something-jpのブログ

something-jpのブログ

キス友達

2013-10-29 14:57:14 | 出会い
キスフレ
最近どこからともなくキス友達、キスフレという言葉を聞いた。
ぐぐったらキスまでなら出来る男友達のことらしい…
付き合ってはないけどキスまで出来るってどういう関係なんだ。
もう30歳を過ぎたおじさんは理解に苦しみます。
でもね、キス友達なんてきっと遠い世界のお話だと思っていたのです。
先月まではね。
自分には4ヶ月前から付き合い始めた可愛い可愛い彼女がいます。
年齢は自分の8つ下で23歳、若さと元気爆発中の女の子です。
勤務先のハンバーガーショップで正社員とアルバイトの関係だったのだが
飲み会で意気投合して付き合うことになったのだ。
決して社員がバイトに手を出した訳ではない!!※自分がバイトでもない
ただね、年齢差と体力、ノリの違いを埋めようと頑張ったのです。
週末になれば色々なレジャー施設にデートに出かけ、仕上げはカラオケ。
聞きなれない若者音楽を必死で覚えて頑張ったのです。(2度目)
ですが、やはり歳には勝てなかった…
段々とほころびが出始めるのです。
週末くらいゆっくりしたい、友達と飲みにいきたい、静かにしていたい。
カラオケだって80年代が好きだ!
そうすると段々彼女もおじさんより友達と遊びだすのです。
しかも一緒にいる男はダメージジーンズにタンクトップ着てるタイプ?
おじさん、びびっちゃいます。
でも、ただ遊ぶだけなら良かったのですが…
割と最近の日付を書いたプリクラを発見したところ…
なんと!!チューしてる!!!アメリカンなやつー!!!
そりゃもうね、問いただしたよ、どうなってんだってね?
そしたらさ…出てきたよ…「キス友達」
『キス友達だし。結構みんなもしてるよぉ~?』だってさ。
俺はこのいかついタコと間接キスしてたのか…。
さすがに31歳のおじさん、怒りました、そして泣きました(笑)
やはりキス友達なんて遠い世界のお話でいいです。
やっぱりチューは好きな人とね。
出会い系
キステク
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

LINE 出会い

2013-10-28 17:49:22 | 出会い
人妻との出会い
LINEって…出会いにも使えるんですね、
まったく知りませんでした、LINEは普通に知ってる人としか会話できないものかと。
出会い掲示板なるものがあるそうです。私は最近知りました。
なんというか衝撃ですね。こんな身近なアプリ…LINEにも出会い要素があるとは。

それを知って、いろいろと葛藤はありましたが、出会い掲示板。使ってみることにしました。
私は最近まったく出会いがなかったからです。前の彼氏とはついこの間別れてしまいましたし。
しぶしぶではありましたが、掲示板に書き込みました。
翌日、朝を告げるアラームの音で目が覚めると、LINEの通知が。

知らない方からメッセージが来ています。これは掲示板を見てくれたと、そういう認識でよさそうです。
「はじめまして、掲示板拝見しました。よろしければ出会いませんか?」
とのことで、もちろん!よろしくお願いします。と送りました。

色々と場所や待ち合わせ場所、近辺のホテルを打ち合わせして、いざ待ち合わせの日。
待ち合わせ場所にいたのは普通の男性で、少しほっとします。
もし怖い方が…と思うとやはり多少なりとも怖かったです。
そのことをあとで話すと「そんな人ほとんどいないよ」と笑われてしまいましたが。

お茶をして、お互い打ち解け合ってからホテルへ向かいます。
何故か緊張することもなく部屋でくつろげました。
予想以上に彼が相性の良い人間だったこともあるでしょう。
その後、行為をし、私たちはLINEで今後も連絡しあうことを約束して帰りました。
行為は気持ちよかったです。ジャストフィットでした(笑)

今も関係はあります。これからも楽しんでいこうと思っています!
主婦 恋愛
人妻 不倫
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

出会い系サイト 割り切り

2013-10-26 15:35:11 | 出会い
セフレサイトランキング
割りきって出会い系をする人がいる。
業者はその一人だ。
昨今ではコミュニケーションを通じて金銭を稼ぐビジネスも盛んである。
このことを老いた人間たちは知らない。
しかも、若いものでこそも知らないのだ。
これは情報格差であって、紛れも無い戦略なのである。
無知は罪である。
出会い系を利用して詐欺を計るものもいる。
人を動かす人間はかくも罪深い生き物でもある。
他に割り切った関係というと、金銭面か、身体的関係のみであるか。
そういった殺伐とした関係は現代には何故か多くなってしまった。
終わった後にすっきりと別れられ、後ぐされのない関係が望ましいのだろう。
人は共有することを知った。
所有することではなく、物事を共有するまでになったのだ。
これまで普通とされてきた夫婦という概念も、今では怪しいものとなっている。
若い人達はお金に対する執着もないことであるし、こういったサバサバとした感情は一体どこに向かうのだろうか。
何か人は、どんどん機械のような情緒に変わっていっている気さえしてくるものだ。
割り切った関係というものは時として残酷だ。
人間味がない関係とは、金の切れ目が縁の切れ目というような、拠り所のない関係だ。
これは個人主義としても理解できる。
インターネットの本質は、実は個人主義なのではないだろうか。
そうした割り切ったことは、時として悪い方向に傾く、それも大袈裟に、しかし、これを巧く使う人間は、機械のように人間を扱う。
素材として人間を認識しているのだろう。
末恐ろしい時代である。

