あくてぃぶ・そなあ

深海に潜む潜水艦。ピンと響くアクティブ・ソナー。何かそんな刺激的なことが書けられれば良いと思っております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年最後のエントリー

2005年12月31日 19時56分19秒 | 思いつくまま
 最初の投稿が「潜水艦が好き」2005年06月01日 20時57分13秒 だった。
7カ月が経過した訳だ。その間いろいろなことがあった。削除したエントリーもある。今なら残しておくかも知れない。この頃は少し甘くなったようだ。

 エントリーで引用箇所と引用元を明らかにすること。
出来なければ記事にしないこと。これは頭に刻み込まれた。おいらのブログの信用失墜をした原因だから。信用は失くすのは一瞬だが、取り返すのは容易ではない。おいらのブログも一時期は結構なアクセス数があったものだ。が、引用の仕方が曖昧で、さらにそれを引用される方いらして、ちょっとした事件になった。

 ニュース・ソースは秘密にするものについては公開しない。公開しても良いと判断できるものについては公開する。これを厳守する。今までも数件メールでのやり取りをしている。これは非公開になっている。知っているのはおいらと相手と相手が相談した誰か。こちらは誰にも相談していない。

 長い間、続けているとそれだけで耳に入ってくることがある。
それらは公開できるものだけ公開している。営業の邪魔には成っていないと思う。それらは他でも公開されている。ぁ、1件だけ古書店をご紹介してある。それはネット内ではここが最初の公開だったのではないかと思う。最近はその古書店主の名前をネット内で散見することができる。これはおいらも知らなかったことだ。

 政治、経済、思想、宗教に関することついては、
エントリーをできる限り避ける。どうしても書きたいときは自滅を覚悟する。実際「攻撃」にもあっている。でも、どうして攻撃してくるのだろう。おいらなど大したことは書いていないのに……。

 基本的には「思いつくまま」「人と作品」「版画」「オークション」「コンピュータ」「本(読書)とせどり」「クラッシック音楽」「TB練習板」の8つのカテゴリーに分類する。

 問題なのはこの「思いつくまま」のカテゴリーだろうと思う。
エントリーを避けたいものがエントリーとして含まれている。大部分はニュースか他のブログの引用に過ぎない。残りは感情にまかせて書いたものであり、非論理的だ。読む価値は無い。って言うか、このブログ自体あまり読む価値は無いようだ。

 ごくごくたまにアクセス数が上がる事がある。
「攻撃」以外でだ。滅多にないことだけれど。それも閲覧数が200位、アクセス数が100位でしかないのだけれど、それでもおいらにとっては多い方だ。そんなエントリーは偶然にしか出来ない。

 来年も今の調子を守ってゆきたいと思う。
これ以上は内容も外見も良くはできない。毎日、エントリーを書こうというのだから、どうしてもこの調子でしかやってゆけない。残念だがそれが現実。

 これを最後まで読んでくださった方、有り難うございます。
来年があなたにとって良い年でありますように。

 最高気温マイナス10度の大晦日に記す。

 
コメント

WALKING TOUR

2005年12月30日 14時08分28秒 | 思いつくまま
これについては、ふうちゃんの日記で初めて拝見した。

私は他の人より早く足を止めると思う。
そして、再びみんなと出会うのだろう。


オリジナルバージョン
http://www.dnsip.ne.jp/~ryujakutsu/pwaizu/image/wt/walkingtour.html


6カ国語バージョン
http://www.geocities.co.jp/Hollywood/1387/walkingtour.html


追記:「Irregular Expression」さん他おいらの巡回ブログにTBさせていただきました。
コメント (14)

マイナス20度の朝

2005年12月29日 19時30分20秒 | 思いつくまま
 今朝は寒かった。マイナス20度くらいには成ったらしい。
朝、駐車場までの道で気付いたのだが、空気がキラキラ輝いている。どうやら空気中の水蒸気が凍ってそれに太陽光線が当たって輝いているらしい。綺麗でした。でも寒かったよう。

