Bluebonnet英語教室 <滋賀県守山市>

「ブルーボネット英語教室」JAKCキッズコーチングマスターアドバイザー資格を持つ講師の丁寧なレッスン💖

七夕クラフトと柏島

2016年06月30日 | ブログ

  

来週の(木)は、七夕ですね。

 

今日の親子クラスで

簡単な Star Festival クラフトを作ってみました。

 

彦星様と織姫様☆彡

 

   

親子クラス用のクラフトは

できるだけ シンプルに

小さいお子さんが 作業できるよう

しっかりと下準備をしておきます💖

   

さて、昨日 ご紹介しました

高知県は柏島でのサマースクール。

   

facebookで大きな反響を頂きましたので、

今日は 私たちが初めて「親子サマースクール」に参加した時の写真を

アップしますね。

   

現在高3の息子が

小学1年生の時の写真です。

  

左にいるのが・・・わたし~!

底が透明なっているクリアカヌー

漁師さんがウミガメの赤ちゃんを発見!

見せてくださいました。

このあとすぐに、放してあげました。

黒潮実感センター(旧 柏島中学校)

釣り体験 (隣は 黒潮実感センター センター長)

ハリセンボンが うじゃうじゃ 泳いでます。

網で簡単にすくえます(#^^#)

釣ったど~!

元 家庭科室で お食事。

息子が大きくなってからは、

私はボランティアスタッフとしてお食事作りのお手伝いをし

息子は 子どもサマースクールに参加していました。

お船に乗ってGO!

シュノーケリング、最高!!

色んな生き物に会えますよ。

息子、ちょっと腰が引けてました。

が、すご~く楽しそう!!

釣ってきたお魚を 夕飯前に 捌くのも体験。

センター長も、この頃は 若かったなぁ(^^ゞ

・・・って、人のことは言えませんが(;^ω^)

ビーチコーミング。

クラフトに使えるものはないかな?

こんなん、できましたけど~(*^^)v

   

・・・と、こんな感じの、2泊3日の親子サマースクールでした。

   

「こどもサマースクール」は3泊4日で

四万十川の支流「黒尊川」での 川遊び体験もできます。

  

川で魚や手長エビを採って

その場で調理して頂きます💖

美味しいですよ~♪

   

かかる費用以上の とてもとえも 貴重な体験ができます!

美しく豊かな海で、のびのび じっくり 

自然と触れ合うことができるのです。

誰もが簡単にできる体験ではありません。

    

ご興味のある方は ぜひぜひ

柏島は黒潮実感センターのサマースクールに参加してみてください。

  

*詳細は、昨日のブログでご確認くださいね。

   

ということで、

今日は、看板犬 まぁるの写真で お・し・ま・い

 

  

「英語の底力」と「自ら学ぶ力」を育む

Bluebonnet英語教室の

オーナー講師でJAKCキッズコーチングアドバイザーの

Sonokoでした。

コメント

お魚博士と行くサマースクール

2016年06月29日 | ブログ

  

いきなりですが、質問です。

写真をご覧下さい。

どこの海でしょう?

  

   

ここは、高知県 西南部にある 「柏島」の海です。

  

島、と言っても 橋で繋がっているので

船に乗って行く必要はありません。

        

   

 

 

今日は、「柏島」は黒潮実感センターの お魚博士と行く

サマースクールのご案内です。

   

   

実は、私は息子が小学生の間の6年間

毎年 夏になると 息子と一緒に

この柏島のサマースクールに参加していました。

   

初めて行ったのは、息子が小学1年生の時。

「親子サマースクール」に参加しました。

   

そして、息子が3年生になってからは

息子は「子どもサマースクール」に参加し

私はボランティアスタッフとして

お食事作りのお手伝いをしていました。

 

  

サマースクールを主催している「黒潮実感センター」は

廃校になった柏島中学校の校舎で 活動されています。

   

サマースクールでは、教室(畳敷き)に寝泊まりします。

(エアコンは あるので大丈夫!)

