Bluebonnet英語教室 <滋賀県守山市>

「ブルーボネット英語教室」JAKCキッズコーチングマスターアドバイザー資格を持つ講師の丁寧なレッスン💖

Reality

2012年03月31日 | 2014年6月13日までのブログ記事


Img_0006

とうとう終わっちゃいました.....

昨日はたくさんの方がわざわざ職場に来てくださって

ずっとお別れを惜しんでいました

中には Bluebonnet 英語教室の無料体験レッスン&説明会に

来てくださる方もおられるので、またお会いすることができるので嬉しいですが

遠くへお引越しされる方もいらして、すごく名残惜しかったです......

自分だけがやめて、施設そのものは存続するのであれば

またいつでも行けば、「みんなに会える」と思えますから安心ですが

そうではないのがとっても辛いところです。

でも、前を向いて頑張っていかないといけません。

ゆっくりと思い出に浸っていたいとは思いますが

そんな余裕もないので、とにかく次へ進まないといけませんね

気持ちはただただ焦るばかりです。

それと、これからは自分で何もかもしなければいけないので、

今まで以上に気持ちを引き締めてやっていかないといけませんね。

いやぁ・・・本当にもう考えるだけでドキドキですが

やると決めた以上は、絶対に成功させないと

たくさんの笑顔があふれる教室になりますように

昨日もたくさんのお花や、お写真、プレゼントをいただきました。

本当にどうもありがとうございました。

たくさんの皆さんとの出会いが、私のとっても大きな財産であり

大切な大切な宝物です。Thank you so much!

みなさんからいただいた色んな思いのこもったプレゼントの

本の一部だけですが、写真を添付します。

120331_174601

かおちゃん、いつも美味しい KOJICA ベーカリーのお菓子ありがとう!

もっともっとお返ししないといけないのに、何もできなくて...

Thank you so much!

120331_174602_4

ふくちゃんからは、いつもかわいい靴下をいただいて、本当に嬉しかったです!

履いているだけで元気になれます。

sakiさんには、いつもいつも助けてもらってばかりでしたね

とってもとっても心強かったです。

これからも、美味しいsweets で、たくさんの人にhappinessを届けてください

120331_174603_2

こちら ↑ は、ずっと英語のレッスンを続けてくれた男の子からいただいた

思い出の写真を焼き付けたプレートです。

「えいご たくさんのことや おかしをくれたり べんきょうおしえてくれました。

ぼくは、それをきっかけにしてがんばっていきます。

えいごたのしかったですよ。」

このメッセージに色んな思いがこもっているのが伝わってきます。

いっぱい笑って、いっぱい泣いて、いっぱ~い食べて、

本当に色んなことを話しましたね。色んな気持ちになりましたね。

いっぱいいっぱい思い出が詰まっています。

どうもありがとう!!すごく嬉しいメッセージです。

Sn3g2393_2

最後に、これは「デコペン」の飾り付けされた部分の写真なのですが

すみません、ピンボケになってしまいました。

とってもかわいいドーナツがいっぱいついたペンです!

こういうのを使うと、それだけでお仕事が楽しくなりますね!!

大切にします! Thank you so much.

本当にみなさん、どうもありがとうございました。

みなさんとの出会いに心から感謝しています。

そしてまた、これから、これまで以上のたくさんのみなさんとの出会いを

心から楽しみにしています。

一人でも多くの smile に出会えますように!

私もいつも big smile で頑張ります。応援よろしくお願いいたします。

そして、いつもこのブログを読んでくださっているみなさん

本当にありがとうございます。

どこかでこのブログを通して繋がっている方がいらっしゃると思うと

毎日頑張って更新することができます。

また皆さんからのメッセージ お待ちしています!

Thank you for everything! 

I wanna give you all a great big hug!!

コメント

お別れの日は "New beginning!"

2012年03月30日 | 2014年6月13日までのブログ記事

Texasbluebonnetsfield1


とうとう今日で 現在の職場に行くのも最後...となりました

なのに、まだ実感がなくて... 

しばらくしてから、じわりじわりと寂しさがこみあげてくるような気がします。

 

そして今夜は、みんなでお食事会をしてから帰ってきます。

アメリカから取り寄せたプレゼントを用意しました。

Bluebonnet の 小さなアクセサリーケースです

 

Sn3g2374

 

Sn3g2373

 

中に、このブログでもご紹介した

Bluebonnet 英語教室オリジナルチロルチョコと

缶バッジを入れてラッピングしました。

喜んでもらえるかな?

