花好き・旅好き女性のセカンドライフ  (ブログを始めて16年目)

幾つもの持病を持ちつつ伯母の介護をし、春~秋はガーデニ
ングと家庭菜園、その合間に旅行も楽しむ定年後の生活日記

新年に当たり「国境なき医師団」に寄付する

2019年01月10日 | 医療・健康問題・食生活
私はTVで国際的なニュースやドキュメンタリーを良く見る。
その中の一つが戦争や民族紛争、宗教戦争などの犠牲になって怪我をした人達に、医療を届ける活動をしている「国境無き医師団」のグループ活動だ。協力者には、日本人医師も多くいる。
大抵は応急テントの中で、設備も悪く、医薬品も足りない状態の下、できる限りの治療や手術をして、傷付いた多くの人達を治療している。
その番組を見るたびに、私も何か協力をしたいとずっと思って来た。

昨日、インターネットでこのグループを初めて検索して見た。
何と国連の傘下には入っておらず、全く個人的に協力者を募り、活動している事が分かった
従って活動資金も世界中の個人や団体、会社などからの寄付金によって賄われていた。
そうなら活動資金は不安定だから、予定を立てて活動する事はできないのではと思った。
しかし、彼らの支援を求めている犠牲者や難民は、世界中に沢山いるし、逆に増え続けている訳だから、早速、私も協力する事にした。

カードや銀行振り込みで寄付ができると言うので、取り合えず手続きを入力した。
通信販売で品物を買うのと同じで簡単だった。
後で「国境なき医師団」から、寄付を受け取ったと言うメールが来ていた。
これで先ず、新年最初の国際貢献ができて良かった。

寄付先には「UNISEF」などもあるが、私の場合は、「寄付をするなら、使途が明確な対象にしたい」と思って来たので、これからも私に何か良い出来事がある度に、私が出せる程度の金額の寄付をこのグループに寄せようと思う。

                                  
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 除雪続き | トップ | 白寿の伯母の近況(2)すっ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ソナタさんへ (アンジェラ)
2019-01-11 11:01:17
こんにちは。
連日の雪かき、お疲れ様です。
[国境なき医師団」・・・我が家も数年前から、寄付をさせ頂いています。我が家のご先祖の土地に小さなほこらがあり、登山客などがお賽銭を供えてくれています。年4回、お赤飯をふかしてお参りに行く時にお賽銭を下げてきて、主人がそこにいくらかのお金を足してここに送金しています。

結婚前から、他に送金している所がありますが・・・もう50年近く継続してるので、主人はそういう方々に守られているように思います。

互いに寒さに負けずに頑張りましょう!
アンジェラさんへ (ソナタ)
2019-01-12 16:47:00
こんにちは♪♪
早速コメントを頂き、有難うございました。

アンジェラさん家もこのグループに寄付をされているんですか。
全くの偶然ですが、何か私と国際貢献でも考え方が通じるような気がして嬉しいです。
年間4回もお参りしているんですね。しかもお赤飯まで炊いて…素晴らしいですね。聞いて感激しています。

今日は正月に休めなかった娘が来ています。
一緒に札幌のスーパーに行き、どっさり食料品を買って来ました。
今夜は鍋料理をしたいと思っています。
アンジェラさんも風邪を引きませんようにね。 

コメントを投稿

医療・健康問題・食生活」カテゴリの最新記事