  

食事は、中学の調理室でスタッフが用意します。

  

こちらは、外にテーブルを出して

昼食を頂いているところです。

  

初日 夜の BBQ↓

    

 

お風呂、シャワー、洗濯機など

宿泊に必要なものは揃っています。

    

「子どもサマースクール」は、海だけではなく

清流 「四万十川」での楽しいアクティビティーもあります!

    

   

それでは、詳細のご案内です。  

(黒潮実感センターのfacebookより)  

  

今年も下記の日程で「子どもサマースクール」を開催します。
今年はすべて3泊4日で、3回開催します。
先着順となっておりますので、ご予約はお早めにお願いします。

【第1回 お魚博士と行く子どもサマースクール 2016】
■日時:8月1日(月)~8月4日(木)(3泊4日)

【第2回 お魚博士と行く子どもサマースクール 2016】
■日時:8月6日(月)~8月9日(木)(3泊4日)

【第3回 お魚博士と行く子どもサマースクール 2016】
■日時:8月17日(水)~8月20日(土)(3泊4日)

■内容(第1回から3回共通):お魚博士によるお魚特別講座
シュノーケリングでフィッシュ・ウォッチング
クルージング:オセアニックボニートII号で島巡り
ウミガメウォッチング!?
海のナイトサファリ:(夜の海の生き物観察)
釣り体験と自分で魚を料理してみよう
川遊び:テナガエビやゴリを自分で捕って料理して食べよう!
島の美術館:自分でお気に入りの写真を撮り、そこに思いを込めた詩を書いて作品とし、島内に展示して皆で鑑賞します。鑑賞後は夏の想い出としてお持ち帰り頂きます。

■対象:小学3年生~高校3年生まで
■募集人数:10名程度
■料金:46,200円(プログラム費、滞在費、食費、保険費、消費税等込み)
【お申し込み方法】
下記の事項をご確認のうえ、メール・FAX・電話でお申し込みください。
なお、少人数での体験ツアーのため、誠に申し訳ございませんがお申し込みは先着順とさせて頂きます。定員に達し次第締め切りさせていただきます。
ご予約いただいた後、申込用紙をお送りいたします。
申込用紙を返送していただき、参加費をお振り込みいただいた時点で確定となります。
代表者
お名前
ご住所
お電話番号(あればファックス番号)
あればメールアドレス
ご希望のツアー
参加者全員
お名前
年齢
性別

【お問い合せ先】
NPO法人黒潮実感センター 
電話:0880-62-8022
FAX:0880-62-8023
メール:kuroshio@divers.ne.jp

http://www.orquesta.org/kuroshio/Article/ArticleView.jsp…

 

黒潮実感センターでは今年も下記の日程で「お魚博士と行く親子サマースクール」を開催します。
今年は3回の開催です。
先着順となっておりますので、ご予約はお早めにお願いします。

【第1回 お魚博士と行く親子サマースクール 2016】
■日時:7月16日(土)~7月18日(祝月)(2泊3日)
■対象:小学1年生~成人(保護者)
■募集人数:10数名程度
■料金:35,400円(プログラム費、滞在費、食費、保険費、消費税等込み)

【第2回 お魚博士と行く子どもサマースクール 2016】
■日時:7月23日(土)~7月25日(月)(2泊3日)
■対象:小学1年生~成人(保護者)
■募集人数:10数名程度
■料金:35,400円(プログラム費、滞在費、食費、保険費、消費税等込み)

【第3回 お魚博士と行く子どもサマースクール 2016】
■日時:8月13日(土)~8月15日(月)(2泊3日)............残りあと1家庭のみ
■対象:小学1年生~成人(保護者)
■募集人数:10数名程度
■料金:35,400円(プログラム費、滞在費、食費、保険費、消費税等込み)