 

では、行ってきます!!





コメント

Dumplings, bread, and sweets!

2012年03月29日 | 2014年6月13日までのブログ記事

Ckcblue20bonnet20goose


今朝は4時半に起きて、takacchoのお弁当を作りました...

部活の試合のために、貸し切りバスで奈良に行って来たようです。

と、言っても、takacchoは応援だけだったのですが、

それでもた~っぷりとお弁当を持って行きました。

眠いですぅ~

 

私の職場にある学童保育のみんなは、今日のお昼ご飯に焼き餃子を作りました。

私も助っ人でお手伝いしました 全部で99個の餃子ができあがりましたよ。

 

Sn3g2377

 

Sn3g2380

 

餃子の他には、ワカメと卵のスープ、そしてご飯もあって、

学童さんたちみんな、とっても美味しそうに食べていましたね。

私も一つだけお味見をさせていただきましたん

なかなか美味しかったです

 

今日は、食べ物にとても恵まれた一日でした。

学童さんのお母様から、手作りパンもいただきました~ 

食パン、桜の塩漬けをトッピングしたあんぱん、

それから、スコーン  全て酒種を使っているそうです。

ご覧下さい↓ 本格的なパンです! 帰宅してすぐ食べてみました。

丁寧に作っていただいたのがとてもよくわかる

とってもとっても美味しいパンでした~

 

Sn3g2379_2

Sn3g2378_3

それから、それから、こちら↓は、ミルフィーユとチョコケーキです。

sakiさんが、お使いに行ったついでに、買ってきてくださいました

かおちゃんと両方のケーキを半分ごっこして、仲良くいただきました

 

Sn3g2383_2

 

甘いものをいただいている時って、なんだか疲れとか眠気も少し和らぎます

幸せいっぱいのひと時です。

 

それからですね~、こちら↓は、おじいちゃんのお誕生日のお祝いに

sakiさんにお願いして作ってもらったいちごタルトです。

もう、やみつきになりそうなくらい、美味しかったです。

おじいちゃんも、sakiさんはこんなのも作るの?すごいなぁー!!と、驚いていました

 

Sn3g2382_2

 

さて、いよいよ明日で現在の職場がクローズします。

まだまだ実感がなくて.... きっと、自分の教室オープンを目指して必死だからでしょう。

ちょっと落ち着いた頃に、寂しさが押し寄せてきそうな気がします。

 

ところで、takacchoは、明日朝6時半に家を出発するそうです。

ということは、5時半過ぎには起きて、朝ごはんとお弁当を作らないと

 

いやぁ、しかし、明日で本当に最後とは....いまだに思えないです。

 

 

 

 

 

コメント

目、肩、腰に...来てます。

2012年03月28日 | 2014年6月13日までのブログ記事

Flower21


♪ 目 肩 腰に OOOOOO  とかいうTVコマーシャルがありましたよね

まさに、そんな状態です.... 

一日中パソコンの前に座って、色々と考えながら書類を作っていました。

目はしょぼしょぼ... 肩はガチゴチ 腰はイタイイタ~イ

いけません、運動不足です....  

 

一方、takacchoは、部活が突然のオフになったので

お友達と3人で自転車に乗って草津のイオンモールに行っていました。

初めての自転車での遠出だったのですが、無事に帰宅し、母は正直ホッとしました.... 

しか~し いくら自分のお小遣いとはいえ、使い過ぎ~

 

これから、もっともっと行動範囲が広くなるし、

お金の使い方にも注意が必要になってくるお年頃です....

どんどん親の手から離れていくようですが、

まーだまだ心配だらけのtakacchoです。

本人はでっかくなったつもりでも、一人前には程遠いですよ~

って、こんなこと言っている私ですら、まだまだ未熟なのですから

あまり大きなことは言えませんが(反省)

takacchoを縛りすぎてもいけないし、放任しすぎるのも心配だし、

そこらへんのバランスで色々と気を使う毎日です。

基本的には大事なところ、言うべきことだけはちゃんと言って

あとは、本人の良心にまかせようと思うのですが....

