something-jpのブログ

something-jpのブログ

クンニされたい

2020-10-27 11:16:50 | 出会い
おすすめサイトBEST5
 クンニされたいって、女の子だったら誰だって考えることだと思うんです。
私は22歳の女子大生。
最近、ずっとクンニされたいって思い続けちゃってて・・・。
彼氏いるんです。
一応、ラブラブなんです。
だけど、クンニされたいんです。
クンニされたい願望が半端じゃないんです。
今の彼氏、いい人なんだけれど、クンニだけはしてくれない。
ちゃんとシャワーで洗っているのに、嫌がるんです。
だから、ちょっと物足りない。
できれば、クンニだけしてくれないかな?
舐め犬とか欲しいな。
そういう希望は強めてしまっていた私なんです。

 それは女子会の時の話です。
舐め犬の話で盛り上がっちゃって。
仲間内の何人か、舐め犬作ったって言うんです。
純粋に舐めるだけの人もいる。
エッチする人もいる。
人によって違うようですが、クンニを謳歌していたようでした。
「どうやって、そんな出会いを?」
「人気の出会い系アプリ。舐めるだけでOKな人だって探せる」
このセリフに、心が動いてしまいました。

 クンニされたい願望が、人一倍強かった私。
いつの間にかアプリに登録。
舐めるだけの関係を求めてしまっていました。
実際肉体を重ね合わさなくて大丈夫か?不安はありました。
でも、募集だけは、やってみたんです。

 理解者がいました。
20代後半の会社員の人。
「クンニのみでも大丈夫。トイレか、車の中で舐め犬になってもいいよ」
言ってもらった時、心底期待が盛り上がっていくのを感じてしまったのです。

 10日ほどのやりとりの後、クンニのみの約束で会ってしまいました。
男性の車の後部座席で、足を広げて舐めてもらってしまったのです。
それは、本当に素晴らしい時間になりました。
男性にいっぱい舐めてもらう。
オマンコの臭いを嗅いでもらう。
気持ちを過ぎて、体が痙攣してしまいました。
肉便器を調教する
家出掲示板
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

家出掲示板

2020-10-27 11:15:36 | 出会い
おすすめサイトBEST5
家出少女のナノハちゃんはアニオタだった。
「火曜の夜だけ家出します。火曜泊めてくれる人プリーズ」なんて家出掲示板に書き込んでいた。
火曜の深夜に好きなアニメを放送していて、実家の都合でその時間にテレビは見られず、しかも録画機能もないテレビで、さらには貧乏なのでネカフェやホテルに泊まるお金もない末に、テレビを見せてくれる相手を求めて家出掲示板に頼ったのだそうだ。
スマホで見られないものなのかな?と思いつつ、僕もやりたい盛りの万年独身男性なので、ナノハちゃんに声をかけた。自慢じゃないが、テレビだけはワイドサイズの結構いいものを揃えている。
こうして、話がまとまってナノハちゃんは火曜日の夜に家出をしてきた。家出と言っても、家の人には「今日は友達の家に泊まるねー」くらいの気楽なものらしいが。
「何だかんだで、アニメを口実にして家を出たかっただけかもしれないね」
と、ナノハちゃんは自己分析していた。学校を卒業して不定期のアルバイトで生計を立てつつも未だに親に生活を束縛されている。その息苦しさに対する気晴らしがアニメであり、アニメ視聴が制限される火曜日が逆に実家から出られる自分への口実ができる自由な日でもあるのだ。
だが、アニオタとは言えアニメを見ているとき以外は、日々の生活のことを考える普通の女の子だ。泊まりに来てくれたからエロいこともOKなのかもしれないが、家で束縛されて、更に家出してきた先でも僕に束縛されるのは、どうにも心苦しい。嬉々としてアニメ鑑賞の準備を始めているナノハちゃんに僕はどうしてもエロい心が沸かなかった。
やがて、ナノハちゃんの好きなアニメが始まった。僕も初めて見たのだが、結構濃厚なエロい内容だった。そして、アニメが終わると、まるでアニメの内容に触発されたようにナノハちゃんの方から僕を誘ってきた。
「このアニメ見ると、体が火照ってきちゃうんだよね。親がいるからオナもしにくいしさ」
なるほど。火曜日の家出にはそんな理由もあるのかと感心しつつ、僕はナノハちゃんをムチャクチャ抱いた。
出会いアプリでタダマン
出会い系でタダマン
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

セックスしたい

2020-10-26 14:49:42 | 出会い
おすすめサイトBEST5
結婚して五年目なんだけど、嫁とセックスしたいという気持ちがどんどん薄れてるんだよね。
最近、レスっぽい。嫁が誘ってくる時にだけ応じる、みたいなスタイルになってきてる。
昔みたいに、セックスしたい!って爆発的な性欲が起こらないんだよ。
さすがにこれはマズイと思って、エッチなビデオとかこっそり見るだろ。そうすると、気持ち的に盛り上がるわけ。
体の反応も正常。
そういう起爆剤的な性欲増強アイテムを使わないと、性欲を感じない。
嫁だけEDってやつかもって思って、出会い系なんかも試したけど・・・昔みたいな興奮はないねー。
さすがに40過ぎるとこんなもんなの?男の老化かなぁ。
最初、勃起力が鈍ってるのを感じて焦る気持ちはあったんだ。
だけど、最近は逆に「セックスしたい!」という気持ちから解放されて、のびのびした気持ちになることが多くてさ。
もしかして、今まで性欲で振り回されていたんじゃないかー、みたいなね。
女と見るとエッチなことをつい妄想してしまう、そういう思考から解放されて、今が本来の自分、本来の人間的な思考に戻れたんじゃないか、なんて。
気付いた時から、セックスしたい!という考えが自分の軸としてあった気がする。
若い時はそれで勉強にも身が入らなかったり。ただ単にセックスしたいという気持ちなのか、彼女が好きなのか、自分でも分かってなかったり。
よくよく落ち着いて考えてみると、性欲のせいで、今まで人生の大事な時間を無駄にしてきていたんじゃないか・・・なんて思うんだけど。
割り切りの相場
ワリキリ掲示板
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