■内容:
お魚博士によるお魚特別講座
食事はBBQもあるよ!
シュノーケリングでフィッシュ・ウォッチング
クリアカヌーで海底観察:(底が透明なカヌーに乗ってサンゴや熱帯魚を観察しよう!)
クルージング:オセアニックボニートII号で島巡り
海のナイトサファリ:夜の海の生き物をじっくり観察しよう!
釣り体験:何が釣れるかなぁ?
島の美術館:自分でお気に入りの写真を撮り、そこに思いを込めた詩を書いて作品とし、島内に展示して皆で鑑賞します。鑑賞後は夏の想い出としてお持ち帰りいただきます。
あるいはビーチコーミングで集めた
など
■対象:小学1年生~成人(保護者)
■募集人数:10数名程度
■料金:35,400円(プログラム費、滞在費、食費、保険費、消費税等込み)
*参加費について
当プログラムは黒潮実感センター友の会の会員向けとなっていますので、この費用の中に友の会年会費3,000円が含まれています。既に会員の方は3,000円を値引きいたします。

【お申し込み方法】
下記の事項をご確認のうえ、メール・FAX・電話でお申し込みください。
なお、少人数での体験ツアーのため、誠に申し訳ございませんがお申し込みは先着順とさせて頂きます。定員に達し次第締め切りさせていただきます。
ご予約いただいた後、申込用紙をお送りいたします。
申込用紙を返送していただき、参加費をお振り込みいただいた時点で確定となります。
代表者
お名前
ご住所
お電話番号(あればファックス番号)
あればメールアドレス
ご希望のツアー
参加者全員
お名前
年齢
性別

【お問い合せ先】
NPO法人黒潮実感センター 
電話:0880-62-8022
FAX:0880-62-8023
メール:kuroshio@divers.ne.jp

http://www.orquesta.org/kuroshio/Article/ArticleView.jsp…

 

滋賀県から柏島へは・・・

もちろん、車で行けます(#^^#)

    

あるいは、

岡山か 高知 から 特急に乗って「宿毛」まで行くと

センターの方が迎えに来てくださいます。

宿毛から車で40分ほどです。

 

京都駅から高知駅へは 高速バスも出ています。

私は、いつもバスを利用していました。

   

そして、高知駅でレンタカーを借りて

海沿いをドライブしながら柏島まで行きました。

3時間半ほどです。

    

伊丹から飛行機で高知まで行くのもありですね。

そして、そこで車を借りるか、

JR高知駅に移動して、電車で「宿毛」まで行くという方法もあります。

 

    

夏休みの予定がまだ決まっていない・・・という皆さん。

ぜひぜひ、ご検討ください。

   

柏島の自然の中で

思い出に残る夏になりますよ。

 

コメント

英語の適期?

2016年06月28日 | ブログ

    

◉7月3日(日)午後 山科で開催するキッズコーチング講座

「子どもの学びをサポートする3つのアプローチ」

   

会場へのアクセスについて お知らせです。


会場:「ラクトスポーツプラザ山科」コミュニティールーム

JR山科駅、京阪山科駅、地下鉄山科駅 から 徒歩ですぐ!

   

「ラクト」とは、山科駅前のショッピングセンターです。

  

いくつか建物があるのですが、

会場があるのは、地図上で「ラクト山科ショッピングセンター」と書かれている

RACTO B(ラクトB)の建物です。

  

「ラクトB」の三条通り側(南側)のエレベーターで6Fへ上がって下さい。

(5F6Fが、ラクトスポーツプラザ山科です。)

エレベーターを降りると 目の前にプールがあります!

その同じフロアに「コミュニティールーム」があります。

  

6Fまで来ていただければ、すぐに分かります。

 
http://www.racto.jp/sportsplaza/access

    

「英語の底力」と「自ら学ぶ力」を育む

Bluebonnet英語教室のブログをご覧いただき

どうもありがとうございます。

オーナー講師でJAKCキッズコーチングアドバイザーの

Sonokoです。

     


よく、乳幼児さんのお母様から こんな質問をいただきます。

   

「まだ日本語も話せないのに 英語を始めると

混乱してしまうんじゃないかと心配ですが・・・」

   

「日本語が きちんと話せなくなりませんか?」

   

そのようなことは、決してありません。

    