う~ん、なかなか難しいですね。私も、やっぱり、まだま~だです

 

そして、明日takacchoは、先輩の試合の応援で、奈良に行きます。

午前5時25分に家を出る.......そうですぅ..... 

ということで、わたしは5時前に起きて、お弁当の準備をすることになります

考えただけで、眠いです

 

コメント

感動

2012年03月27日 | 2014年6月13日までのブログ記事

Img_0008

          

朝からtakaccho の喘息の「肺機能検査」のためにかかりつけの小児科に行っていました。

私よりも背が高くて大きいのに、まだ小児科というのもなんだか不思議です。

身長166cm 体重57キロになりました。(わたしじゃないですよ~

 

検査の結果は、前回と変わらず.... やはり、まだ完治はしていないようです。

喘息を持っている人特有の結果が出ていました

この2年ほどは、全く発作も、症状もほとんど出ていないんですけどね。

まだお薬は止められそうにないです。     

 

小児科で待っている間、色んな子どもたちの様子を観察していました。

一人の2歳前くらいの女の子が、キューピー人形を抱っこして

何だか一人で話しかけていました。

それが、とってもかわいくて...

とってもはっきりと、上手にお話していたので驚きました。

きっと、おうちの人の真似をしてお人形に話しかけていたんでしょうね。

 

人が生まれて、言葉を習得していく過程というのは、本当にとても不思議です。

生まれたときには泣くことしかできなかった赤ちゃんが

個人差はありますが、だいたい2歳を過ぎる頃には言葉もはっきりとして来て、

語彙や表現も増えて、とっても楽しく意思疎通ができるようになります。

毎日毎日、おうちの人や、自分の周りにいる人々の声を聞いて、

それを真似て、そして自分の言葉として使っていくうちに

自然とどんどん習得していくんですね。

 

英語も、日本語と同じ量を毎日聞いて、真似ることができたならば

自然と習得することができるのでしょうが、

日本にいて、英語を身につけようと思うと、やはりそれなりの努力が必要になってきます。

あ、でも、「努力」っていう言い方だとなんだか楽しくないし、しんどいイメージなので

あまりこう言うのは相応しくないのですが...

 

ようするに、おうちでも英語の環境を作って、

家族みんなで英語を楽しめる雰囲気が大切になってきます。

教室の週1回のレッスンは、とっても貴重ではありますが、

それ以上に力を発揮するのが、やはり毎日の家庭でのちょっとした取り組みです。

「継続」がとっても~っても重要です!

結果をあせることなく、あきらめず、

こつこつと毎日続けることが一番のポイントになると思います。

 

ここは日本なのですから、やはりうまく工夫して、

家族みんなで楽しく英語に触れる環境を作ることが必要になってきます。  

そんな環境作りのアドバイスや、親子のふれあいEnglish なんかも

保護者の皆さんに伝えていく活動もしていけたらなと思っています。

 

無理することなく、楽しめる範囲で、こつこつと小さな努力を積み上げていけば

それが、きっと大きな力になると思います。    

 

すみません、また偉そうなことを書いてしまいましたが、

簡単に英語を話せるようになる「魔法」や「お薬」はないんですね。

楽しく、こつこつ、毎日、家族みんなで!! うん、がんばりましょう!

 

急なことだったのですが、

今日は、東京本社から現在の私の職場の社長がいらっしゃるということで、

お休みをいただいていましたが、夕方少し職場に顔を出してきました。

随分と前になりますが、一時期、私の今の職場に社長が勤務されていたことがあるそうです。

色んな思い出がある分、とても複雑な心境でいらっしゃったと思います。

だけど、決まったことはもう仕方が無いので、私は前を向いて頑張ろうと思います!

現実を変えることができない以上、ぐずぐずと立ち止まっていても、どうにもなりません。

でも....毎週のように会っていた生徒さんや保護者の皆さん、

それから、毎日当たり前のように会っていたスタッフのみんなと

あまり会えなくなってしまう現実だけは、とってもとっても寂しいです

今週の金曜日が最終日です.....

 

寂しい別れがある一方で、新たな出会いが待っているので

なんとか、前向きに頑張っています。

今夜も、たまたまネット検索で 私の英語教室を知って下さったご家族にお会いしました。

無料体験レッスン&説明会に来ていただく前に、教室と私の顔を見ていただいておくと、

当日 安心して来ていただく事ができるのではないかなと思い、お誘いしました。

とっても楽しくて、元気いっぱいの姉妹さんと、ご両親が来てくださいました。

"Thank you so much for coming!" どうもありがとうございました。

お会いできてとても嬉しかったです!

