花好き・旅好き女性のセカンドライフ  (ブログを始めて16年目)

幾つもの持病を持ちつつ伯母の介護をし、春~秋はガーデニ
ングと家庭菜園、その合間に旅行も楽しむ定年後の生活日記

海外旅行「ニューヨーク・ワシントンの旅」(13)

2016年05月02日 | 海外旅行「北アメリカ」
≪「ニューヨーク」市内観光≫(4)

⑤「マンハッタン」の夜景
この日はブロードウエイ・ミュージカルの1つ「シカゴ」を鑑賞した。
その後、「ニュージャージー州」のホテルに戻る途中で、多分「ホーランド・トンネル」だと思われる所を通って「ハドソン川」を渡った。間もなくマンハッタンを望む展望場所に案内された。
私の小型デジタルカメラではなかなか遠くの夜景を撮るのは難しかったが、添乗員氏に操作を教えてもらって撮った。


⑥フェリーから「自由の女神」を見る
5日目の朝は9時にホテルを出発後、「スタッテン島」のフェリー乗り場に行った。15分毎に出る無料の公共フェリーに乗り、「マンハッタン」のフェリー乗り場まで25分の船旅をした。途中、反対側に向うオレンジ色のフェリーとすれ違った。
やがて遠くに島が見え出し、高い塔の様なものが高さ46mの「自由の女神像」だとはっきりと分かったので、カメラのズームを最大にして撮った。しかし上手く捕らえられない。この写真は、パソコンに取り込んでから拡大して見たものだ。
マンハッタンが次第に近づいて来た。
女神像がある「リバテイ島」に行くには予約が必要ならしいので、無料のフェリーから見るのもありかなと思った。

「自由の女神像」は多くの人が知っての通り、アメリカの独立100周年を記念してフランスの歴史家「エドワール・ドラブレー」が発案し、フランス国民の寄付で彫刻家「フレデリク・オーギュスト・バルトルディ」らの助言の下、建設され、アメリカに送られたものだ。
初め薄い銅板で造られていた像は強度が問題だったが、エッフェル塔の設計者「エッフェル」が、内部に鋼鉄製の骨組みを作って補強したという。
本来の名前は「世界を照らす炎を静かに掲げる像」だった。


              


⑦「セント・パトリック大聖堂」
全米最大の教会だ。ドイツの「ケルン大聖堂」を手本にして1858年に工事が始ったそうだ。
尖塔の高さは100m、聖堂の座席は2200もあり、パイプオルガンのパイプは何と9000本あるという。音色を聴いて見たかった。
夕方行ったので、夕暮れが迫る時刻の写真撮影となり、尖塔は高過ぎて写せなかった。

 

 

⑧「ロックフェラー・センター」
大聖堂の次に「ロックフェラー・センター」に行った。夕方だったので、仕事を終えた人達や観光客が大勢いた。
「ロックフェラー・センター」とは、そのエリアに19棟のビルが林立し、その中心的なビルがG・Eビルだ。
高さ259m70階建てのG・Eビルが一きわ高く聳え、前庭には「プロメテウスの黄金の像」が輝いていた。その背後の低い場所は、先日までスケートリンクだったという。
ここは毎年、年末には巨大クリスマスツリーが立てられてニュースになる所だ。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 紫外線対策、私の場合 | トップ | 私が好きな米は「秋田こまち」 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
迷いそう! (ガチャピン)
2016-05-03 23:12:24
こんばんは。
ブロードウェイに行かれたんですね~。
“シカゴ”はあまりにも有名なミュージカルですよね。残念ながら、私は日本版も未見ですが、ダンスが見所だと聞いたような…いかがでしたか?

時々、テレビ等でブロードウェイの風景を見るたびに
四季でも上演されている“オペラ座の怪人”や
“ウィキッド”“マンマ・ミーア”等々の
看板を見ては、ワァ~とミーハー的に
憧れていますが…実際に行くようなチャンスがあれば何を見よう、きっと迷ってしまいそうですね(^^ゞ
ガチャピンさんへ (ソナタ)
2016-05-04 08:54:46
お早うございます。
いつもコメントを頂き、有難うございます。

こちら、やっと桜が開花しましたが、明け方からの雨でしょんぼりしています。数日間、雨が続きそうです。
ところで、ブロードウエイのミュージカル鑑賞が組み込まれていたので楽しみにしていましたが、「シカゴ」は舞台の造りは全く変わらず、演奏とダンスだけだったので少々飽きました。
それに一日中観光で疲れた後だったので、眠かったです。
次に行く事があれば、舞台が変わって変化があるのを見たいと思いました。
ニューヨークに居る間、毎晩ミュージカル鑑賞なんていうのもいいかも知れないですね。 

コメントを投稿

海外旅行「北アメリカ」」カテゴリの最新記事