旦那 出会い系
出会い系サイト
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

セフレの作り方

2013-10-21 23:22:08 | 出会い
セフレサイトランキング

セフレの作り方って色々あると思います。
ネットでは「セフレの作り方」で検索すると、出てくるのは出会い系サイトでの出会いばかりですが、実際にはもっと色々あると思うんです。
例えば職場とか合コンでも、しっかりセフレはできますよ。
私の場合は、いつも近所の居酒屋さんなどで出会った人とセフレになる事が多いです。
チェーン店では最近個室も多くて難しいかもしれませんが、個人でやっている小さなお店だと、店内は狭くて隣の席との距離感も近いです。
私のセフレの作り方は、たまたま隣に居合わせた男性とお酒の力を借りたノリや勢いで連絡先を交換したり、そのままホテルに行っちゃったりとう感じです。
友達と一緒にいるときや、人目が気になるようなときには連絡先交換に留めますが、そういう場所で出会った人って、だいたい家も近くて都合が良いんです。
セフレって、そういう気分のときにすぐ会えるのが肝心だと私は思っているので、家が遠いと意味がありませんよね。
それに、共通の知人がいる可能性は低い方が良いに決まっているので、職場や友人の紹介である合コンなどは、ヒミツの関係を維持するといった意味ではあまりオススメできません。
近所の居酒屋さんというのは私のセフレの作り方としてはこれ以上はないスポットですよ。いわゆる穴場だと言っても過言ではないと思います。
それぞれの出会い方があると思いますが、以上が私イチオシのセフレの作り方です。ぜひ参考にしてみて下さい。
ミントC!Jメール
割り切り 相場
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ミントC!Jメール

2013-10-18 17:19:29 | 出会い
出会いサイトランキング
何度もミントC!Jメールを利用している僕だけど、初めて女の子と顔を合わせるときは、いつだって緊張する。
その日、いつものようにミントC!Jメールで今日会える子を探していると、暇しているという21歳の専門学校生を見つけた。
早速メールを送ると、返信はすぐにやってきた。
ドMだという彼女。
「いじめてほしい」
メールの段階からエロモード全開で、僕もすぐに前のめりに食いつきました。
そして時間も惜しいとばかりに、即効で待ち合わせを決めて、すぐに会うことに。
相手が最初っからエロいテンションの女の子と会うのは初めてだったので、僕もいつにも増して緊張の待ち合わせです。
待ち合わせ場所に現れたのは、大人しそうなどこにでもいるような感じの女の子。
僕はいかにも遊んでますっていうような、ギャルっぽい子を想像していたので、ちょっと拍子抜けした感じ。
そしてメールのテンションとは反対に、恥ずかしそうにして、中々目を合わせようとはしない。
でも、そんな姿は可愛くて、恥ずかしそうにしている姿を見ているだけで、いじめたくてうずうずしてくる。
僕は彼女の手を取ると、一瞬ビクッと反応したが、僕の手を握り返してきた。
そしてホテルに向かって歩いていこうとすると、彼女から何か手渡された。
それは、何かのスイッチだった。
大人しそうな顔をして、彼女はとんでもなくエロい女の子だった。
それはローターのリモコンスイッチ。
彼女はもう自分で装着していたのだ。
スイッチを入れると、彼女は「あっ・・・」と小さい声を上げて僕にしがみつく。
そして潤んだ瞳で僕を見つめた。
そんなAVみたいなことをやりながら、ホテルに向かった。
ホテルに着いた頃には。彼女のアソコはもうグショグショ。
人は見た目じゃわからないというけれども、僕は心底そう思った。
そして彼女はカバンの中から、バイブ、電マ、筆、目隠し、首輪など色んなグッズを広げた。
メールの通り、真性のMの彼女。
僕はその日、彼女が持参した色んな道具を駆使して、彼女をいじめた。
彼女はその日、ベッドがビショビショになるほど大量の潮を吹き、何度も何度もイった。
想像を絶するエロさ。
癖になる。

セフレの作り方
わりきり
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする