something-jpのブログ

something-jpのブログ

相互オナニー

2019-06-30 09:28:48 | 出会い
おすすめサイトBEST5
 生まれて初めての、相互オナニーを経験しました。
僕は19歳、大学に通うようになった男です。
出会い系の電話エッチ用掲示板で知り合った、26歳の人妻の、生の喘ぎ声を聴きながら射精しました!
もっ、信じられないぐらいの大興奮でした!

 現在、九州地方で生活をしています。
某有名出会い系の掲示板で知り合ったのが、北海道在住の人妻さん。
結菜(仮名)さんは、エロチックな通話を求めて掲示板に投稿していた人でした。
メールを送ってみたところ、素早い返信を受け取りました。
いきなりカカオの交換要求をされたため、ネカマとか業者ではないか?と、当初は思いました。
いざカカオで通話を始めたところ、普通の人妻!
一安心して、相互オナニーを始めることになりました。
「凄いムラムラしているから、エッチな事言われると感じちゃう」
女の子って、普段の生活では下ネタを嫌うのに、ネットの世界ではこんなに積極的なのか?とひたすら驚くばかりでした。
相互オナニーで、燃え上がる快楽を得たかったようです。
「結菜さんのパンツを教えて」
「いま履いているのは、黒地に白のドット」
見ず知らずの人妻のパンツを聞いて、ドキドキが究極。
「パンツの上から、感じるところを触ってみて」
「うん・・き、気持ちいい・・っはぁ」
オナ指示を受けて、一気に快楽を味わい出す人妻。
その妖艶な声に、チンコがビンビンに硬直を始めてしまいました。
「オチンチン大きくなってる?」
「フル勃起です!」
「おしゃぶりしたい!」
「思いっきりしゃぶって」
「はあ、はあ、はあ、ああん、マン汁でびしょ濡れ」
気が狂ってしまうのではないか、なんて思うほど興奮が強まりました。
全く接点のない異性が、アヘ声を聞かせてくれる。
スケベな発言をしてくれる。
これで興奮しない男は、確実に世の中にはいません。
僕も大興奮の坩堝に陥っていきました。
結菜さんの艶かしい喘ぎ声を聴きながら、一心不乱にイチモツを刺激続けてしまいました!

 相互オナニーって、危険ですね。
相手がいるから、興奮の度合いが全く違いました。
結菜さんは「また、時間のある時相手してくれる?」と、最後に言ってくれました!
エロチャット
ライブチャットでオナニー
コメント

エロチャット

2019-06-30 09:28:47 | 出会い
おすすめサイトBEST5
 現在でも、ツーショットチャットを好んで利用しています。
それはなぜかと言えば、エロチャット希望者はネットの中には多くいるからです。
リアルな世界の関係は怖いけど、バーチャルな世界なら怖くないと思うのが女の子の性質です。
エロチャットでエロい妄想を膨らまし、興奮を強めたい女の子たちが確実にいるのが、ネット社会なのです。

 最近エロチャットで盛り上がったのは、処女の女子大生でした。
年齢は20歳。
経験はないけれど、セックスには興味津々。
快楽をたくさん味わってみたいと思っている女の子でした。
ハヅキちゃん、未経験だからこそ、性に関しての関心はとても強いようでした。
文字だけのエロチャットなのに、かなり興奮してしまい、マン汁が出始めているなんて言っちゃうんですから。
「なら、もっと興奮するために、通話してみる気ない?」
「無料通話アプリなら・・」
「カカオか、スカイプどっちが良い?」
「カカオで、お願いします」
気分の盛り上がったハヅキちゃんは、素直にID交換に応じてくれました。

