仙丈亭日乘

あやしうこそ物狂ほしけれ

【2010 FIFA ワールドカップ】 南アフリカ大会 開幕!

2010-06-12 10:13:03 | Sports
開幕戰は、地元の南アフリカとメキシコの試合。

風呂から出て、TVを觀たら、既に後半戰も殘りわづかだつた。
スコアは1-1。
南アフリカが健鬪したと云へるだらう。
ゲームそのものは殆ど觀てゐないのだが、なにはともあれ驚いたのが、蜂やアブの羽音のやうな音。
1978年夏、尾瀬北方稜線の大白澤池でテントを張つた翌朝の音を思ひ出した。
あの時のアブの羽音は凄じかつた・・・

で、この南アフリカでの「羽音」の正體はといふと、「ぶぶ漬け」ぢやなくてブラゼルでもなくて・・・ブブゼラといふ樂器なのださうな。
民族樂器を使ふのはいいのだが、私にとつてはいまひとつ・・・
「ええい、やかましいわ!」
といふ氣持ちなのだが。



次の試合は、フランスとウルグアイ。
フランス0-0ウルグアイと、2試合連續でドロー。

この試合、ゲームそのものは凡庸だつた(特にフランス)が、個々の選手の動きはさすが世界のトップレベルだと思つた。
何より動きが速い。
當たりが強いし、またその當たりに強い。
ボールが出されるであらう地點でフリーになつてゐる勘(センス)の良さ。
これは日本のサッカーのレベルとは違ふ。
冗談にもベスト4だのよくぞ云へたものだ。

主審を勤めた西村さん、ヒートアップする兩チームの選手たちをよく制禦されてゐたと思ふ。
毅然とした態度が彼らの信頼を勝ち得たのだらう。
某N國の首相にもかういふ毅然たる態度で臨んで貰ひたいのだが・・・
それはさてをき。
主審にとつてもストレスフルな試合だつたと思ふ。
西村さん、お疲れさまでした!
それから、お名前は存じ上げないが、線審のかたも、お疲れさまでした!





コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 20100610_賢い穗高くん | トップ | 【2010 交流戰】 6/12 ○ 阪神... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