花好き・旅好き女性のセカンドライフ  (ブログを始めて16年目)

幾つもの持病を持ちつつ伯母の介護をし、春~秋はガーデニ
ングと家庭菜園、その合間に旅行も楽しむ定年後の生活日記

除雪続き

2019年01月08日 | 日記
一昨日に続き昨日は、更に多い降雪があり、除雪も大変だった
先ず6時過ぎに起きて外を見てビックリ。30cm以上積雪している。
直ぐに着替えて除雪を開始した。
空からは後から後から雪が降り続く中、6時45分から7時半まで45分間頑張った。

家に入って朝食を採り、忘れてはならない「高血圧」と「糖尿病」の薬を飲んで暫く休んでいたら、近所の方達がまた除雪をし出した。
それで私も10時半にまた外に出て開始。2回目は車庫の前を車が出られるように除雪したので、11時35分まで1時間5分かかった。
足腰がフラフラになった。
その後も弱く雪が降っていたが、無視した。大変な作業日だった。

近所の84歳の女性「私には、もう除雪は無理だわ。雪が恨めしい。」と言った。
その人の家には、50代の娘と20代の男の孫がいる。しかし、年老いたお婆さんの苦労を見ないようにしているのか、いつも外には出て来ない。
一昨年までお爺さんと二人でしていたが、昨年、お爺さんは「脳梗塞」で倒れ、今は杖をつき、歩くのもままならないのだ。
それで、お婆さんは一人で、娘と孫が出勤時、それぞれの車を出せるようにするため、除雪を頑張っている
「朝御飯は、娘さんが支度しているの?」と聞くと「除雪が済んでから、私がする。」と言っていた。

私も今75歳。数年したらその人の年齢に近づく。
市では一人暮らしか二人暮らしの高齢者世帯に「福祉除雪」の制度を作り支援している。
しかし私は、車を運転できる間は、自力で除雪をしたいと思っている


 (6時半、室内から雪が降り続く庭を写す)

            
             (通路を除雪した雪で、昨日よりも積雪が高くなった庭)


 (道路幅約2/5にできた雪山。車は、雪山で狭くなった一車線幅を走る)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今年の初除雪 | トップ | 新年に当たり「国境なき医師... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事