 エロい話で盛り上がっていた所為か、通話を始めて直ぐにオナ指示を出すことに成功しました。
反応は、かなり良いものです。
「そんなこと言うから、汁が溢れ出しちゃってるの」
「本当にエッチな女子大生だね、ほら感じるところをいっぱいイジっていいんだよ」
「っはぁ、ああん」
キュートでもあり、卑猥でもある喘ぎ声を出し、彼女は肉体の悦楽をかみしめ始めました。
その声を聞いているだけで、ムスコが過敏に反応。
強烈な硬さにまでなっていきます。
「ハヅキの所為で、チンチンがガビガビに固まっちゃった」
「イヤらしい・・・」
「食べてみたいだろ」
「フェラしたい」
「挿入は?」
「されたい」
従順に、彼女は快楽に飲み込まれ没頭していきました。

 エロチャットで盛り上がった女の子と、エロ通話。
3回ほど繰り返した後、初体験をさせるための待ち合わせを決めてしまったのです。
この展開は、なかなかのファンタスティックでした。
ハヅキちゃんは、待ち合わせ場所にやってきてくれるから、めっちゃ嬉しい気分に。
まだ男を知らない女の子を連れてホテルの中へ。
始めてみる生の肉棒に、彼女の欲情は激しさを増していたようです。
一心不乱にフェラをしてくれるし、愛撫すれば可愛い子猫のような喘ぎ声を出してくれました。
未経験のキツイ膣の中は、実に気持ちの良いものでした。
相互オナニー
ライブオナニー
コメント

テレクラ

2019-06-29 10:54:46 | 出会い
おすすめサイトBEST5
 35歳のセックスレスの奥様と出会ったのは、テレクラです。
どの世界でも、人妻ってエッチしやすいなっていうのが、率直な感想だったりしますね。
テレクラもそうだし、出会い系もそうですが、不満を抱えた人妻は積極的に刺激を求めてるんですからね。
今回知り合った、菜摘さんも不満を持て余しまくりで、連れ出すまで時間がかかりませんでした。

 テレクラでちょこっと話して、お茶するだけの名目で連れ出すことに成功しました。
菜摘さん、子持ちの奥様にしては、随分魅力的に感じてしまう人でした。
大きな瞳、ぽってりした色気のある唇。
サラサラの黒髪。
肉好きは、やや良い方で、抱いたら気持ち良さそうだなと、妄想が膨らんでオッキが始まってしまうくらい。
お茶しながら「ずっと、レスなの?」って聞くと「夫が全然かまってくれないんだ」と、悲しげな表情。
「そういう時ってさ、オナ?それともセフレ?」
彼女はクスッと笑い「両方楽しむの」と言います。
ますます期待が盛り上がってしまう状態。
「今日は不満じゃないの?お付き合いする準備があるけど」
「ほんとに?ホテル代の方は任せられる?」
「当たり前でしょ」
彼女はにっこり笑って頷いてくれ、カフェを出てホテルに向かえたのでした!

 余りにもあっさり過ぎちゃって、笑いが飛び出してしまいます。
さっさとホテルの部屋を取り、エレベーターに乗って移動。
室内に到着して、直ぐに後ろから抱き締めオッパイをモミモミ。
かなりのボリュームでした。
ひとしきりキスや愛撫で盛り上がった後、彼女はバスルームに消えていきました。
綺麗にして出てきた彼女を、飛びかかるようにして食べて行くことになりました。
そりゃまあ、レスで不満を抱えている人妻ですから、反応は実に素晴らしい。
喘ぎ声は強烈。
肉体的な感度も抜群で、激しく反応を示してくれる。
そして人妻のフェラテクニック!
あんた、風俗嬢かよ?と思うぐらい、メチャクチャ魅力的なフェラでした。
ピル服用を確認した後、ガッツリ生で挿入もさせてもらいました。
相互オナニー
相互オナニー
コメント

