仙丈亭日乘

あやしうこそ物狂ほしけれ

東野圭吾

2007-01-27 23:17:31 | 讀書録(作家検索)
私がこれまでに書いた、東野圭吾作品のレビュー一覧。
2003年12月以降に讀んだもの。

自分でもどの作家のどの作品についてレビューを書いたか判らなくなつてしまつたので、
作家別の索引を作つてみた。



「殺人の門」 東野圭吾
お薦め度:☆☆☆
2007年1月16日 讀了


「手紙」 東野圭吾
お薦め度:☆☆☆☆
2006年11月10日 讀了


「レイクサイド」 東野圭吾
お薦め度:☆☆☆
2006年4月3日 讀了


「鳥人計画」 東野圭吾
お薦め度:☆☆☆
2006年4月2日 讀了


「天空の蜂」 東野圭吾
お薦め度:☆☆☆☆
2006年3月29日讀了


「白夜行」 東野圭吾
お薦め度 : ☆☆☆+α
2006年3月22日讀了


「予知夢」 東野圭吾
お薦め度 : ☆☆☆+α
2006年1月21日讀了


「ゲームの名は誘拐」 東野圭吾
お薦め度 : ☆☆☆☆
2006年1月20日讀了


「探偵倶楽部」 東野圭吾
お薦め度 : ☆☆☆
2006年1月18日讀了


「変身」 東野圭吾
お薦め度 : ☆☆☆☆+α
2006年1月17日讀了


「時生」 東野圭吾
お薦め度 :特選 ☆☆☆☆☆
2005年10月11日讀了

時生

講談社

このアイテムの詳細を見る



「片想い」 東野圭吾
お薦め度 : ☆☆☆☆
2004年8月19日讀了


「超・殺人事件―推理作家の苦悩」 東野圭吾
お薦め度 : ☆☆☆
2004年5月19日讀了


「ブルータスの心臟」 東野圭吾
お薦め度 : ☆☆☆
2003年12月13日讀了



コメント (8)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 「殺人の門」 東野圭吾 | トップ | 1月27日の寫眞_午後 ( D... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たいがーたいがー)
2006-04-02 22:52:34
東野作品はほとんど読みましたが、個人的にはパラレルワールド・ラブストーリーが一番最高!是非是非読んでみてください!
ありがたうございます (仙丈)
2006-04-02 23:04:31
たいがーたいがーさん



コメントありがたうございます。

パラレルワールド・ラブストーリー、讀んでみたいです!

ご紹介、どうもありがたうございました。



けふはタイガース、いいゲームでしたね!

トキオ (たいがーたいがー)
2006-04-03 00:06:02
タイガース大勝や!

トキオの文庫本のオビには「あの子に訊きたい、生まれてきてよかった?」となってますよね。一方、トキオ発売の時の東野圭吾が一部の本屋等で出していた直筆のコメントには「この主人公は俺、バカなところが俺、夢もバカなところが俺」とあります。この両者のギャップに着目して再度読むとまたこれが面白いんです!
時生 (仙丈)
2006-04-03 00:16:39
たいがーたいがーさん



私の東野作品のベストは「時生」なんです。

父と子の關係が、あの異常な時間の中で見事に表現されてゐました。

息子への視線より、どちらかといふと父への視線が暖かかつたですよね~

秘密 (呑む気父さん)
2006-12-30 23:17:21
「秘密」は読んでいませんか?
私は大好きですよ。娘に乗り移った(?)妻の気持ちがやるせなくて泣けます。
映画の広末涼子と小林薫も良かった・・・。
祕密 (仙丈)
2006-12-30 23:29:10
呑む気父さん

2003年の11月以前に讀みました。
娘でありながら妻の心を持つ。
遣る瀬ないストーリーでしたよね。

映畫は見てゐないのですが、なかなか評判は良かつたやうですね。
無意識の領域 (福田浩司賞味大臣)
2008-07-29 05:49:05
片想い読みました。途中でこんがりがりそうな難しいテーマですが秘密自体ストレスでなかなか幸福のとげになりそうなのに複雑な境遇だとね。今の良識基準でジェンダーの問題書かれている感じですが未来の人間が読んだら今の日本人が保守的に感じられるかもしれませんね。まだまだ人間には解明されていない無意識の領域ありそう。理想の社会追うから人間といえるのではないでしょうかね
福田浩司賞味大臣さん (仙丈)
2008-07-29 08:46:25
コメント、ありがたうございました。

この作品はタイトルが良いですね。
人間の精神生活にとつて、性差といふものが、どれほどの影響を及ぼすのか。
もう一歩踏み込んだら、もつと厚みのある作品になつたやうな気がします。

>理想の社会追うから人間といえるのではないでしょうかね

まさに仰るとほりだと思ひます。

コメントを投稿

讀書録(作家検索)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

スピード出すの大好き♪なんか興奮しちゃうんだよね (スピード狂!さえのアブない日々)
大きい声では言えないけどスピード出すと・・・しちゃうんだ・・・さえオカシイよね・・・・
東野圭吾、ようやく直木賞受賞! (辻斬り書評 )
直木賞の権威を失墜させ続けていた一因でもある「東野圭吾外し」がようやく終結し、ついに受賞が決まりましたね。 受賞作は「探偵ガリレオ」シリーズ初の長編、「容疑者Xの献身」。 そこで、「白夜行」以外で読んだ東野ミステリの書評を以下にまとめてみました。 興味