日本にいて、週に1回 英語のレッスンを受けたからといって

日本語と英語で 混乱してしまったり

ましてや、日本語が話せなくなる という心配はご無用です。 

   

日本にいる限り「英語環境」は、

意識し、工夫しなければ作りだせません。

   

(逆に、いかにこの「英語環境」を作れるかによって

英語力にも差が出てくるわけです。)
 
 

何事にも「適期」というのがあると思いますが

早ければいいとか

もう 遅すぎ・・・だと 心配する必要もありません。

    

英語に関しては

「始めよう!」「やりたい!!」と思ったその時が 適期です。

    

お家で 英語の歌を聞く、

CD付英語の絵本でストーリーを楽しむ

そんなところから 気軽に初めてみて

やっぱり「英語 やりたい!」と思ったら

本格的に教室やスクールで 学び始めるのもいいですね。

コメント

ふくろう親父さん(#^^#)

2016年06月27日 | ブログ

  

「英語の底力」と「自ら学ぶ力」を育む

Blulebonnet英語教室のブログをご覧いただき

どうもありがとうございます。

オーナー講師でJAKCキッズコーチングアドバイザーの

Sonokoです。

   

このブログを読んで下さっている お父様から

メッセージを頂きました。

   

「ガミガミはいけない。

フクロウ親父にならなければ!」と、後悔されたり、

「余計なおせっかいを グッと堪えられた!」と喜んだりしながら

お子さんとの関わりに

キッズコーチングの手法を取り入れて下さっているようです。

 

こうやって、記事を読んで実践しておられる方がいらっしゃるのは

とても励みになります!

ありがとうございます(#^^#)

   

この「フクロウ」については、

今週末7月3日(日)午後 山科での

キッズコーチング講座でもお伝えします!

    

大人がちょっと 賢くなって

自分を振り返りってみると

子どもたちの反応も 大きく変わってきます。

    

http://blog.goo.ne.jp/so…/c/d7a35b5658f134450e6970706d6cb4f2

   

お母様だけではなく

子どもたちを指導しておられる先生方や

お父さま、

おばぁさま

おじぃさま

みなさまに

ぜひともお伝えしたい内容です。

   

私が キッズコーチングと出会っていなかったら

今のとても良好な 息子との関係は なかったと思います。

  

良好な親子関係のベースは「信頼関係」。

では、どうすれば 信頼関係が築けるのでしょう?

このあたりも じっくりと お伝えします!

   

小さいお子様だけではなく

思春期のお子様にも有効です☆彡

   

ぜひ、この機会にご受講ください。

コメント

山科➡膳所➡新大阪

2016年06月26日 | ブログ

   

本日もご覧いただき どうもありがとうございます。

「英語の底力」と「自ら学ぶ力」を育む

Bluebonnet英語教室のSonokoです。

JAKCキッズコーチングアドバイザーとしても活動しております。

    

少し前に、お母様方から こんなお声を頂きました。

   

「子どもが自らホームワークをするようになるには、どうしたらいいでしょう?」

  

多くのお母様が 同じように思っておられるかもしれませんね。

 

そこで、こんなのは↓どうでしょうかと 提案してみました。

   

小さな ホワイトボードとマグネットを活用して

「すべきこと」「できたこと」を一目で確認できるようにしておく。

そうすると、子どもが自主的に取り組むきっかけになります。

   

これは、ライフオーガナイザーをしているお友だちに

教えてもらったことです。

    

1人のお母様が、早速 お家で実践して下さいました(#^^#)

 

   

できたら、マグネットを〇のところに移動させます。

   

お母様も その日に子どもがすべきことを管理しやすくなりますし

子どもも 自分で 確認ができますね。

    

これで 少しずつ 自分ですることが「習慣」になると嬉しいです💕

   

さて、本日は あちこちへと飛び回っていました。

   

朝から山科へ。

英語の先生仲間の自主勉強会に参加。

教室の運営面についてや、カリキュラムのことを

みなさんでシェア。

   

膳所に移動して、発達心理学講座を受講。

  

