something-jpのブログ

something-jpのブログ

避妊

2015-10-26 12:05:16 | 出会い

女性は避妊に対して3タイプの考え方に分かれると思います。絶対に避妊する派と、安全日や仕方のない時には
避妊しなくてもいい派、どうになるさと考え避妊しない派、の3つです。
私は学生の頃から2番目のタイプに近かったです。どうしてもコンドームがない時にそういう雰囲気になって
しまってもコンドームがないという理由でエッチを断るなんてできないと考えていました。しかし、そういう
ことをしている内に男性の方が怖がるようになったのです。すると避妊しないと言うならエッチしない、
という流れになってしまうことが増え、女としてもなんとなく悔しい思いをしました。
それ以来、いつどんなに安全だろうという時でも絶対に避妊するようになりました。もちろんコンドームは
常備して、カバンの中に新しいものいつも持っておくことにしました。
しかしそんな私を彼らはどれだけヤル気マンマンな女なんだ、という目で見るようになったのです。
私はさらに納得が行きませんでした。避妊しないならエッチしない、というのがイヤだからいつでもきちんと
避妊してセックスできるように、ある意味私と相手を守るためにコンドームを持ち歩いているのに。
そんな私を唯一理解してくれたのが今の彼氏です。彼には付き合ってエッチする前からこういった話をして
私は間違っていないと思う、と相談してきました。彼は、避妊は自分の為だけじゃなくて相手の男性への配慮と
いう点を評価してくれて、私と付き合うことになりました。

セックスしたい
セフレ掲示板
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

無料掲示板

2015-10-26 11:49:49 | 出会い

最初はただ自分のブログに無料掲示板みたいなものを設置しようかと思ってただけなんだよね。
いろんな人が簡単に参加できて、コミュニティーみたいな感じで広がるといいなとかそな感じ。
別に自分のブログって人気サイトってわけでもないし、特にこれと言って特徴もないしさ、無料掲示板を設置しても何も変わらないんじゃないかなとは思ったよ。
けど、結構、ブログで話題を振りまいてると(まぁ、種まきみたいな?)食い付いてくる人もいる。で、ディスカッションじゃないけど、いろんな人が自分の意見を書き込んでくれるようになってさ。
ついには、オフ会っていうか、プライベートでも会うようになった。
ちょっと無料掲示板を利用しただけなのに、こんなに世界が広がると思ってなかったから正直びっくりしてる。
逆に人気ブログじゃなかったから、うまくいったのかも。少人数で和気あいあいって感じでさ。
最初は5人くらいで集まって、2回目は、その人たちが知り合いとか友達とかも連れて来て、集まったのは20人くらい。
これ以上増えると、色々面倒だから、もう会員制にして、増やしてないけど、その分みんなと関係が密になった感じがして、すでに2組カップル誕生してる。
やっぱり、実際に会うと、親近感がわくのも嬉しいけど、無料掲示板への書き込みもとげとげしたこと書く人もいなくなってさ。
そりゃそうだよね。今度会うかもって思ったら、下手なことかけなくなゃうし。
自分のブログが縁で、いろんな人がつながっていくって実感が楽しくて、無料掲示板導入してよかったって心から思ってる。
セフレアプリ
ヤリマン
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ヤリマン

2015-10-21 14:48:44 | 出会い
ヤリマンっていうのはほんと寂しいわ。
出会い系ばっかりで会ってるから、ヤリマンばっかりだけどさ。
でも、たまに出会い系始めたばっかりの子とかあうじゃん。
だからわかるんだよ。新鮮な子ね。

もうガバガバだよな。
ガバガバ。

ヤリマンの定義ってガバガバでしかないよ。
俺のちんこがさ、せっかく入れたのに全然感じないと言うか。
それは嘘だけどさ。
なんか、理想はね、入れた瞬間に包まれるような暖かさがひしひしと
伝わってきてね、そんで奥に当たった瞬間、女の子のよがり声が聞こえる
っていうパターンが一番萌えるよな。

パチンコで言ったらリーチアクションだよ。
これを見るためにSEXしにきてるようなもんなんだ。俺からすると。

ヤリマンの子だと、入れた瞬間がちょっと欠ける。
なんかスルッと入りすぎなんだよね。
あんまり違い分からないっていうじゃん。
そうでもないんだよ、すごい分かるときあるんだって。

多分、前任者の方がかなり大きかったんじゃないでしょうか。
明らかに広がってる子っているよ。
まぁ中はそうでもないけど、え、皆も分かるでしょ?

