something-jpのブログ

something-jpのブログ

ライブチャットオナニー

2019-02-28 09:58:38 | 出会い
おすすめサイトBEST5
海外サイトのアダルトライブチャットの過激さにはちょっとびっくりしている。僕は国内サイトのライブチャットに登録していて、それはそれで楽しんでいるのだけど、基本は寸止めなのである。つまり御開帳はできない。もちろん、いろいろと裏技はあって「見せる」のではなくて「見えちゃった」で逃れられる場合もある。それでも、違反と言えば違反だし、まる見せが公になったら、女の子もサイトにいられなくなるし、僕自身も出入り禁止になる可能性もある。あまりにもリスクが高い。
しかし、海外サイトはその点放置状態。結構な数の日本人の女の子もいて、御開帳どころか、開いて中まで見せるのだからすごい。ライブチャットオナニーについても、下着の上から「アンアン」と小芝居のようなオナ見せをする女の子とは異なり、ガンガン本気でやってくれている。しかもサービス精神旺盛でカメラの位置にも気を配ってくれるから、もうこれにハマるとAVには戻れなくなるくらいの迫力だ。趣向を変えたければ、たまには白肌金髪美女のルームに突入するのも面白い。日本語は通じないがオナニーについては万国共通だな、とよくわかる。
ただ、それでも僕は国内サイトのライブチャットオナニーが好きだ。何と言うか、あまりにもモロ見えだと生々しすぎるのである。オナ見せが生々しいなんていい年こいた大人が考えることではないのはわかっている。「アンアン」と言うかわいい喘ぎについても、オナ見せならぬ、聞かせ喘ぎなのだと思う。それでも、やっぱり、隠すべきところは隠す「チラリズム」の美学と言うものは確かに存在するのだ。それも含めてライブチャットオナニーは、女の子がオナニーを演じて見せているショーだと割り切れる。海外サイトで見る限り、本当のオナニーはもっと生々しいもので、日本のそれはストリップに近い性質があるように思う。僕は、そんなショーマンシップに溢れた芸的オナニーの方が、リアルな本気オナニーよりもファンタジック感が溢れていて好きなことに気づいた次第である。自由過ぎれば自由ゆえの不自由が生まれる。想像の余地を残した不自由さの方が、見る方にとって幸せなケースはあるはずだ。
オナニー鑑賞
エロイプ
コメント

センズリ鑑賞

2019-02-28 09:57:22 | 出会い
おすすめサイトBEST5
俺も確かに勘違いしてたよ。
センズリ鑑賞って女の子を誘うと簡単に「センズリ鑑賞くらいなら」と付き合ってくれて、さらにそそり立ったモノを目の前にしてると、どんな貞淑な女であろうと、その気になってくる・・・と信じてた(爆)
だけど、そんなセンズリ鑑賞、アダルト動画の世界だけなんだよな。
俺、この間、センズリ鑑賞ってことで、五千円で女の子にお願いしたの。
そしたら、その子、本当に見てるだけ!なの。
じーっと、無表情に見てるだけ!
「触ってみても・・・いいですか?」なんて言ってこないし!
「大きいですねー。わーカチンカチン!」とかも言わないし!
ただ、本当にじーっと見てるだけなんだよ。
うわぁ、これが本当にセンズリ鑑賞なんだ・・・?ってきっつい思いしちゃったよ。
見られてるという興奮はあるけど、ただじーっと無表情に見られてると、「観察」されてるような気分になって、自分がヘンタイのモルモットになったような気分になって・・・
結局萎えてしまいました・・・。
こんなこっぱずかしいことあるんだ!って自分でも愕然としてるよ!
センズリ鑑賞お願いしていいかな、なんて女の子を五千円でお招きし・・・そそり立った立派なモノを見せつけても、女の子は無表情で・・・見る見るうちに萎えてしんなりしぼんできて・・・
「あ、あれぇ、今日、ダメみたい」ってテレ顔で告白。
最悪じゃん!俺、何がしたかったんだよ!って感じだよなー。
だけど、女の方も問題ありだと思うよ?
センズリ鑑賞って言ったら、もっとリアクションしてくれないと!
生活費支援
お金をもらう
コメント

お金がない時はどうする

2019-02-26 20:52:22 | 出会い
おすすめサイトBEST5
「お金がない時はどうする」っていわれても、ずーっとお金が足りないことが続いてるから(笑)。カードのショッピング枠で、スーパーで買い物して、自炊して何とかしのぐのが当たりまえ。リボにはできないから、毎月、前月分を返済して自転車操業。
それでも苦しいときがあって、返済ができないってときがある。前は、親に電話して泣きついてたけど、もうわたしも30近いし、ひんぱんにはできない。実家もそんなに金持ちじゃないんで。
どのカードも使えなくて、どうにもならなくなったら、昔の彼に電話します。もう相手もわかっていて「こんどはいくらいるの?」っていわれる。だいたい借りるのは、3万円とかそんな感じ。セックスしたいっていわれればするし、口でいいっていわれたらそうする。もう話は簡単。彼はいまは彼女がいるけど、わたしは彼の子供を2回おろしてる。その時の手術代はわたしが払ってる。わたしはそのことはいわないけど、彼はわたしを完全に無視することはできないみたい。
ほんとに、彼にお金の相談するときはみじめです。でも、その何万円かのお金があれば、何とか乗り切れると思って、耐えます。
彼のことは、まだ気持ちが残ってると思う。お金もらうのはつらいけど、会う前は、やっぱりわくわくする気分がある。ホテルで2人でいると、昔に戻ったみたいになって。
でも、もうそれも無理かも。彼はそろそ結婚するらしいし。結婚してからもわたしみたいなのとお金のつながりは持ちたくないだろうし。
お金がない時はどうするってことはわたしにとっては、すごく身近な問題。彼には協力してもらえなくなったら、また、新しい人をみつけなくちゃいけないかもしれない。でも、その彼は、わたしとは切れたいとはぜんぜん言わない。まずいとは思うけど、このまま今のような関係をつないでいければ、わたしとしては、ありがたい。














