something-jpのブログ

something-jpのブログ

オナニー鑑賞

2019-02-01 14:32:02 | 出会い
おすすめサイトBEST5
艶めかしく女の子は腰をくねらせていた。
一度、女の子のオナニー鑑賞をしてみたかったのだ。僕はエロ動画でもオナニーものが好きだ。女の子が自分の指で自分の意志でイク。男主導でない女の子ひとりのオナニーには、女性が本来持つ力強さを感じることができる。そんな女の子の生のオナニーを目に焼き付けておきたかったのだ。
そこで、出会い系サイトで援助交際募集している女の子にわずかながら貯金からねん出したお金を弾んでみた。セックスよりリスクが少ないオナ見せだから悪い話ではあるまい。ただし、条件はある。こちらは一切手を出さないし、体にも触れない。たとえ女の子が望んでもこちらからの手助けはしない。例えば相互オナニーなどは断るつもりだ。あくまでも、こちらは見ているだけだからだ。
それでも良ければ、と言うことで、名乗りを上げてきた女の子がいた。年齢は僕とそう変わらない。僕よりはかわいいと言える。
オナニー鑑賞については特に抵抗はないらしい。実際にそれを望んできた男性もいたということだ。ただし、好色そうな目で覗かれて恥ずかしさにイクにイケず、とりあえず演技でごまかした、と言っていた。
目の前にいる僕が彼女のオナニーの対象になりうるかどうかの勝負だが、それについては大丈夫だと思う。ルックスはともかく僕には言葉がある。女の子が困っているようならば、言葉責めやオナ指示をすればいいし、それには自信がある。
そして、僕はオナニー鑑賞を始めた。遊び過ぎなのかきれいなまんことは言えなかったが、男性の欲情をそそる形ではある。僕はちょっと戸惑っているような女の子を言葉でリードした。僕のオナ指示はおそらく当たりだったのだろう。女の子は瞬く間にイってしまった。「独りでやるより断然気持ちいい」とも言ってくれた。
さて、これで僕の遊戯は終わりだ。僕はついぞこの女の子のようにオナニーは楽しめなかった。それどころか嫌悪感さえ抱いていた。もちろん、自分の快感ポイントは知っていた。しかし、僕の心は女性のオーガズムを拒否し続けてきた。
僕は女性を卒業する。来週には性転換手術を受ける。自分の中に残り続けている女性への未練を断ち切るためのオナニー鑑賞だったのである。
クリトリス調教
クリトリス調教
『ラブラブ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 裏垢女子 | トップ | チャットオナニー »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

出会い」カテゴリの最新記事