そんでそういう子って奥までついたときの感動がめちゃくちゃ薄い。
あ、とかう、とかないこと多くてさ。

SEX大好きなんだろうな。それは嬉しいことだけど。
入れた瞬間からうおーって感じになることが多くって。

こだわりすぎかもしれないけど、ちょっとだけ言いたかったんだ。
カカオトーク
Omiai
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Omiai

2015-10-21 14:31:03 | 出会い

フェイスブック系のマッチングアプリには、健全なイメージなものが多いです。中でもOmiaiは、
真剣に結婚相手を探せる心強いアプリで、マッチング系のアプリにしてはめずらしく女性の利用者も
有料というのも頷けます。様々なメディアでも取り上げられてるOmiaiは、信頼性も高く有料化になった
今も私は使い続けています。
いいね!やスペシャルいいね!という機能で、気になる男性に間接的にアプローチしますが、これにも
ポイントを消費するのでその辺りは正直イタいところではあります。ただし、有料化されたことでこちらの
真剣度合いも伝わりますし、ひやかしの女性ユーザー(女性にとってはライバルですね)は減ったことも
事実です。Omiaiの男性利用者の多くもまた、真剣な交際相手を探している方がほとんどです。
ですから、ライトな出会い系やいかがわしい出会い系サイトの比べるとずっと健全に利用できます。
私がOmiaiがきっかけで出会った男性は今のところ2名です。1人は35歳、もう一人は31歳の方でした。
35歳の彼とは、月に2回ほどデートのようなことをして会っています。エッチはしていません。
31歳の彼とは毎日メールや電話をして、恋人同士のような会話を楽しんでいます。どちらの男性とも
まだお付き合いするに至っていませんが、31歳の彼がそろそろ会って話したいことがあるというので
もしかしたら展開があるかもしれません。真面目に恋をして、良縁を得るのが目的のOmiaiは、大人の
未婚男女にはピッタリなアプリだと思います。

愛人生活
愛人契約
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

救世主

2015-10-19 16:47:48 | 出会い
パパ募集サイトランキング
救世主って人生の中で出会うことって、稀にあるかもしれない。
私の場合、どん底にいた時、救世主が現れた。
会社がつぶれて、行き先失って。家も出て行かなきゃいけなくて、もうどうしようかなーって。しばらくは、同僚の子の実家に一緒に住まわせてもらってたけど、ずっとお世話になることもできないし。
仕方ないから、ネット難民してたんだ。
最初はみじめだったし、慣れない生活で肌荒れに悩まされたし、不眠症になって。
このまま死ぬのかなーって思ったら、急に人生が惜しくなってきたんだ。
「今までやりたいことも出来ずにいた人生で、このまま終わってたまるか」みたいな気持ちになった。
で、あれって考えて、私、何がしたいんだろって真剣に考えたら、今まで修学旅行以外でまともに旅行行ったことないなって思って。
「よし、旅に出よう」っていうのはいいけど、じゃ、どこにする?って悩んじゃって。
ネカフェでちょっと顔見知りになったおじさんと話してたら「あー、そういう時は伊勢がいいよ」って。
で、伊勢神宮に行くことにしたんだ。行くだけでいい、行った後のことまでは考えない。
貯金も100万切ったし、もう好きに使うって決めた。
深夜バスで行こうかと思ったら、おじさんの知り合いでトラックの運転手してる人がいて、連絡してあげるっていうから、お願いした。
ちようど大阪方面まで行くから、途中まで乗せてもらうことになった。
最初は二人で何も話さずにいたんだけど、なんか自然と私、涙が出てきて。
「事情は知らんけどぉ、なんとかなることの方が多いよ」って彼が言った。その言葉になんか救われてさ。ほんの一言なんだけど、体温のある言葉だったんだ。
彼が救世主っていうか、命の恩人かな。
茶飯
愛人探し
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする