something-jpのブログ

something-jpのブログ

主婦のパパ活

2021-02-26 17:48:46 | 出会い
おすすめサイトBEST5
パートに出るより、主婦のパパ活の方がまだ現実的かなーって思っちゃいますね。
自分の場合は、もともとパパ活してたんです。
結婚した後も、パパ活の関係は続いていて、時々会ってお小遣いもらう程度だったんですけど、うちの旦那が転職してお給料下がって、それから本格的にパパ活に乗り出したという感じです。
旦那には言ってないです。
よく「お前もパートとか仕事してくれないかな」なんて言ってましたねー。
家計のこと、分かっていないんですよ。
私が主婦のパパ活で得たお金を生活費に充ててるなんて気付いてないでしょうね。
実は、主婦のパパ活に本腰を入れるようになってから、貯金も増えてるんです。
主婦のパパ活の相手って60代とか70代とかの相手もいるので、一回もらえる額が大きいんですよね。
5万以下ってことはないです。
私みたいに、主婦って時間が比較的自由じゃないですか。
60代~70代の男性も比較的時間がある。お金もあるけど、人と会う機会がない、寂しい・・・利害が一致するんです。
体の関係は・・・相手次第ですね。
相手が求めれば、というのと、こちらの気持ちもありますし。
体の関係がなくても、要は寂しさを埋めてあげる、ということが大事になってきます。
メンタルケアという側面の方が強いかもしれませんね。
主婦のパパ活もそういう精神面をケアしてあげることで、上手く行くことが多いと思います。
包容力というんでしょうか?やっぱり、男性はいくつになっても女性に甘えたいんです、そこを分かってあげると、主婦のパパ活もやりがいがある仕事と言えるんじゃないですか?
お金支援掲示板
シングルマザーのパパ活
コメント

お金を恵んでくれる人

2021-02-26 17:48:07 | 出会い
おすすめサイトBEST5
15年前に離婚を経験して以来、セックスをしていない。正直な話、元妻との夫婦生活を通してセックスと言うか女性との付き合いに少々疲れてしまったためだ。
離婚の原因は私の浮気だった。奥さんが身ごもっている間、私は他の女性とセックスを楽しんでいた。それがバレて奧さんと彼女の実家の怒りを買った。結局、私の謝罪も受け入れられず、生まれてくる子供の顔を見ることもなく離婚されたのだ。今でも、養育費は払い続けている。だが、娘と会うことは未だに許されていない。
浮気相手だった女性も「修羅場はごめん」とばかりに私の元から去っていった。家庭も愛人も失って私は10年以上、ずっと一人の生活を送っている。
さすがにそろそろ女遊びを再開してもいいのだろうが、養育費の支払いを終えるまでは自分を戒めているつもりだ。
そんな私の最近の楽しみはあるアイドルグループの推しである。たまたまネット動画で見てハマったのだが、僕の娘もこのくらいの年齢になっているんだなあと思うと、それから気になってずっと追いかけている。いい年こいたおっさんがアイドル達に娘の面影を見てライブ会場でサイリウムを振っているのだから我ながら恥ずかしいおっさんだな、と思う。ただ、娘のような彼女たちを追いかけていると性欲が消え失せていることに気が付いた。浄化されたと言うべきか。
そんなある時、あるバラエティー番組でMCのお笑い芸人から「好きなタイプ」を聞かれたメンバーの一人が「お金を恵んでくれる人」と答えて笑いを買っていた。だが、彼女は大まじめに「お金を恵んでくれる人がいたから私は生きてこれたし憧れのアイドルにもなれたんですよ」と答えていた。内容的にやばかったのか話はそこで打ち切られたが、何となく気になって彼女の情報を集めてみると、シングルマザーの環境であることが分かった。もしかしたら彼女にとっての「お金を恵んでくれる人」と言うのは、養育費をくれる人なのかもしれないな、と僕は思った。
僕が毎月払っている養育費で娘が立派に育ってくれていたら僕もお金を恵んだ甲斐があると言うものだ・・・と感慨に耽りながら、そのメンバーの名前を確かめると僕の娘と同じ名前だった。・・・今度、こっそり握手会に行こう。
デブの主婦
アラフォーのパパ活
コメント