


☆SORAへの道
http://blog.goo.ne.jp/sora-fukushima/e/eea505b046cf7d59164345c0ad864c54


●Google カレンダー●
https://calendar.google.com/
☆ボランティアさんの参加人数
※カレンダーの見方
例:「3 午前+1 午後+2」 
  →1日通して参加してくれるボラさんが3人、午前のみが1人、午後のみが2人

☆イベント
SORAパネル展や物販など、イベント参加予定も入れています!


●お問い合わせ●
024-529-6267

※作業中は電話に出られないことがありますので、
 留守番電話にお名前と電話番号を録音していただければ折り返しお電話いたします。

 

この記事についてブログを書く
« 【参加者募集】12月1日 第18... | トップ | 可愛いニャンコ・ワンコ »
最新の画像もっと見る

活動報告」カテゴリの最新記事