講座で 印象に残ったことは・・・

  

「OOOしないで!」という 否定的な言い方ではなく

「OOOしようね。」と

すべきことを分かりやすく 具体的に伝えることが大切・・・だということ。

   

否定的な言葉で伝えても

じゃぁ、どうすればいいの?という疑問が残るだけです。

   

また、「応用行動分析」Applied Behaviour Analysis や

「強化子」reinforcer について、もっと知りたいと思いました。

   

気になる方は、ぜひ ググってみて(#^^#)くださいね。

 

そして、講座の後、新大阪へ行って

キッズコーチングの懇親会に参加。

   

東京から キッズコーチング協会理事長のエリカ先生が来ておられました。

エリカ先生を囲んで、キッズコーチング仲間の皆さんと

色んな話に花を咲かせ

これもまた 学びの多い 時間となりました。

   

と~っても充実した 濃い一日でした!

本日私と関わって下さいました皆さま

Thank you so much!

   

お昼は、こんなの↓  (発達心理学講座の前に) 

 

キッズコーチングの懇親会では、

こんなの↓を(他にも色々)頂きました。

 

   

そして、帰宅すると、まぁるちゃんが 待っていてくれました💖

 

コメント

”r”の発音

2016年06月25日 | ブログ

   

「英語の底力」と「自ら学ぶ力」を育む

Bluebonnet英語教室のブログをご覧いただき

どうもありがとうございます。

オーナー講師でJAKCキッズコーチングアドバイザーの

Sonokoです。

    

(土)クラスのホームワークのお知らせから(#^^#)

  

●9:40~のBrownieクラス

①英語絵本リーディング:That Is Funny

②Jolly Phonics:h と r のワークシート

 

●10:50~のPorcupineクラス

①リーディング テキスト:Unit 9をノートに書き写しましょう。

Unit10のリーディング練習をしましょう。

②Jolly Phonics:gと o のワークシート

   

以上です。

来週7月2日(土)は、レッスンはありません

次は、7月9日(土)にお待ちしております。

   

Brownieクラスの今日のレッスンでは、

”r” の発音練習に力が入りました!

       

   

4つに畳んだティッシュペーパーを前歯で挟んで

ティッシュが唾液で濡れないようにして

r を 発音します。

   

ティッシュに歯形がついているだけならOK。

ぬれちゃったら、舌が正しい r の発音の形になっていないということです。

    

分かりやすい図を見つけたので

ご覧ください。

 

   

r は、舌を後方に浮かせた状態で発音します。

l と  r の下の位置の違いが

この図で分かりますね。

   

しばらく練習した後

生徒さんたちに rabbit  red  run などを言ってもらったら

とてもキレイな正しい r の発音ができていました。

    

一度できたからといって

いつでもできるということではありません。

  

常に「舌の位置」と「口の形」を意識して

繰り返し練習することで

身につきます。

  

これからも、頑張りましょう!

 

10:50からの Porcupine クラスでも

Jolly Phonicsで みんなの発音がどんどん良くなっています。

そして、音を聞いて、その単語を綴ることもできるようになってきました。

   

単語の暗記は、結構大変なものです。

  

しっかりとphonicsを身に付けておくことで

自分で つづりが 予測できるようにもなります。

  

引き続き コツコツと 積み重ねていきましょうね💛

     

さて・・・

来週7月3日(日)13:45~15:45は

JR山科駅から徒歩ですぐの

「ラクトスポーツプラザ山科」コミュニティールームにて

キッズコーチング講座を行います。

   

「子どもの学びをサポートする3つのアプローチ」

   

自分を振り返り

お子さんとの関係で うまく行っていない行動を修正すると

お子さんも 良い変化を見せてくれます💖

   

でも、何をどう修正すればいいのか?

   

そんな疑問にお答えするのが

キッズコーチング講座です。

   

ちょっとした対応や 言葉のかけ方の工夫で

親子関係に笑顔が増え

コミュニケーションもスムーズになりますよ。

   

知っているのと 知らないのとでは

大きな違いがある・・・と

私自身が 実体験済みです!