センズリ鑑賞

2019-06-29 10:54:04 | 出会い
おすすめサイトBEST5
道ならぬ恋だとはわかっていた。しかし、運命の恋だとも思っていた。
僕は20代で職場結婚をして今は子供が二人いる幸せな家庭を築いている。そして彼女も30を手前に見合い結婚をして今に至る。お互いに結婚生活は後悔していない。家庭を持てたことに関してもパートナーに感謝はしている。
しかし、そんな倫理観では括りきれない情炎が僕たちの間にあった。ハートに火が点くとはまさにこのことで、僕たちは燃え盛ってしまったのだ。
きっかけはセックス感の一致だった。子供もすっかり大きくなりそろそろ老後も見据えなければならない年齢となった僕たち夫婦の間には、既にセックスは存在しなかった。いや、正確に言えば妻に性欲がなくなったのだ。しかし、僕はまだまだ性欲満タンである。朝立ちはもちろん勃起しない日はないくらい、常に挿れるものを求めてさまよっているような状態だ。妻とはセックスを超えたところで結ばれているのでこれで不仲になることはない。しかし、収まらない僕の下半身は別問題だ。
そんな時に彼女と出会った。出会いは彼女がパートをしていたレンタルショップだ。僕は収まらない下半身を妻には内緒でエロDVDを借りて処理していたのである。
彼女とはすぐに懇意になった。お互いに既に運命を感じていたのだ。エロDVDにも飽きてきていた僕はすぐにでも彼女を抱きたくなった。そして、彼女も毎日のようにエロDVDを借りに来る僕に対して、私がその性欲を収めてあげたいと考えるようになったのである。
だが、僕は家庭を守りたい。しかし、彼女のことも愛している。それは彼女も同様だ。こんな僕たちが行きついた結論は一つ。センズリ鑑賞だ。ホテルでM字開脚した彼女は見られている快感から股間を濡らす。それを見て僕はいきり立った股間を猿のようにしごく。挿れなければ不倫ではない。家庭は心に向いている僕たちだが股間は双方に向いている。体には触れずとも、センズリ鑑賞は不貞に至らないお互いの性欲を刺激するコミニュケーション手段なのだ。
ホ別2
ホ別苺
コメント

不倫アプリ

2019-06-04 11:45:14 | 出会い
おすすめサイトBEST5
僕はセックスの相手としては、人妻しか狙っていない。
便利な世の中になって不倫を後押しするアプリはいっぱい増えた。ダイレクトメッセージ機能のあるアプリは既に不倫アプリと言っていい。
今日は旦那さんが結構な地位にある奥様を頂いてきた。これも不倫アプリの成果だ。彼女とは不倫相手になるのか単なる遊び相手で終わるのかはこれからの進展次第ながらも、活きのいい僕のような若い男を待っている奥様はいっぱいいる。そんな奥様とつなげてくれるのが不倫アプリである。
僕は基本的には人妻しか抱かない。未婚の女性は避けるようにしている。理由は簡単で、未婚女性とのセックスはつまらないからだ。もちろん、楽しい時間を過ごさせてくれる未婚女性も存在するだろう。だが、確率的に考えても人妻の方が決定的に当たりは多いのだ。僕も不倫アプリから脱け出せば、規範ある一般の社会人である。1日中セックスしていられるお金も時間も体力もない。だから、遊ぶ女性は選ばなくてはならない。その基準に人妻と言うカテゴリに限定している。
つまり、簡単なことだ。遊ぶ相手を自分で選ぶ暇がないので、他の男に選んでもらっているのだ。人妻は相手の男性に見初められて結婚をしている。全く魅力のない女性は結婚さえもできまい。相手の男性が、わざわざ僕のために女性を選んでくれているのであり、僕はありがたくそれを享受しているわけだ。読書や映画でも、適当に作品を選んでも面白い確率よりつまらない確率の方が高いはずで、読むべき本・観るべき映画を数多ある作品の中から選ぶきっかけになるのは、賞レースであったり評判であったりしないだろうか。それと同じで、相手の男性がナンバーワンに認定して嫁入りさせた女性なのだから、やはりセックスするべき価値はあるのだ。
今日も不倫アプリから通知があった。今日の相手は8つ年上の人妻だ。そして、僕も多くの人妻から選んでもらっている。決め手になっているのは、僕がセフレとしての人妻の価値を知っているからだと思っている。
セフレ探し
セフレが欲しい
コメント