Bluebonnet英語教室 <滋賀県守山市>

未来を見据えた豊かな英語力の土壌を育む「ブルーボネット英語教室」

ドイツ映画『はじめてのおもてなし』

2020年10月12日 | ブログ

Bluebonnet英語教室ブログをご覧頂き

どうもありがとうございます

 

--------------------

 

単発「親子英語レッスン」😊💕

🎃10月は「英語と音楽で👻HALLOWEENを楽しもう!」

詳細は、こちらをご覧下さい♪


● 今年4月の開講を目指しておりました

新親子クラス(0歳からの未就学児 対象) Blue Laleの 体験レッスンは

コロナ拡大予防のため 見合わせておりますm(__)m

(インタラクションや触れあいのあるアクティビティーがたくさんあるので)

 

----------------------

 

昨日は 英検の日でした。

教室からは、5名の生徒さんがチャレンジ!

お疲れ様でした😄👍

 

みんな 力を出し切れたかな?

 

あとは 結果発表を待ちましょう💕

 

-----------------------------

 

お友達のオススメのドイツ映画を観ました。

 

映画『はじめてのおもてなし』予告編

 

=STORY=

 

ミュンヘンの閑静な住宅地に暮らすハートマン家のディナーの席で、

母アンゲリカは難民の受け入れを宣言。

 

教師を引退して生き甲斐を見失った彼女は、

夫リヒャルトの反対を押し切って、

ナイジェリアから来た難民の青年ディアロを自宅に住まわせる。

 

家族ははじめてのおもてなしに張り切るが、大騒動が起きてしまう。

さらに、ディアロの亡命申請も却下に。

 

果たして、崩壊寸前の家族と天涯孤独の青年は、

平和な明日を手に入れることが出来るのか──?

 

いちばん身近にいながら、

お互いを理解できずにバラバラになっていたハートマン家の人々。

 

難民の青年との出会いをきっかけに人生を見つめ直し、

生きる喜びを取り戻していく心温まる物語は、

外国人との文化や習慣の違いによるハプニングの連続に

笑ったり 泣いたり・・・。

(2016年度ドイツ映画興行収入NO.1を記録)

 

女性は結婚し子供を産み、

家庭を守るものという考えの

ナイジェリア人難民青年と

ドイツ人家族との

文化や価値観の違いから来る やりとりが

とても 興味深く 面白い 作品です。

 

映画を通して 異文化を知る。

いいですよね!

 

世界には 色んな習慣、価値観、考え方があり

違いがあっても お互いに理解を深め

同じ地球市民として共存していくことが

世界のハーモニーを保ち

平和の実現に繋がるのでしょうね。

 

この映画、私はAmazon Primeで 観ました。

ご興味のある方はぜひ

ご覧になってみてください。

 

----------------------

 

まぁるとお散歩に行ったら

教室の敷地にいるニャンコさんに遭遇!

 

まぁる VS ニャンコ

 

ニャンコさんは身体を大きく見せるポーズをとって

「シャー!!」っと 威嚇してましたが

まぁるは 全く動じることなく

向かっていこうとしました(^0^;)(^0^;)(^0^;)

 

猫パンチ くらっちゃうんじゃないかと思いましたが

大丈夫でした(^0^;)

 

-------------------

 

話が前後しますが・・・

 

昨日は まぁると 久し振りに

ちょこっとお出かけしてみました。

 

「びわこ箱館山」には

ワンちゃんOKのゴンドラと

リフトがあるんです。

 

ペット料金というのがあって

ペット連れで乗れるんですよ。

 

ゴンドラは 混雑していない時には

家族単位で乗れるので

コロナ対策としても嬉しいです。

(昨日は 台風の後ということで

あまり人はいませんでした👍)

 

そして、あちこちで

「手指のアルコール消毒をお願いします。」と声をかけられ

消毒をしました。

 

屋内の施設には入らず

外で 思いっきり 景色を楽しみました。

 

 

風も 風鈴の音も 心地良かったです✨

 

 

奥びわ湖の眺めが 最高でした!

 

帰りの車の中では

まぁる 爆睡してました

 

ワンちゃん連れで行けるところが

もっともっと増えたら いいなぁ~💕

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 色々と 書いてみました😊 | トップ | 陽なた村 小さな秋フェスタ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。