   

ぜひこの機会にご受講いただければと思います。

ただいま、参加お申込受付中です☆彡

 

コメント

EU離脱!

2016年06月24日 | ブログ

 

「英語の底力」と「自ら学ぶ力」を育む

Bluebonnet英語教室のブログをご覧いただき

どうもありがとうございます。

オーナー講師でJAKCキッズコーチングアドバイザーの

Sonokoです!

   

年中さんクラスの 製作 HYDRANGEA

   

 

製作の過程で「生きた」英語をたくさん使っています。

私は 英語オンリーで生徒さんに声をかけながら進めます。

自然な 英語でのやりとりを促すのに

最適のアクティビティーですね。

   

小学生のクラスでは・・・

だれが?なにが?主語は?

What's the subject?  Sは?・・・など

色んな声かけをしながら、

B.B.カードのセンテンスの該当部分に線を引きました。

   

みんなしっかりと理解していることが分かりました💖

  

   

自信を持って、次のステップに進めそうです💕

   

さて・・・話は変わりますが

イギリスがEUから離脱することが決まりましたね。

   

私は、離脱しないだろうなぁ・・・と思っていたので

ちょっと(◎_◎;)ビックリしてしまいました。

   

イギリスの小・中学校時代の友人たちと

今でもfacebookで繋がっているのですが・・・

 

  

同級生たちの間でも、離脱を歓迎している人

今回の結果に 大きな懸念を抱いている人

色んな人がいます。

    

イギリスには1000もの日本企業が進出しているので

(私の父が勤めていた会社もその1つです)

これから対応に追われるのでしょうね・・・。

  

急な円高と株価の大きな下落にも繋がった

今回のEU離脱決定・・・

先が見えないだけ 不安になります。

コメント

日本語絵本を英語で

2016年06月23日 | ブログ

  

午前の親子クラスのレッスンの後、帰ろうと思ったら・・・

   

「あれ~?カギがない💦」

    

さんざん あちこち探して、

カバンの中もひっくり返して見たけど

どこにも・・・ない(~_~;)

  

そりゃぁ、ないはずですよね。

   

だって、ここにあったんだもん(〃艸〃)

 

   

また、大きなおっちょこちょいを してしまいました(^^ゞ

   

本日もご覧いただきどうもありがとうございます。

「英語の底力」と「自ら学ぶ力」を育む

Bluebonnet英語教室のSonokoです。

JAKCキッズコーチングアドバイザーとしても

活動しています。

   

さて・・・

   

1~2歳児さんの親子クラスでは

HYDRANGEAの花を 作りました。

 

  

(火)の年少さんクラスでは 絵の具を使いましたが

今日は、シール折り紙を切って

それを花びらに見立てて 貼り付けました。 

 

  

みんな可愛い hydrangea ができましたね。

   

そして、絵本は・・・

ここ数回レッスンで歌っている

Eric Jacobsenさんの ♪ You Can Do It!から繋げるために

歯磨き絵本を読みました。

 

    

日本語の絵本ですが

英語でシンプルに ストーリーを伝えます。

      

  

This is Dog.

This is Dog's tooth brush.

Open your mouth!

Brush your teeth! Brush your teeth!

と言う感じで(*^^*)

   

       

Monster is licking lollipop!

  

  

Rinse your mouth. 

お口をすすいでね!

  

 

All clean!!

   

「これ!」と思える英語絵本がないときには

日本語の絵本をこうやって英語で読むこともあります。

   

特に、まだ 文字が読めない お子さんの場合は

問題なく 絵本を見てくれます。

   

ひらがなが読めるようになると

文字が気になって

ストーリーに集中できないこともあるかもしれませんが、

まだ小さいうちなら、大丈夫です。

   

工夫次第で、

日本語の絵本も 上手に 活用できますね。

コメント

「予測脳」を育てる(^.^)

2016年06月22日 | ブログ

  

