something-jpのブログ

something-jpのブログ

テレフォンセックス

2020-01-17 14:45:10 | 出会い
おすすめサイトBEST5
 女子会の時は、男の人たちが知らないようなエッチな話をするのが女の子です。
24歳、社会人の私も女子会に参加するときなどは、友達たちと一緒に、エッチな話に興じたりします。
多くの友達たちの一致した意見、それがテレフォンセックスは気持ち良いでした。
実は、私はテレフォンセックス未経験。
だから、友達たちの言うことが、飲み込めない状態でした。
「知らない人と通話して、エッチなこと言われると凄いドキドキするよね」
「1人でのオナニーとは、全然違う快楽だからね」
「気軽だし、病気の心配もないし、ハマっちゃう」
これが大方の意見。
経験がない私にとって、どんなものなのか想像ができなかったのです。

 彼氏のいない私。
性処理は、やっぱりオナニー。
1人でこっそりと、卑猥な部分を触ってしまいます。
その日もムラムラが激しくて、オナニーをしていたのですが、何となく乗れなかったのです。
そんなとき友達たちの話した、テレフォンセックスを思い出しました。
1回ぐらい挑戦してもいいかな?っていう気持ちに。
以前友達探しをしたことがある出会い系で、テレフォンセックスを教えてくれる男性探しを始めてみました。

 投稿するとメールが届くようになります。
期待しながら開封。
この人ならと思う方と、何度かのメールを往復した後、通話してみることにしました。
その時の相手は29歳、独身の会社員の人。
「今日は、エッチな気分になってるの?」
「はい・・」
「彼氏は?」
「彼氏はいないんです」
「それじゃ、菜々(私)のオマンコは寂しがってるんだね」
「・・・」
「くぱぁして、じっくり観察してあげようか?」
こういう卑猥な言葉を使われて、いつの間にかハートに火が付いてしまっている自分がいました。
耳やあの部分が、とても熱くなっていきました。
「パンツの上から触って」
言われるがままにオナニーをする。
声が出てしまう。
「菜々のアヘ声聞いてオチンチンがコチコチだよ」
相手のオチンチンのことを想像して、またも心が燃え上がって行く。
触る指の動きが、次第に早くなっていくのでした。

 男性のオナ指示の声を耳にしながら、無我夢中でオナニーに没頭してしまった形です。
友達たちの言う、テレフォンセックスはきもちいいという意味が、凄く理解できてしまって、これ癖になってしまいそうで怖いです。
オナニー指示
オナ電掲示板

コメント   この記事についてブログを書く
« テレセ掲示板 | トップ | オナ電アプリ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

出会い」カテゴリの最新記事