つれづれおもふ

思えば遠くに来たもんだ~ぼつぼつ語る日々の出来事

娘へ

2012年02月22日 | 子育て

「貴女の人生は25日で終わるわけではなくて、その先もずっとずっとあるの…

母は25日よりも貴女のその長い人生が大事だから、学校に行くのをやめない?」

「学校でないと勉強できない」と目を三角に、口を真一文字にして通っていた娘に提案した。

あっけないほど簡単に頷いた彼女に、ああ苦しかったんだと思った。

ごめんね・・・そんなにつらかったんだね。早く気がついて言ってあげればよかったね。

ここから先、貴女に役に立つことをどれだけ言ってあげられるか分からないけれど、

母がかますはったりに、一昨日より昨日、昨日より今日と、貴女が明るくなってきたのを感じています。

任せておきなさい。母は勉強はさっぱりだけれど、結構いろいろ経験済みだよ。

貴女の様子をみながら、そこん所の話を少しずつしていくから・・・

胸をはっていい。 貴女の頑張りは周りのみんなが知っている。 貴女が貴女を認めなかったら、貴女が一番かわいそうだ。

貴女はそれだけ頑張ったんだ。 「私に答えられない問題はない」くらいの気持ちを持てば、必ず答えを導き出せる。

「誠実に裏打ちされた精一杯のはったり」をかましてくればいいの!

その精一杯は、必ず試験官の目に留まるから。

だって、彼らは何千、何万もの答案をみているの!プロなのよ!

貴女が本物だってことを必ず見抜くわ。 それは間違いない。 大人ってそういうものだから・・・。

大切な娘へ、何よりも、貴女が生きる人生が一番大事で、合格することはその次の出来事。

貴女が胸張って生きることが、一番一番大切なことなのですよ。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 新参者…東野圭吾 | トップ | 公ちゃん --哀悼 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (リードオルガン)
2012-02-22 15:24:18
はじめまして、
いつも読ませて頂いています。

「娘へ」を読んで泣きました。
家も二男の大学受験真っ最中です。
長男の時に、割合とスムーズに行ったので、
母親として肝が据わっていないというか、
任せておきなさい、どころか、
私大が上手くいかなかったことで、
息子に気を遣わせているような状態で、
メソメソしていました。

でも、こんなんじゃいけない、って
強く思わされました。
ありがとうございました。
大切な息子が胸を張って行けるように、
私が強くなります。
Unknown (もも吉)
2012-02-22 21:26:32
そうですよ。
未来への道は一つじゃない。
そして目指しながらいろいろな経験をしていろいろなことに気付く。
つながった道を信じることでどんどん開けていく。
大人はだてに年くってませんよね(笑)

リードオルガンさんへ (大家)
2012-02-23 08:44:47
コメントをありがとうございます。

あとから読み返すと恥ずかしくて仕方が無い私の文章が、リードオルガンさんの力になれたとしたら…そんな幸福に浸っています。

恥ずかしいことはもうひとつ。
私こそが、怖くて怖くて仕方がないんです。それでも一番怖くて前へ進めなくなっている娘の手前、これと言った自信もないのに見栄っ張りで胸を張っています。このブログに書くことで、「これでいいんだ」と自分に言い聞かせています。

望んでも大学に進学できる環境が整わないお子さんがいることを考えたら、何を甘ったれたことをと言われても仕方がありませんが、それでも、苦しんでいるわが子を助けてやりたいと思います。

娘はこの三日ほど、大好きな嵐のCDをきいたり、メールをチェックしたり、気が向いたように過去問を開いていました。
「私、今日は図書館行って勉強してくる。これではいけにもんね」と言いだしました。
間にあったかどうか、体の調子と心の調子。
まだ未熟なあの世代が持て余すのは仕方がないことです。

わが子もリードオルガンさんの息子さんも、そして、希望を持つ受験生すべてが、「いい受験」をすることを願ってやみません。

そして、私個人としてはリードオルガンさんと繋がったこの縁が長く続くことを願っております。
もも吉さんへ (大家)
2012-02-23 08:46:35
年齢というものは、見えないものが見えてきて、見えていたものが見えなくなる。
不思議なものですよね。若いころに今感じていることがわかったら、全然違ったでしょうね!
Unknown (リードオルガン)
2012-02-23 17:05:15
「私こそが、怖くて怖くて仕方がない、」という文章を読んで、また泣いてしまいました。
(泣き過ぎですね・・・)
でも、何も出来ないからこそ、何があっても受け止める!そう思えます。ありがとう。

明日は試験受ける街に息子と一緒に行きます。
長男の時も、二男の私大の時も1人で行かせましたが、今回だけは「そこにいるだけ」ですが、そばに居てやりたいと思ったものですから。
・・・生まれて初めて行くことになる街です。

私もこの繋がった縁が長く続くことを願っております。そう書いて頂いて嬉しかったです。
ただ私のブログにも書いてあるように、夫のインド赴任もせまっており、しばらくPCの前で十分な時間が取れないかもしれませんが、必ずまた書き込みます。

明後日が、いろいろな意味で良い日になりますように、祈りつつ・・・

リードオルガンさんへ (大家)
2012-02-26 09:24:02
コメントチェックが遅くなりました。

今日は26日です。うちの娘は昨日で終了しました。札幌は晴天です。

子どもたちの未来が明るく照らされているように感じています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。