「英語の底力」と「自ら学ぶ力」を育む

Bluebonnet英語教室のブログをご覧いただき

どうもありがとうございます。

オーナー講師でJAKCキッズコーチングアドバイザーの

Sonokoです(*^^*)

 

久しぶりに(水)小学生クラスの写真を撮りました

 

   

頭の中でなんとなぁ~く理解している「文法」を

一度きちんと整理しておくために

クイズ形式で 生徒さんたちの理解度をチェックしてみました。

   

答えは 「マグネット式お絵描きボード」に書いてもらいました。

 

 

こういうものがあるだけで

生徒さんたちの 目の輝きが★違って来ます。

楽しく取り組むことができました。

   

さて・・・話は変わりまして

   

現在 高3の息子が 1歳~4歳までの3年間を

私たちは 米 ヒューストンで過ごしました。

   

その間ずっと1つの音楽教室に通い続けました。

先生のことが大好きで💖

   

  

レッスンの時には大人も子どもも靴を脱ぎ、

全身・全感覚で音楽を楽しむことになっていました。

 

だれもがみんな まさに靴を「脱ぎ捨てた」まま入室していました。

玄関のあちこちに靴が散乱( ;∀;)

これも文化の違いかなと思って見ていました。

 

私はいつも息子と自分の靴を揃えて、

邪魔にならないように隅の方に置いていました。

 

息子が1歳半を過ぎた頃だったと思います。

いつものように靴を脱いだら、

息子がきちんと自分と私の靴を揃えて、

普段私がするように丁寧に置いてくれました。

(私のすることをずっと見ていたんですね。)

  

たまたまその時、先生が 息子の様子を見ておられました♪

そして、それはそれは ちょっと大げさじゃないかと思うくらい感心して下さいました!

 

「あなたたちは いつもこうしてるの?」と聞かれたので、

「これは日本のマナーなんです。」と伝えると、

「素晴らしい!」と言って

その時から 靴を丁寧に揃えて 玄関にきちんと並べて置くことを

教室のルールにされました。

 

もちろん、定着するにはしばらく時間がかかりましたが、

私と息子の靴を見て「あ、そうそう。揃えなくちゃ!」と思い出して

揃えておられる方いらっしゃいました。

 

玄関が整然としていると、それだけで気持ちも整います。

 

そんなこともあって

=入室する時に靴を脱いだら、丁寧に揃えること。=

私の教室でもこだわっていることの1つです。

 

だけど、当たり前・・・と思うことほど できなかったりするものです。

   

何度同じことを言っても、全く効果なし・・・ 

言われるとできても、また次の時は忘れている。

毎回毎回同じことの繰り返し。

なかなか「自発的行動」になりません( ;∀;)

    

それで結局また「ちゃんと靴 そろえて!」と言ってしまう💦

   

・・・こんなことって、ありますよね。

    

そんな時こそ 一工夫💖    

  
子どもの「予測脳」を育てる言葉をかけます。

   

靴を脱ぐときに「靴を揃えなさい。」じゃなくて、

「どうするんだっけ?」と問いかけます。

自分で思い出させます。

    

(もちろんその前の段階で、靴を脱いだら揃えるということは教えておきます。)

    

思い出せない時は「靴を脱いだら揃えるんだね。」と声をかけます。
  
こうやって 繰り返しているうちに 丁寧に揃えることを覚え、

自主的に行動できるようになります。

    

ガミガミ言うよりも「どうするんだっけ?」と問いかけ、

子どもたちの主体性をも育んであげられるといいですね。

   

「主体性」については、7月3日(日)午後のキッズコーチング講座

「子どもの学びをサポートする3つのアプローチ」でもお伝えします! 

