福島被災動物レスキュー(NPO法人SORAアニマルシェルター)

東日本大震災等で行き場を失ってしまった動物達の保護活動をしています。
「世界一楽しいシェルターにしよう」を合言葉に…。

報告-12月1日 ふくしま被災どうぶつ支援第13回チャリティーコンサート

2018年12月15日 | 活動報告

こんにちは!
今日は、12月1日(土)に東京で開催して頂いた、野澤啓子さん主催「ふくしま被災どうぶつ支援第13回チャリティコンサート」のご報告をさせて頂きます!

今回は、ピアノ・野澤啓子さん、バリトン・石崎秀和さんの演奏でした。 バリトン・・・男声の、中位の声域。テナーとバスの中間。


今回も会場の片隅にはSORAの犬や猫の写真パネルを展示させていただきました。

来場された方には 7月に里親さんの元での生活をスタートしたプーちゃんのこと、このコンサートの少し前にトライアルに入ったクマちゃんのこと、そして やっと家族の元へ戻れるかもしれない猫のふぅ君のことなどをご報告しました。

 

コンサートは、普段オペラなど聞かない人にも耳なじみのある曲を交えた構成で、表情豊かなバリトンに笑ったり 聴き入ったり♪

休憩の後には いつもパッヘルベルのカノンとともにSORAの映像を流すのですが、今回も会場のあちこちで目元をハンカチで抑える方々が…。

これを見ると、私達も初心にかえります。

また、第14回のチャリティコンサートも予定されているそうで、

場所は今回と同じ東京コンサーツ・ラボにて、2019年3月9日14時開演予定となっています。ぜひ会場に足を運んでみてください。

 

チャリティーコンサートを企画運営をされている野澤啓子さま、ご協力いただいた石崎秀和さま、関係者の皆さま方ありがとうございました。

お寄せいただきましたご支援金は、ワンコやニャンコの医療費などに大切に使わせていただきます。
 
SORAで暮らす動物たちが新しい家族と新たな生活を始められる日が早く訪れるよう、皆さまの応援を励みにこれからも活動してまいります。
 
 

最後に、主催の野澤さんから、コンサートの収益金のご報告とメッセージを頂きましたので、ご紹介させて頂きます。


ご報告

 

クリスマスがすぐそこまで近づいています。さて、去る12月1日、東京コンサーツ・ラボに於いて、「ふくしま被災どうぶつ支援第13回チャリティーコンサート」を無事、終了することができました。

当日は、沢山のお客様に御来場頂き、ありがとうございました。バリトン石崎秀和さんの熱唱により、会場が一つになる事ができました。SORAの軌跡を綴ったスライドショーと生ピアノのコラボ、ボランティアの関川さんのお話で、今のSORAについて、理解を深めて頂けた事と存じます。

皆様の笑顔に支えられて、私も幸せな尊い時間を過ごせました。

また、当日御来場頂けなかった方々からも、多大な賛同の募金をお寄せ頂き、最終的な収益金は¥172.385となりました。ありがとうございました。

付帯設備を含めた使用料は、私が事前に支払っております。収益金全額を、12月11日NPO法人SORA福島被災動物レスキュー宛てに振込みました事を、御報告申し上げます。

 

これからもコンサートによる支援活動を行って参ります。

次回はトロンボーンの村田厚生さんをお招きして、2019年3月9日14時開演、

同じ東京コンサーツ・ラボで第14回チャリティーコンサートを予定しています。

今後共、皆様のお知恵とお力を拝借いたしたく、心より御協力をお願い申し上げます。そして、お手数をおかけいたしますが、お誘い合わせ下さった御友人方、その他、私が連絡先を存じ上げず、御挨拶出来なかった方々に、くれぐれも宜しくお伝え頂きますよう、重ねてお願い申し上げます。

 

動物達が、元気に暖かく冬を越せますよう、そして家族との新しい生活のために、笑顔でSORAを卒業出来ますように、祈りたいとおもいます。皆様も御自愛下さいませ。

 

また早稲田でお待ちしていますね!

2018年12月

野澤 啓子

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 12日 わんにゃんの日 | トップ | コロTのことについて。 »
最近の画像もっと見る

活動報告」カテゴリの最新記事