花好き・旅好き女性のセカンドライフ                    (ブログを書き始めて12年目)

幾つもの持病を持ちながら伯母の介護をし、夏場はガーデニング
と家庭菜園、合間に外国旅行を楽しむリタイヤ女性の生活日記

初めて育てた「平さや隠元豆」

2017年08月23日 | 家庭菜園・借り上げ農園
今年は例年通り5月末に種蒔きをした「モロッコ隠元豆」の発芽を2週間以上様子を伺っていたが発芽率が悪く、改めて農協に種を買いに走った。
後で知ったのだが、隠元豆の種は1年で発芽率が急速に下がるとのこと。
それを知らなかったので、昨年10月までという残っていた種を蒔いた為だった。

しか農協には既に「モロッコ隠元豆」は売り切れていたので、仕方なくまだ残っていた「平さや隠元豆」の種を買って来て蒔いたのだった。

初めて買った種だったので、どんな豆がなるのか心配だったが、今月半ばから未熟な鞘豆を食べるための収穫が始り、この8日間で280本を収穫した。
名前の通り鞘が平らで、長さも20cm以上になり、筋が無く煮ると柔らかくなって美味しい豆だった。
ひょっとしたら「モロッコ」よりも調理し易く、美味しいかもと思っている。

当然、我が家だけでは消費はできないから、隠元豆が好きな5~6軒の仲間の所へ順番にお裾分けしている。
豆はそのまま完熟させて食べることもできるが、私の場合は「美味しい時期に食べ切る」という考え方なので、仲間達に喜んで貰えたらそれで育てた甲斐があるのだ。
また最近は、異常気象のために多種類の野菜が高騰しているので、仲間達と庭の恵みを活用し切りたいと思っている。

我が家でも毎日、他の野菜と一緒に煮物にしたり、炒めてキンピラにしたり、柔らかく茹でて色々な料理に加えたりと重宝している。カロテンが含むこの「平さや隠元豆」を、伯母には小さく切って柔らかく煮て食べて貰っている。

     

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 農園の作物の現況 | トップ | 晩夏の庭 »

コメントを投稿

家庭菜園・借り上げ農園」カテゴリの最新記事