 実は、今も寒い。
しかも、前にも書いたと思うが、おいらの部屋には火の気がない。そんな中でキータイピングしている。風邪も引いている。さて年末年始はどうなるか。

『ライオンと魔女』読了。
翻訳が古いせいか、悪の軍勢には、日本の妖怪たちの名前が付いていたり、アスラン軍の巨人の名前が日本名だったりと違和感を感じながらの読了。これは映画に期待した方がよさそうです。

 さて現在入札中のオークションは本だけ。
eBayが2件、ヤフオクも2件。これだけでもう止めて置こうと思う。来年は電脳せどり以外、絶対に買わない、落札しない。でも蔵書票1件だけ落札をしたい。それで留めに入る。

 昨日落札したコレクターズ・アイテムと思えるような品物。
届いてみないと分からないなあ。1冊1冊検分して1冊あたり¥2,000円以上で捌ければ上等。ただし、ヤフオクではなくeBayへの出品が望ましい。でもおいらHTMLが分からない。勉強しないと。

 勉強というとXOOPSだが、
第1章を読んでパラパラめくって読む限り、順番に読むと確実にサイト構築が出来そうに思える。HTMLも知らない人間がそう思うってことは、これは名著か。
XOOPSによるポータルサイト構築―オープンソース徹底活用

秀和システム

このアイテムの詳細を見る


追記:「MY ENDLESS TRIP」さんにおいらの住んでいる地方についての記述がある。
空気中の水蒸気が凍ってキラキラ輝く現象を「ダイアモンドダスト」と言うそうだ。
コメント

買いすぎ

2005年12月28日 20時25分42秒 | 思いつくまま
 ヤフオクのウォッチリストを削除。eBayも同じく。
現在入札中のものに絞ろうとしたが、どうしても1件だけはずせなかった。本のコレクターとして見逃せないのだ。困った。買っても置く場所はないし、読むこともないだろう。分売は当分出来ない在庫品に成る。

 eBayの方も数点残ってしまった。
こちらもどうしても外せない本が残った。ディケンズは諦めることにしよう。聖書はどうする。正統派の聖書ではないようだ。イラストが綺麗なのでどうしても気になる。が、これも諦めざるを得ない。

 eBayの版画コーナーにはダリの作品が溢れていた。
その内どれが真作なのだろうか。贋作の多いダリ。だから少し安かったりする。欲しいと思ったM.C.エッシャーの作品はコピーだった。結局、版画は高価だしウォッチリストにも入れていない。

 毎日オークションで逃した作品に出会うだろうか。
ちょっと気になっている。作家の名前がリチャードというありふれた名前なので検索でヒットするのは別人。

 まあ、いずれにせよ買い控えしないといけない。
読む本は買った。鑑賞する版画も買った。もういいじゃないか。そう理性は語る。が、欲望はささやく。もう少しだけいいじゃないかと。悪魔のささやきだ。誘惑に負けないようにお祈りをしよう。
コメント (3)

eBay

2005年12月27日 18時18分50秒 | オークション
 オークションのeBayに最近登録した。
で、BOOKのカテゴリーを眺めている。眺めているだけで涎が出てきそうな本がたくさん出品されている。中でも皮製の装丁をした本を見ると、事製本に関しては欧米にはかなわないと思った。

 購入して消費税やら送料やらを払うとかなりの金額になるようだ。
1ドル100円で概算すると分かりやすい。送料は日本だと20~22ドルくらいのようだ。もちろん大きさや重量によるが。