ご家族のご期待に添えるように、頑張らないといけませんね

会いに来てくださった、その時の「感動」がいつまでも続くように

精一杯のことをしていこうと思います。

 

思い出していたのですが、色々としてきた習い事の中で、ずっと続けたいと思ったのが

Houston に住んでいた頃に takacchoを連れて行っていた音楽教室 Musikgarten でした。

どうしてそんな風に思ったんだろう?と思い返してみると

やはり、先生からいつも「感動」をいただいていたからです。

Leilani 先生からは、音楽だけでなく、子育てのスタンスや、ティーチャーとしての姿勢を

色々と学ばせていただきました。人としてたくさんの魅力をお持ちの先生でした。

takacchoが成長する姿も、その教室でたくさん見せていただきました。

そして、いっぱい感動しました!!

だからこそずっと続けたいと思い、先生のことを今でも尊敬しているのだと思います。

私も、Leilani先生をお手本に、英語を教えるだけではなく、

保護者の皆さんともたくさんコミュニケーションをとって、

お互いに色んな感動をもらったり、与えたりする関係が築けたらなと思います。

"Bluebonnet - English and more!" 

英語だけじゃなくて、それ以上のものを

一人でも多くの人に提供できるよう「こつこつと継続して」やっていきたいと思います

今日の曲は Emotions ・・・Celine Dion & Destiny's Child が歌うものと、

Bee Gees の歌を聞きくらべてみてください

 

 

</object>


YouTube: Celine Dion & Destiny's Child - Emotion

</object>


YouTube: Emotions_Bee Gees

 

 

 

 

コメント

どたどた、ばたばた!

2012年03月26日 | 2014年6月13日までのブログ記事

Bluebonnetfieldatduskcreditlarryurq


あっという間に、本当に「なにしてたんだろう?」って思うほど

あっという間に一日が終わってしまい、

済ませてしまいたいことが、なかなか思う通りにはかどらないことに

頭が痛い今日この頃です

 

一人ですると、何でも自分で決められる分、

するべきことも全て一人でこなさないといけないので、

てんてこ舞いの毎日で、猫の手も貸して欲しいですね~。

いや、ハムスターの手でもいいくらいです!!

特に、今は、開業準備があるので仕方がないのですが、

しっかりと準備して、なんとか皆さんに喜んでいただける教室にしたい!!との思いは

た~っぷり、ど~っぷりと、あるんです

無料体験レッスン&説明会にご参加くださる皆さんの顔を思い浮かべながら

色んなことを思い描いて、準備をすすめています   

 

なんとか頑張っているので大丈夫なんですけど、

こんな ↓ 心境にならないよう、ほどほどに頑張りま~す

</object>


YouTube: Help - The Beatles

 

コメント

Time to Say Goodbye

2012年03月25日 | 2014年6月13日までのブログ記事

Bluebonnet1


数日前のことなのですが、英国から air mail が届いていました。

開封すると、中には白地に黒い文字の書かれた教会の名前入りの

リーフレットが入っていました。  

 

よーく見てみると・・・英国の中学校で私のクラスの担任だった先生の名前と、

その下に 11.03.35 - 18.02.12 という数字が... 

最初はその数字が意味すること、どうして先生の名前が大きく書かれているのか、

そして、なぜ教会名も書かれているのか、ぜんぜんピンとこなかったのですが

よくよく考えてみると、その数字は誕生日と命日.......

1935年3月11日が誕生日で、2012年2月18日が命日???

ハッと思いました         もしかして、先生が亡くなられた? 

それから鼓動がどんどんどんどん早くなって、頭の中が真っ白に。

 

恐る恐る同封されていたお手紙を見てみました。

先生のご主人からのお手紙でした。

"It is with great sadness that I write to say

that Valerie died on February 18th, bravely fighting cancer."

大変悲しいお知らせです。

Valerieは懸命にがんと戦いましたが、2月18日に亡くなりました...