*詳細は、こちら↓です(*^^*) 

http://blog.goo.ne.jp/sonotanenglish/c/d7a35b5658f134450e6970706d6cb4f2

コメント

人は人の中で育つ💖

2016年06月21日 | ブログ

 

  

「英語の底力」と「自ら学ぶ力」を育む

Bluebonnet英語教室のブログをご覧いただき

どうもありがとうございます。

オーナー講師でJAKCキッズコーチングアドバイザーの

Sonokoです。

   

雨が降ったりやんだりの

梅雨らしいお天気の一日でした。

   

6月と言えば・・・アジサイ

hydrangea

 

筆の代わりに小さなスポンジをスタンプにして

hydrangea の花びらを描きました。

 

    

 

   

雨にはアジサイの花が似合いますね。

   

小1クラス・・・

   

Jolly Phonicsの2冊目の絵本が終わったので

今日は 総復習~(#^^#)

   

文字と音の一致

そして 3文字単語のブレンディングも しっかりとできています!

    

更に、スペリングも!(#^^#)

   

   

3文字単語を言うと

自分で綴りを考えて 書けています。

   

i  と  e  の音がちょっぴり 怪しい時があるので

しっかりと区別して聞き取り

書けるようになると good! です💖

    

B.B.カードではハートのカードを使って

2枚ずつ引いて S(主語)替え作文を言いながら

BINGOにトライ!

   

同時に2枚のカードを見つけて 裏返さないといけないので

なかなかチャレンジングです('◇')ゞ

    

   

さて・・・   

みなさんは 昨夜の NHK 仕事の流儀プロフェッショナル を

ご覧になられましたか? 

     

私は、夢中になってメモをとりながら見ました(^.^)

  

30年以上前から、

障害のある子どもや 年齢の違う子どもを一緒に育てる

「インクルーシブ保育」を実践してこられた

保育士の野島千恵子先生の特集でした。

 

         

番組の中での 野島先生の言葉をまとめてみました。

   

●自分たちで行動するよう促す。

●子ども達には「考える」ことができる。

●子どもたちは自分たちで支えあうことができる。

●人の中で人は育つ。

●子どもたちに課題を与える意見がぶつかる

ぶつかり合うことで、相手の気持ちや感情に気づかされ、人を思いやる心を育む。

●大人は「ああしろ。こうしろ。」と指示はしない。

●疑問を投げかけ、考えるよう仕向ける。

●子どもの力を信じる。大人が介入しなくても大丈夫。ただ、子どもたちに向き合う。

●子どもは他の子どもを教材として学んでいく。

●トラブルこそ成長のチャンス!

●「育つ瞬間」を逃さない。

●自分が大事にされていないと、人を大事にできない。

    

「キッズコーチング」に通ずることばかりで、

ずーっとうなずきながらTVにくぎ付けになって見ていました。

   

「育つ瞬間」を逃さない。

逃さないためには、親は手出し口出しするのではなく

しっかりと子どもに「目」をかけます。

見守ります。

そして、その育った瞬間を見逃すことなく「承認」の言葉をかけると

次に繋がり、それが更なる成長を育むことになります。

    

どうやったら子どものいいところが見つけられるの?

長所を探そうとしても、悪いことばかり気になって・・・

という保護者の方がたくさんおられます。

     

子どものいいところを見つけようとしなくてもいいんです。

子どもの存在そのもの、ありのままを

無条件に受け入れましょう。

     

 --- 子どもがいてくれること、

今日も元気に一日を過ごしてくれたこと、

無事に学校から帰って来てくれたことなど ---

当たり前に思えることに「ありがとう。」を伝えることで、

子どもは「自分はこのままの自分でいいんだ!」と認識し、

心の豊かさや たくましさを育んでいきますよ。

    

うん。がんばろう(*^^*)

   

キッズコーチング講座、只今 参加お申込受付中です💖 

 

7月3日(日)13:45~15:45

キッズコーチング講座

子どもの学びをサポートする3つのアプローチ」in 山科

詳細は、こちらで↓

http://blog.goo.ne.jp/sonotanenglish/c/d7a35b5658f134450e6970706d6cb4f2  

 

7月5日(火)9:50~11:00 

キッズコーチング ミニ 講座 (当教室にて開催)

年齢別7ステップコーチング II 

詳細は、こちらで↓

http://blog.goo.ne.jp/sonotanenglish/e/a19eeac82c19b76d5696198d47f6cf25

コメント