 ヤフーの翻訳はつかえないと思い知らされた。
まともな日本語に変換してくれない。と言う事は、逆もまた変な変換に成るのではないだろうか。

 購入するのに変換ソフトを使うということは、
買っても自分で読む気はないということです。せどりをするのです。でも少しハードルが高いことは確かです。

 署名本に絞ってみても、日本で売れるかどうか分かりません。
著名な作家なら良いのですがそうでもない方のものだと「在庫」に成ります。それも処分が難しいような。時間はかかっても構いませんが、無駄なお金がかかるのはごめんです。

 本以外はまだ見ていません。
版画が分かればよいのですが。PRINTSでくくられるものを見るとポスターやら写真やら何やらゴチャゴチャしているのではないかという気がしています。著名な版画家の英語名のリストを作成してみようと思います。で、検索かけるのです。どれだけヒットして、おいくら位のお値段になりそうか眺めることから始めようと思います。

 今日、プリンターの複合機が到着しました。
Amazon用です。伝票のフォーマットを保存しておいて、利用できるようにしておかないといけません。

 今、Amazonからメールが届きました。
6カ月が経過しても売れない場合は終了になるようです。知りませんでした。早速更新手続きをしました。
コメント   トラックバック (1)

大雪&吹雪

2005年12月26日 21時18分00秒 | 思いつくまま
 北海道の道北と道東の方がひどかったらしい。
おいらの住むところは、朝雪が積もっていた。風も強く吹雪いている状態でした。それでも今日は通院日。車で出かけました。他に用事もあったので。

 駐車場も雪で一杯。まずは車の上に積もった雪を払い落とす。
その後、雪かきをしなければいけないのだが、4WDのちからをかりて無理やり出発した。吹雪いているのでライトをつけて走行。ノロノロ運転だった。行きの道路は除雪されているところが幹線でも中央の国道くらいだった。

 まず郵便局へ寄って用事を足して、
銀行の駐車場に車を止めて、病院へかけつける。患者さんも少なかった。予約の変更がかなりあったようだ。おいらは予約に間に合ったわけだ。

 診察を終えて、処方箋を持って薬局へ。
いつもの通りの説明と支払いをして外へ出る。雪は降ってはいるが風でとばされているだけのようだった。途中、何を思ったか版画を売っているお店へ入ってしまった。山中現氏の作品を見るためだ。沢田哲郎氏の作品も売られているようだった。シートなら欲しいのだが、額装してあると後が大変だ。

 北海道の他の地域は暴風雪波浪警報がほとんどの地域で出ているようだった。
ところが他の用事をたしていると、風もおさまり雪も止んだ。おいらの住む地域だけのようだった。

 戻ってくると、駐車場は管理会社の手配で除雪されていた。

 ニュースや新聞を見ると各地で大変なことになっていたようだ。
何やら鉄道事故もあったようで、亡くなられた方もいるとか。ご冥福をお祈りいたします。また被害に合われた方には、お見舞い申し上げます。
コメント

クリスマス・プレゼント

2005年12月25日 20時22分04秒 | 思いつくまま
 今日『ナルニア国物語』が到着した。
昨日『ゲド戦記』が届いているし、以前から所有している『指輪物語』と合わせて3大ファンタジー・シリーズが揃うことになるわけだ。

 これって以前にも書いたかな。

 といっても、おいらどちらかというとファンタジーは苦手だ。
ミヒャエル・エンデの『モモ』『はてしない物語』(ネバー・エンディング・ストーリー)も読みきってはいない。

 この間観て来た映画の予告編を観て面白いと思った。
で、原作を購入することになった。

 http://www.disney.co.jp/movies/narnia/shell_content.html

 上記のサイトでも予告編は見れます。
2006年3月4日公開だそうです。限定光るクリスタル・ストラップ付《特別鑑賞券》が劇場窓口で発売中だそうです。これもヤフオクで出回っているのかな。調べてみよう。