お金くれる人
愛人募集
コメント

困った時に助けてくれる人

2019-02-26 20:49:46 | 出会い
おすすめサイトBEST5
困った時に助けてくれる人、そんな人の存在があれば一番良いですよね。

現実的に私の周りにはそういう人はこれまではいませんでした。

どちらかというと他の人が困っていても我関せずというタイプが多かったのでプライベートでも充実した時間を過ごすことってあまりなかったんですよ。

しかし今回の出会い系を利用したことで最高に良い体験ができました。

いやらしい話ですがお金をたくさん稼いでいる人だったんですよ。

難しい話はよくわかりませんが、彼はお金を株で儲けているらしく、相当に余裕があるように思えました。

いろんなことに関して知っている人でしたのでデートをするだけでも楽しい時間を過ごせたと思います。

困った時に助けてくれる人は間違いなく私としては彼だとおもいますし、彼自身も私をパートナーとしてみてくれているようです。

色んな体験をこれまでしてきましたが今回の男性に関しては私が想像をしていること以上のに尽くしてくれていると思います。

半端な人であれば私としてはあまり付き合わないのですが、彼は私のためにこういうことをしようというような気概まで感じることができるんです。

デートをするだけでお金をくれるというような人に出会えたことがなかったので会うたびにお金がどんどん溜まっていくという不思議な感覚を味わっている今日この頃です。

私としてはとにかく積極的にいろんな人と仲良くしたいと思っていただけに彼に出会えて幸せです。

困った時に助けてくれる人は世の中にはたくさんいるわけではないと思いますが、出会い系でもそういう人がいますのでしっかりと確認してみると良いと思いますよ。

いろんなタイプの人と知り合ってその都度良い体験をさせてもらえます。
愛人契約
愛人募集
コメント

愛人募集掲示板

2019-02-25 11:07:05 | 出会い
おすすめサイトBEST5
出張が多い会社に勤めていて、家を空けることが多い。
長いときは月単位での出張をすることがあり、先日は北海道に三か月滞在した。
そのため、世に言う夫婦生活と言うものをあまり送れていないと自覚している。
家を守ってくれている奥さんには申し訳ないのだが、出張の時の楽しみと言えば、現地の愛人募集掲示板で一夜限りの愛人を探すことである。
やっぱり、周囲に知っている人間もいない味気ないホテル生活だから、愛人の一人や二人は作りたいのだ。
前述の北海道滞在時も、僕は愛人募集掲示板で一人の愛人候補を得た。
ナナミちゃんは、現地の女子大生であり、ストレートにお金が欲しいと言ってきた。
正直なところ、可愛いわけでもなく見た目平凡な女の子だったが、そこそこに感じもよくて、割り切ってセックスするのならばこのくらいの子がいい。
あまりに美人すぎたり相性が良すぎたりすると、出張が終われば、家では奥さんが待っている立場。気持ちの面で割り切ることができなくなってしまうことが怖いからだ。
それから、三か月の間にナナミちゃんとは、数回関係を重ねた。
最初に会った時はぎこちなさを感じたが、この三か月のうちに彼女はどんどんセックスが上手くなっていった。
しばらく関係を続けていると、最初こそ、いまいちだなと思っていた風貌も味わいとなっていた。
もうちょっと愛人関係を続けたいな、などと思うようになっていたが、出張以外で北海道に来ることはまずない。ナナミちゃんとお別れする時がやって来たのだ。
そして、出張最後の日、ナナミちゃんは空港まで見送りに来てくれた。そこにお金は絡んでいない。彼女の意思で来てくれたのだ。
僕がタラップを上りきるまで、ナナミちゃんはずっと手を振ってくれていた。その目は心なしか潤んでいるように見えた。
飛行機の中で、僕は大きな喪失感を味わっていた。北海道との距離を理由にして、僕は何か大切なものを失ってしまったのではないか?
そんな思いをしながらフライトを終えて空港に降り立つと、奥さんが車で迎えに来てくれていた。
「出張は楽しかった?」とハンドルを握りながら聞いてくる奥さんに「まあまあだったかな」と、僕は空かした返事をした。
やがて僕はナナミちゃんのことを忘れてしまうだろうし、彼女も僕のことを忘れるだろう。
そして、僕は次に命じられた出張先の愛人募集掲示板を漁るのだった。
愛人契約
パパ活
コメント