 

中学2年の終わりまでの5年間を英国で過ごしたので、

地元の中学校の第3学年の途中で帰国したことになります。 

英国の中学にいた2年半と少しの間、担任の先生はずっと同じでした。

とても英国人らしい女性の先生で、家庭科が担当でした。

すごく可愛がってくださって、英国のお菓子の作り方はこの先生から色々と教わりました。

(今はこんなですが授業中はいつもすごく真面目だったんです。)

私が帰国してからもずっと、旅行に行くたびに絵葉書を送ってくださいました。 

 

そして、大学生になって久しぶりに英国を訪れたときも、

その後何度か訪れたときにも、

必ずご主人と一緒に私を迎えに来てくださって、

家に招いてくださったり、食事に連れて行ってくださったりと

それはそれは本当に良くしていただきました。

 

ご主人のお手紙によりますと、私に特別な思い入れがあって

ずっと私のことを気にかけてくださっていたそうです。

そして、私から便りが届くたびに、とっても喜んでいてくださったと。 

 

 

いつか英国に息子を連れて行って、先生にも会ってもらおうと思っていました。

とってもとっても残念でなりません.......

でも、こうやってわざわざご主人が私に知らせてくださったことに心から感謝しています。

 

英国の人は、自分たちとは全く面識がなく、しかも、海外にいる人に対してでも、

こういうお知らせは身内の方がしてくださいます。

これまでにも向こうで私たち兄弟のことをとっても可愛がってくださった方々が

ご高齢になられて、すでに亡くなっておられます。

そのうちのお二人が亡くなられた際には

この先生のご主人のように、ご兄弟の方が、私にお手紙で知らせてくださいました。

いずれもすごく悲しいことだったのですが、

わざわざお手紙を書いて、エアメールで知らせてくださったことに、とても感謝しています。

もちろんご兄弟の方とは、今でもクリスマスカードの交換を続けています。 

これも、何かのご縁です。   

 

今回の担任の先生のことも、もう会えないんだと思うと、とっても悔しくて悲しくて

残念で仕方がないのですが... 

私の中では思い出とともに、ずっと生きていて下さいます。 

この先生の写真、実はこのサイトのフォトアルバムにも以前から載せています。

英国の写真を載せているページにありますので、よかったらぜひご覧になってみてください。 

先生に「Sonokoはやっぱり頑張りやさんだ!」と喜んでいただけるように

しっかりと前を向いて頑張って行こうと思います。

 

♪ Time to Say Goodbye  

 

</object>


YouTube: Sarah Brightman & Andrea Bocelli - Time to Say Goodbye 1998 Video stereo widescreen

 

こちら↓は、Sesame Street バージョンの Time to Say Goodbye ではなく、

Time to Say Good Night です。

もちろん歌詞も Sesame Street のお話に合わせたものになっています。

 

</object>


YouTube: Andrea Bocelli sings Elmo to sleep

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

どんどん進め~!

2012年03月24日 | 2014年6月13日までのブログ記事

Img_0004

 

今日は一日中教室にこもって、教材や教具・おもちゃなどを整理収納していました。

どんどん開業準備を進めています。

でも、まだまだすべきことがたくさんあって、一日が30時間くらいあればなぁと思います。

しかし、なんだか体のあちこちが痛いです... 慣れない力仕事をしたりするからでしょうね

 

なるべく教室はすっきり広々と使いたいので、余分な家具類は置きたくないのですが、

絵本用の本棚は絶対に必要ですね。じっくりと考えようと思います。 

 

さて、弟が無事に米国から日本に本帰国しました。

お土産に大好きな pecan nuts をもらいました。    

 

120324_212002

 

今夜のtakacchoは、大興奮でした

日本で初めて外食でステーキを食べたんです

Houstonに住んでいた頃には、ステーキハウスでアレルギー対応をしてくれたので

子ども用のステーキ(・・・と、言っても、草鞋のようなサイズ!)を食べたことがありましたが、

日本では、なんと、中学1年生にして初めてでした~

赤ちゃんの頃からずっと色んなアレルギーがあって、外食も随分と制限されてきました。

でも、今夜は、「なにこれ?!うんま~!めっちゃ美味しいなぁ!」と言いながら

大喜びで食べていました

更に、おじいちゃんが食べていたトンカツも分けてもらって、「美味しいもんやなぁ~」と

ずっとずっと感激していました。

 

あとは、乳製品と、ピーナッツ、甲殻類が食べられるようになって、

それほど加熱していない卵を食べても腹痛にならないようになると・・・いいなぁ

 

でも、こんなのが食べられるようになって、私も感激です!!

