something-jpのブログ

something-jpのブログ

お金欲しい掲示板

2019-12-02 22:26:06 | 出会い
おすすめサイトBEST5
工藤さんとはお金欲しい掲示板を通じて知り合った。ストレートなネーミングであるが、その通りにお金が欲しい女性だった。
ルックスは申し分なかった。普段は小さな会社で経理の仕事をしていると言っていたが、地味な事務方とは思えない輝かしいオーラのようなものがあった。それはおそらくくっきりした目鼻立ちから来る印象だろう。メイクをするとその際立ちはさらに映えた。
「でも、私に声をかけてくる男性なんて誰もいないよ」と、工藤さんは言っていた。
たぶん、それは真実だと思う。もし、僕の同僚に工藤さんのような人がいたら、際立ちすぎていて逆に遠慮してしまう。そして、心ならずも隣の部署のすぐにやらせてくれそうなブサカワちゃんの方にお手軽に走ってしまうだろう。
そんな工藤さんが裏ではお金欲しい掲示板で、僕を含む不特定多数の男たちと付き合っているのだから世の中はわからないものだ。
「別に出会いを求めているわけじゃないからね。単純にお金が欲しいだけだし」
そんなにお金を貯めてどうするの?と工藤さんに聞くと、彼女は笑いながら「会社やめて花嫁修業でもしようかしらね?」と言っていた。
それが僕と工藤さんとの出会いだった。後から聞いた話では、工藤さんは副業で始めた個人輸入業でしくじって借金を抱えていたそうだ。そして、借金返済のためにお金欲しい掲示板に出入りしていたと言うことだった。
「自分の失態で周りの人に迷惑をかけたくなかったから」と、お金を借りるような真似はせず、文字通り体一貫で借金の返済を続けていたのだそうだ。
何度か工藤さんと寝ている内に、僕はすっかり彼女のことが好きになっていた。彼女が借金を返済すれば、もうお金は必要なくなる。お金欲しい掲示板にも現れなくなるだろう。僕にはそれが耐えられなかった。僕はお金は抜きにしてこれからも付き合ってもらえないか?と工藤さんにプロポーズをしたのだ。
しかし、それはあっさり断られた。
「付き合っちゃうと、自分の失態に恋人からお金借りて返した、ってことになっちゃうからね」
工藤さんはそう言うと、恋人に甘えるように僕に腕を絡めてきて、これまで経験したことのない熱い別れのキスをしてくれた。
支援掲示板
パトロンとは

コメント   この記事についてブログを書く
« パパ活掲示板 | トップ | トイレフェラ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

出会い」カテゴリの最新記事