あくてぃぶ・そなあ

深海に潜む潜水艦。ピンと響くアクティブ・ソナー。何かそんな刺激的なことが書けられれば良いと思っております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Kipの卒論『日本人とブログ』その4

2006年03月05日 20時45分00秒 | 思いつくまま

 図3に、「ブログには大体何について書くか」と聞いた結果を表す。これによると、「日常のこと」が最も多く、90%に達した。次に、「趣味のこと」であった。「社会・経済のこと」、「ニュース・メディアのこと」、「アイドル・芸能人のこと」などは、いずれも、30%に満たなかった。つまり、日常や趣味などの自分のことを主に書く人は、社会・経済やニュース・メディアなどの一般のことを主に書く人よりも多いのである。

 このような結果になったのは、一般的なニュースは、テレビやラジオなどで知ることができるが、日記や趣味などの個人的なことは、ブログをしている本人しか知らないことなので、誰かに読んでもらうために、ブログをしていると考えられる。それでは、誰のためにブログを書いているのだろうか。

 図4に、「自分のブログを多くの人に読んで欲しいか」と聞いた結果を示す。「多くの人に読んで欲しい」と答えた人は半数近く、「少なくてもいい」と答えた人は、  42%にも達した。また、「知人・友人だけでいい」と答えた人は、7%しかなかった。それに対し、「誰も読まなくてもいい」と答えた人は、2%に過ぎなかった。つまり、自分や周りの人だけのためにブログをしている人は少なく、誰か知らない他の人のために、ブログをしている人が多いのである。

 図3の結果から、ブログをしている人の多くは、自分の日常や趣味のことばかり書いていることがわかった。では、なぜ知らない人に日記を読んで欲しいのだろうか。

その5に続く。

その8まであります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Kipの卒論『日本人とブログ』... | トップ | Kipの卒論『日本人とブログ』... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

思いつくまま」カテゴリの最新記事