仙丈亭日乘

あやしうこそ物狂ほしけれ

ジャン・サブレネー クレマン・ド・ ロワール  テート・ド・キュヴェ

2014-02-12 08:15:57 | 百薬の長
 
 
 
 
2月11日飲了。

A.O.C.クレマン・ド・ロワールで、パリ農業コンクールのゴールドメダル受賞酒。

いつから家にあるのか覚えていない。

たぶん6本で6~7千円のセットの1本だろう。

エチケットがユニークで、飲むのを楽しみにしていた。
それと特筆すべきはボトルの立派さ。
この重さはタダモノではないと感じさせられる。

クレマンだけに泡立ちはおとなしく、少々物足りなさを感じるが、それだけに繊細な印象。
香りも味わいも繊細で、どんな料理にも合いそうだ。
風呂上がりにがぶ飲みするにはもったいない。






コメント   この記事についてブログを書く
« ノートン・エクストラ・ブリ... | トップ | 休日出勤後、新世界へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

百薬の長」カテゴリの最新記事