「なぁ、今度はいつ来る?」と言われましたが、そう頻繁には無理です

だって、takaccho、3人分くらいを一人で食べるのですからね

今夜は、昨夜日本に戻って来たばかりの弟がご馳走してくれました

「ごちそーさまでした ありがとー

 

takacchoに早速、「ほんまに今日のステーキは美味かったなぁ。で、今度はいつ行く?」と

催促されてしまいました 

でも、これだけ喜ぶとは思ってもいなかったので、値打ちがありますね!

 

今日の一曲です。

 

</object>


YouTube: "I've Been Working On The Railroad" - with The GiggleBellies- train music video for kids

コメント

Mask

2012年03月23日 | 2014年6月13日までのブログ記事

Img_0005

 

この写真を見るたびに、何を見て驚いてたのかなぁ?と思います。

恐らく、近くに虫でも飛んでいたんじゃないかな?と・・・

手がすごく気持ちを表していますよね。

 

takacchoの学校も、明日から春休み・・・と言っても、

部活があるので毎日忙しいとは思いますが、

昨日、美術の授業で作ったという仮面を持って帰ってきました。

 

120323_074202

 

うん、takacchoらしい いつもの作風です

版画もあります。これは、大きなカレンダーになっていましたが、

版画の部分だけ写真に撮りました。

 

120323_074201
 

いったい何だかわかりますか?

海にいる大きなマンタレイ・・・ だそうです。

 

今夜 New Jersey から 弟が日本に戻ってきました。

5年?6年?くらい住んでいたと思います。

次は名古屋でお仕事だそうです。    

takacchoは「としくん兄ちゃんがアメリカにいる間に、遊びに行きたい」と言っていたのですが

それは、無理になってしまいましたね・・・

 

Sn3g2367

 

またまた、かおちゃんに、美味しいお菓子をいただきました~

これは、シュークリームなのですが、とってもspecialなお味でした。

中には普通のカスタードクリームではなく、

カラメル風味のクリームがたっぷり入っていました。

これほど美味しいシュークリームがあるとは・・・

今まで食べた中で一番です

 

120323_202301 

 

今日は、かおちゃんの可愛いワンちゃん「ふくちゃん」にも会えました

かなり緊張していた様子で、全身がブルブルと震えていましたね。

とってもとってもかわいい ふくちゃんでした

ふくちゃんのご飯は、かおちゃんが手作りすることもあるのだそうです。

詳しくは、ぜひかおちゃんのブログで!

(このサイトの左サイドバーに、リンクを貼り付けています。)

 



コメント

春色

2012年03月22日 | 2014年6月13日までのブログ記事

 

春色

 

すぐ近くの住宅地で、菜の花が一面に咲き誇るお花畑を見つけました。

春・・・なんですね。

 

春色

 

sakiさんのお菓子も春色で、とても楽しげです 

それに、とっても美味しそう~。

これで、3,000円だそうです。 

ご注文されたい方は、このブログの左サイドバーにある、

saki's sweets のリンクからどうぞ

最近は注文が多く、とてもお忙しい様子なので、

ご注文ご希望の方は、お早めにご予約されることをおすすめしま~す

saki's sweets PR担当の(?)Sonokoでした

 

Sn3g2354 

 

 

こちらは、sakiさんが昨夜 お菓子教室で作ってこられたもタルト。

キレイな緑色はピスタチオのペーストの色だそうです。

食べましたよ~ イチゴが甘酸っぱくて、ピスタチオのいい香りがして

初めて食べるお味でした~ まだまだ珍しいお菓子があるものですね

 

私も以前はよくケーキを焼いたり、パンを焼いたりしていたことがありましたが、

takacchoが生まれてからは、食物アレルギーがあるので

全くそういったことから離れてしまいました・・・

英国の家庭科の授業で習ったお菓子類のレシピノートがまだ手元にあるので、

本場英国のスコーンなんか、作ってみたいですね。

まだ日本では、英国と同じスコーンを見たことがありません。

スコーンという名で売られているものを色々と買ってみたこともありますが、

どれも英国のものとは違います・・・

やっぱり、自分で作らないといけませんね 

    

まだ肌寒いさが残っていますが、

穏やかなポカポカ陽気の春と一緒に たくさんの方々が

Bluebonnet 英語教室に来て下さいますように。 

 

コメント