something-jpのブログ

something-jpのブログ

支援してくれる人

2019-12-02 11:05:26 | 出会い
おすすめサイトBEST5
 支援してくれる人は、ネット上には確実に存在している。
私は確信を持って言うことが可能です。
27歳、現役のバスガイドをやっています。
お給料面では不満もあった私。
支援してくれる人が、欲しいとは思い続けていました。
ネット使えば何とかなる。
ネットの中なら確実に相手が見つかる。
そう信じて、パパ募集を始めました。
利用者の多い出会い系を利用したことが、とても良かったのかもしれません。
私にも、肉体関係なしで支援してくれる人を探せたのです。

 私は、有名観光地で生活をしている女です。
毎日が仕事と職場の往復のみ。
休日と言えば、無駄なお金を使わないため引きこもり。
何だか体に悪い生活を続けていました。
遊びに行きたいけど、余分なお金がないのです。
生活でぎりぎりなんです。
だから、引きこもるしか方法がなかったのです。
こんなとき彼氏でも言ったら話は、また別なんでしょうけどね。
独身でフリーの私、遊ぶお金やおしゃれするお金が欲しいと思い、食事パパ探しを真剣に初めてみたんです。

 利用者が多くて安心出来るところが良い。
そう考えて人気の出会い系に的を絞ってみました。
お金持ちの人なんだから、料金が必要なところで相手を探すだろうと思ったからです。
後から思うに、この考えも間違いではなかったみたいです。
食事で癒やしてくれる人を募集していきました。

 なかなか手ごたえを感じるメールが届かなかったのですが、それでも望みをかけて掲示板の投稿を続けました。
すると、1人の方からの連絡が。
食事だけの関係を作りたいと書かれていました。
相手の条件は、都度払いでも月額でもどちらでも良いと言うこと。
ディナーかランチの都合の良い方に付き合ってくれれば良いと言うこと。
さらに、関係を作るかどうかを決めるための待ち合わせもして欲しいとお願いされました。

 激しい緊張の待ち合わせでした。
そこでお話を続け、試しに2、3回食事をしてから継続を決めたいって言われちゃったんです。
もちろんこの試しのお食事でも支払いが出ると言ってくれました。

 最終的に、パパが私を気に入ってくれたんです。
一緒にいて、心が安らぐと言ってもらえました。
都度払いをお願いして、会うたびに3万円の支払い。
とんでもない高額のパパを探し当ててしまいました。
デブのパパ活
すぐにお金を稼ぐ方法

コメント   この記事についてブログを書く
« お金を助けます | トップ | パパ活掲示板 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

出会い」カテゴリの最新記事