あくてぃぶ・そなあ

深海に潜む潜水艦。ピンと響くアクティブ・ソナー。何かそんな刺激的なことが書けられれば良いと思っております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

この国はどこへ行こうとしているのか

2005年10月01日 18時13分48秒 | 思いつくまま
 内憂外患を抱えながら、この国はどこへ行こうとしているのだろうか。
 
 靖国神社参拝問題、大阪高裁の違憲判断、「Irregular Expression」では
「靖国参拝に違憲判決など下されていない」で傍論での「違憲判断」だとして、
「違憲判決」ではないことを改めて教えてくれる。コメントを合わせ読むと、
この訴訟の裏側が見えてくるかも。参照「PARDES

 人権擁護法案、文字面はよいがトンデモ法案。
人権擁護どころか表現の自由も奪うことになるかも知れない。
いわゆる日記だ」にある「人権擁護法案フラッシュ」をご覧ください。
そこには思想警察組織と呼ばれるようなアブナイ組織作りがされるとあります。

 犯罪の残虐化、低年齢化。治安が悪くなってきている。

********************************************
ホームページが出来ない人にも無料で出来る
 携帯アフィリエイトで稼げる方法とは!?
     携帯サイトオーナー講座
*********************************************

 うぃりあむのいたずら発生。途中から書き直し。

 ロシア、中国、韓国との境界線問題。
ロシアは北方四島を返してくれそうもない。
中国は海底ガス田の開発で春暁ガス田を稼動させるだろう。それに対して日本は、
境界線上での共同開発を提案、弱腰外交。参照「依存症の独り言」
韓国は竹島を自国領と捏造した歴史を用いて主張。国際裁判所での対決は
避けている。国際裁判所に持ち込めば、正当な歴史判断がなされ敗訴すると
分かっているからだ。

 また中国、南北朝鮮の反日活動の活発化。目に余るものがある。

 アメリカとの基地問題など、問題山積。

 この国はこれからどうなるのだろう。
コメント (1)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 2つの『ローマの休日』(リ... | トップ | 『「戦争学」概論』 目次から »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (夜空に輝く星座)
2005-10-12 18:27:40
TBありがとうございます。



しかし人権擁護法案は成立してしまいそうですね…

これが成立すれば外国人参政権や共謀罪など、日本人を圧迫するであろう法案が軒並み成立することでしょう。



小泉による日本解体はすこぶる順調に進んでいるようです。

もう暗殺でもされないかなぁ…と最近は不謹慎なことを考えてしまいます。



では失礼します。

コメントを投稿

思いつくまま」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

侵略に対する体制整備を急げ (依存症の独り言)
日本、中国間の懸案となっている東シナ海のガス田開発をめぐる第3回政府間協議は1日午前、佐々江賢一郎外務省アジア大洋州局長、崔天凱中国外務省アジア局長らによる2日目の全体会合を行った。日本側は日中中間線の両側での共同開発を提案し、中国側は次回協議で、これに対す
大阪高裁靖国違憲判断の問題点 (猫さんの社会観察記)
<首相靖国参拝>大阪高裁、初の違憲判断 「宗教的活動」  小泉純一郎首相の靖国神社参拝は憲法で定めた政教分離に違反すると主張し、旧日本軍の軍人・軍属として戦死した台湾人遺族や日本人の宗教関係者ら188人が首相と国、靖国神社に1人1万円の損害賠償を求めた訴訟
司法テロ再び (神のいどころ)
中共の女刺客、高金素梅らが靖国神社に損害賠償を求めて訴えていた裁判。 大阪高裁(大谷正治裁判長)
愛子様はダンナを立てられるか -「女帝」論争 (この国を想うとき powered by 紫)
こちらの国は、今日は「Thanksgiving」というお休みで、仕事が休みなばかりか、周りの店も閉まっており、さらに周囲のアメリカ人も皆実家に帰ってしまったため、行くとこもなく部屋に引き籠っております。 さて、挑発的なタイトルですみません。所謂「女帝」容認論争につい