「すきま」さんのエントリー「年末はラジオでユイカさん」に面白いことが書かれていました。

** 以下引用 **

 年末はラジオでユイカさん

 年末は本仮屋ユイカさん出演のラジオを楽しみましょう。

■ラジオ・ファンタジックストーリー「ナルニア国物語 ライオンと魔女」

 来年3月4日に日本公開するディズニー映画「ナルニア国物語 ライオンと魔女」のスペシャルプログラムが、ニッポン放送でラジオドラマとしてオンエアーされます。
 2005年12月26日(月)~30日(金)の23:00~24:00(5夜連続)。

 本仮屋さんの透き通った声が聞けるのではないでしょうか。

 ** 以上、引用終了 **

 スポニチによれば、悪の化身・白い魔女の吹き替えは女優の大地真央さんがつとめるそうです。
コメント (2)

クリスマス・イブだというのに……

2005年12月24日 19時47分20秒 | 思いつくまま
 イブだと言うのにPCに向かって文字を打ち込んでいるおいらがいる。
まあ、いつもと同じだといえば確かにそうなのだが。変わったこともある。食事制限で食べられないものが増えたことだ。まあ、これも慣れたといえば慣れた。適当に食べている。

 明日にでもプリンターを買って来ようと思う。
ヤフオクからAmazonへシフトしようと思うからだ。プリンターがないと伝票を手書きしなければ成らなくなる。それはつらい。だからだ。

 今、ヤフオクへ出品しているものも見直して、
Amazon向きなものはAmazonへ回そうと思う。そうやってできるだけ収入が上がるようにしようと思う。この1年、ヤフオクへ出品していて要領が少し飲み込めて来た様だ。見直しは早い方がよい。

 ヤフオクの画面とAmazonの画面を開いて比較しながら選別しようと思う。
ヤフオク4ページあるからちょっと大変かなあ。でも、やるしかないし。

 生活のためだ。出費を抑え収入が多くなるようにする。
出費を抑えるのはちょっと大変だと思う。が、仕方ない。やろうじゃないか。
コメント

TB練習板お題は「「寒い」のと「暑い」のどっちが好き?」

2005年12月23日 20時56分15秒 | TB練習板
 しいて挙げれば「暑い」方かな。
今、寒いのでそうなったのかもと思えばそうでもない。それ程「暑く」はならないから、暑い方がしのげる。「寒い」のは灯油も使うしどうしようもないので嫌い。

 それ程暑くないと書いたが、実際は30℃を越すこともしばしば。
カラッとしているかと聞かれると、梅雨ほどではないにせよしけっている。

 こちらは北海道。北海道は広い。
いろいろな気候の地域があります。

 以前、猛暑と呼ばれた東京の夏、東京へ旅行に出たことがあります。
1日目は雨が降りました。生温かい雨というものをはじめて知りました。雨具は盛ってなかったのでびしょ濡れです。

 次の日は猛暑でした。
その中をひたすら御茶ノ水から靖国通りを神田の古本や街を覗きながら。30分おきに喫茶店に入りアイスコーヒーを注文。

 その次の日は上野かな、美術館と博物館を見学しました。
もうその頃には暑さには慣れていました。人間て結構慣れるもんですね。

 というわけで「暑い」方が好きです。
コメント

サンタクロース

2005年12月23日 20時34分44秒 | 思いつくまま
 子どもの頃、母親にサンタクロースはいないと言われていました。
小学校に入り3年生くらいだったと思いますが、当時の担任が「サンタクロースがいると思う人」という質問を教室でしたと思います。当時の同級生の答えは半分半分で分かれたと思います。おいらはもちろん「いない」という答え。

 今思えば夢のないことを母親は、してくれたと思います。
あなたのお子さんは、まだサンタクロースの存在を信じているでしょうか。

 ここに一つのエントリーがあります。
有名な話だそうです。知りませんでした。その話しとは「きままにダイアリー」の「サンタはほんとにいるの?」です。

 サン新聞社に届いた1通の手紙。
それに対するサン新聞社の社説での回答。ぜひご一読ください。
コメント (1)   トラックバック (1)