セフレ募集

2020-10-26 14:46:50 | 出会い
おすすめサイトBEST5
 出会い系アプリで、セフレ募集した理由はただ一つでした。
童貞卒業したかったからです。
現在26歳、まだ女の子と本格的なセックスとの経験がありませんでした。
性格が、シャイなせいか、本番まで行くことが出来ずに今日に至る状態でした。

 セックスが前提でしたら、シャイな自分でも何とかなる。
だからセフレ募集をしようと思いました。
気が合う女の子とだったら、直ぐにでもオフパコかもしれない。
初体験への夢が、大きく膨らんでいくのを感じました。
大変有名な出会い系アプリです。
利用者の数からいって、エッチが好きな女の子も確実にいます。
ワクワク感が、次から次へと湧き出してくるような感覚でした。

 セフレ募集で知り合ったのが、年齢の近い女の子でした。
23歳のOLです。
結衣乃は、エッチの話もオープンな性格でした。
結衣乃には、童貞であることを伝えてみました。
「ああ、そういうの、割に好きな方なんだよね」
あっさりと言われてしまいました。

 無料通話アプリ交換、そして結衣乃とは、話が盛り上がる一方でした。
「筆おろしして欲しいんでしょ」
「うん、本気で初体験したくて」
「いいよ、仕事帰りに会ってみようよ」
積極的な女の子に救われた気がしました。

 セフレ募集で知り合った23歳と、ホテルに入りました。
シャイな性格だから、緊張は半端じゃない。
だけど、結衣乃はアクティブでした。
足を広げ、ミニスカからパンツを見えるようにしてきたり。
体を密着して、オッパイを触れさせてきたり。
こちらの気分が、嫌でも盛り上がっていく状態でした。

 いつの間にか全裸で絡み合っていました。
そして念願の女の子の膣へのドッキング。
その気持ち良さに、目眩すら感じてしまった自分。
必死に快楽を得るため、ピストン運動をやり続けてしまっていました。

 セフレ募集で、やっと童貞卒業完了。
さらに、結衣乃はテクニックを磨くための相手にもなってくれているんです。
週に1回も、ホテルで2人の関係を築いています。
素人と割り切り
素人とのセックス
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

援交アプリ

2020-10-25 10:31:56 | 出会い
おすすめサイトBEST5
俺はちょっと難病を抱えているんだよ。国からの指定難病と言うヤツで、今のところは治す術はない。ただ、今日や明日に死ぬのか?と言うとそんなことはなくて、日常生活も普通に送っているし、まあ、そんな病気と永遠に付き合っていかなくてはいけないやつなんだね。
通院はもちろん食事制限やら服薬はずっと続いていてさ、それもめんどくさくて、そんなの無視して好きなことだけやり続けてあっさり死ぬのもいいかな?なんて思っていたんだよね。幸いにも独身で守るべき家庭もないし、俺が死んだら親に生命保険も降りるし、無様に生き永らえるよりそっちの方がよっぽど親孝行だろうって。
そんな俺を変えてくれたのは、援交アプリで知り合ったあの子だったな。俺はさ、そんなに女性経験はないし、いつ死ぬかわからないようなヤツと付き合う女なんていないでしょ?貯金しても仕方ないし、だったら好きなことに金を使おう・・・って、援助交際つまりはセックスに走ったんだよ。
その相手の中の一人に彼女がいた。あんまり表情のない、いわばマグロだったんだけど、俺のセックスに対して「ちょっと荒っぽいね」と言ってきた。俺はイケたから良かったんだけど、何だかその言葉が刺さったんだよね。俺は自分のことしか考えてないよなって。
いくら援交アプリでの出会いでも、出会いは出会いなんだよ。荒っぽくても何でも自分さえよければいいって考えは傲慢だよね。セックスは共同作業なんだしさ。少なくとも、俺が死んだら彼女の中では「荒っぽかった人だった」と言ういやな思い出しか残らない。思い出作りで援助交際しているわけではないのだけど、生きている限りは俺だってこの世の住人なんだからさ。
だから、彼女には素直に謝って、君さえよければもう一度チャンスが欲しい、とお願いした。彼女は快く了承してくれたんだよ。
それ以来、彼女とセックスするのが楽しみになったね。彼女がちょっとでも喘ぎ声を出してくれたことはうれしかった。俺はまだまだこの世の中でやらなきゃならないことがあるんだな、て生きる希望も覚悟も沸いたよ。
で、彼女との援助交際にお金を注ぎ込み過ぎて、借金返すために生きて働き続けなければならない日々です。ひー!
援デリ
割り切りの意味
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする